【YELLOW FRIED CHICKENz】『WORLD
TOUR *SHOW UR SOUL. ・* ー世壊傷結
愛魂祭ー』2011年9月26日 at 新木場
STUDIO COAST

撮影:竹中桂樹/取材:道明利友

“お前ら暴れに来たんだろ!!!!”。轟音の中から響くGACKTの叫びに、ファンの熱気はライヴ序盤から最高潮だ。SHINYA(真矢/LUNA SEA)、JON (fade)、TAKUMI、U:ZO(ex RIZE)が新メンバーとして加わり、ツインヴォーカル&トリプルギターの強力編成となったYELLOW FRIED CHICKENzの最新サウンドには、活動スタート時に掲げていた“日本に漢(男らしい男)を増やしたい! 草食系男子を肉食系に変える!!”というテーマに相応しい逞しさが漲っていた。GACKTとJONの高らかなハーモニーがこだました「THE END OF THE DAY」で幕を開け、メンバー全員の気合いが巨大な塊と化し、爆音となって炸裂したかのようだったこの日のライヴ。さらに、「妄想ガール」でGACKTとJONは上半身を露わにして踊りまくり、GACKT名義の名曲「VANILLA」もこの日はYFCバージョンとして披露だ。ミラーボールが煌く中でGACKTはセクシーに腰をくゆらせ、ラウドなサウンドに遊び心も加えながら展開するステージからは彼らのエンターテインメント精神も見えてくる。そして、12月にシングルとしてのリリースが決定した「ALL MY LOVE」。雄大なメロディーがライヴ本編を感動的に締め括る。“どんなに寂しい時も、どんなに辛い時も、どんなに苦しい時も、ひとりじゃないからな…。お前らには俺たちがいるからな!”。アンコールでは、ファンとの絆を感じさせるGACKTのメッセージを大歓声が包み込む。YFCというバンドの尋常じゃない熱量、遊び心、そして男気が、圧巻の一体感を生んだ一夜だった。勢い余る公演は、11月の幕張メッセ2デイズだ。

セットリスト

  1. THE END OF THE DAY(.jp)
  2. NINE SPIRAL
  3. SPEED MASTER(.eu)
  4. Last Kiss(.jp)
  5. EPISODE.0
  6. MIND FOREST
  7. 妄想ガール(.jp)
  8. VANILLA
  9. EVER(.eu)
  10. JESUS(.eu)
  11. YOU ARE THE REASON(.eu)
  12. ALL MY LOVE(.jp)
  13. 又、ここで会いましょっ(.jp)
YELLOW FRIED CHICKENz プロフィール

イエローフライドチキンズ:“日本に漢(男らしい男)を増やしたい!  草食系男子を肉食系に変える!!”というテーマの下、2010年3月に結成し、6月にはライヴ活動をスタートさせた。その活動は国内にとどまらず、イギリス、フランス、スペイン、ドイツでもツアーを敢行。そして、11年6月9日に『禁級来日記者発表』にて、新メンバー加入を発表し、現在のツインヴォーカル&トリプルギターという編成となる。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着