【wacci】『レコ発ツーマンライブ ”
君とシェア vol.2”』2011年12月7日
at Shibuya O-nest

撮影:マイクサカスミ/取材:ジャガー

ミニアルバム『泣き笑らいふ』の発売を記念して行なわれた、ズータンズとのツーマンライヴ。1曲目「泣いてばかり」から静かに温もりが伝わっていく感覚が心地良い。橋口洋平(Vo&Gu)が“僕ら今、ここから始めます!”と勢いを付けての「ここからはじめよう」。軽やかで安定感のあるバンドサウンドに支えられ、鮮明に響き渡る歌声。タイトルのまま、悩んでいることがちっぽけに感じるほどに前向きなナンバーに心が躍る。グルービーかつサビのコーラスワークに場内が大きく揺れた「笑顔への帰り道」など、ストレートなメッセージを楽器隊がドラマチックにかき鳴らすことで曲の旨味が何倍にも増幅されていく。みんなにとっても大切な曲になるようにと「君を見送る」をしっとりと歌い上げるのだが、アンコールでは渋めのギターがクセになる「サヨナラ」で大団円。やはり、wacciのライヴには笑顔が一番似合う!

セットリスト

  1. 泣いてばかり
  2. ここからはじめよう
  3. 桜の雨
  4. 君のものだった
  5. さかな
  6. 東京
  7. 笑顔への帰り道
  8. おつかれさん
  9. まっぴら!
  10. ありがとう
  11. 君を見送る
  12. ケラケラ
  13. サヨナラ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着