【Hilcrhyme】『Zepp TOUR 2011 続-
朱ノ鷺-』2011年11月26日 at Zepp T
okyo

撮影:能美潤一郎/取材:ジャガー

 映画のようなセットリストを組んだと豪語した通り、細部にまでこだわり抜かれた構成に時間が経つのも忘れ観入っていた。まず、すし詰め状態のフロアが大きく揺れた「トラヴェルマシン」。コール&レスポンスもばっちりで、一気に会場のテンションが上がる。そこへひとりの男性の人生に見立て、モノローグを挟みながら歌われた「BOYHOOD」「雨天」「もうバイバイ」。主人公の置かれる立場や、その時々に感じた気持ちが3曲を通してリアルに伝わってきた。「押韻見聞録」ではバンドメンバーを招き入れ、その場で生まれるグルーブを楽しみながらプレイ。TOCが今年一年を象徴する曲として切々と歌い上げる「no one」。改めて絆の大切さを思い知らされた一年であり、同曲の素直な思いに共鳴したオーディエンスが次々に人差し指を上げた。

セットリスト

  1. 朱ノ鷺
  2. トラヴェルマシン
  3. RIDERS HIGH
  4. BOYHOOD
  5. 雨天
  6. もうバイバイ
  7. 息吹
  8. 押韻見聞録
  9. 臆病な狼
  10. LAMP LIGHT
  11. Little Samba~情熱の金曜日~
  12. East Area
  13. No.109
  14. Moon Rise
  15. ♪メリーゴーラン♪
  16. 友よ
  17. ルーズリーフ
  18. no one
  19. 春夏秋冬
  20. リサイタル~ヒルクライム交響楽団 作品第1番変ヒ短調~
  21. パーソナルCOLOR
  22. 大丈夫
  23. マイクリスマスキャロル
Hilcrhyme プロフィール

ヒルクライム:MCのTOCとDJ KATSUによるラップ・ユニット。2006年始動。09年7月15日にシングル「純也と真菜実」でメジャーデビュー。2ndシングル「春夏秋冬」が大ヒット、人気を不動のものとし、その年の各新人賞を総ナメ。そして、デビュー5周年となる14年には9月に初の日本武道館公演を大成功させた。ブレることなく、地元新潟に在住しながら音楽活動を続け、16年6月9日に結成10周年を迎え、17年3月には10周年記念特別公演『朱ノ鷺二〇一七』を成功させた。Hilcrhyme オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』