【UNLIMITS】『夢幻の宴~ハルカカナ
タ 東京編~』2011年11月2日 at 渋谷
CLUB QUATTRO

撮影:藤井 拓/取材:ジャガー

ivory7 chord、LAST ALLIANCEを迎えてのツアー初日。トリを務めるUNLIMITSが登場し、眩い照明でステージが覆われた。その瞬間から放出される爆音、心臓を高鳴らすビート、人々がひしめき合う空間を彼らの色に染め上げるのに時間はいらなかった。周りがどんなに荒れ狂おうが凛とした歌声を聴かせる清水葉子、絶叫しながらメロディアスなギターを鳴らし煽りまくる大月義隆、リズミカルに主張をする石島直和のベースは安定感があり、清水の高音を引き立てる。そして、“ライヴハウスだけは解き放たれて良い場所”と語った郡島陽子のドラムには全身に響く重さが込められていた。さらには清水と郡島のハーモニーが心の奥深く眠らせていた感情を覚醒させ、胸を熱く締め付ける。こうやってUNLIMITSを形成するひとつひとつの要素が一体感を生み出すのだった。

セットリスト

  1. 偽りの世界
  2. ループ
  3. ハルカカナタ
  4. サテライト
  5. 暗闇ノイローゼ
  6. 孤独へのシグナル
  7. クローバー
  8. Sunday
  9. 夜風ドライブ
  10. カナシミノセカイ
  11. ハロー
  12. パズル
  13. フランジア
  14. 夜唄
UNLIMITS プロフィール

アンリミッツ:激しく、切なく、真っ直ぐに突き刺さるヴォーカルと哀愁漂うメロディーライン、そして清水葉子と郡島陽子のコーラスワークを武器とするライヴバンド。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着