【ONE OK ROCK】『2011―2012 残響リ
ファレンス TOUR』2012年1月22日 at
横浜アリーナ

撮影:橋本塁/取材:高橋美穂

 昨年11月から始まったアルバム『残響リファレンス』のリリースツアー。Zeppを中心に全国のライヴハウスを回ってきたが、ファイナルは横浜アリーナ2デイズ。チケットはソールドアウトし、アリーナのスタンディングエリアからスタンド席まで埋め尽くされていた。メンバー4人が登場すると、男子の威勢のいい声も混じった大歓声が、会場を包み込む。そして、1曲目の「LOST AND FOUND」が始まると、スタンド席が揺れるくらいジャンプが巻き起こる。その後は、立ち上る炎や映像など演出もあったが、何よりも主役は、バンドとオーディエンスだった。ライヴハウスのような熱狂が隅々まで行き届いていたのだ。Toru(Gu)が“こんなデカいステージでできることが幸せ”と言えば、Taka(Vo)は“すでに感動でいっぱい”と客席を見つめる。このように、全員が通じ合っているように見える場面が、幾度もあった。また、ライヴの中盤にはストリングス隊が登場。「エトセトラ」「カラス」「Pierce」を、豊潤なアレンジで聴かせてくれた。さらに「Pierce」ではTakaがピアノも披露。ラウドミュージックに留まらぬ、繊細なスキルを持ち合わせていることを知らしめていた。終盤の「Let’s take it someday」では、オーディエンスをしゃがませ、カウントで全員でジャンプし、さらなる一体感を生み出していく。本編ラストの「Nobody’s Home」では、Takaが“愛してるぞ!”と感情たっぷりに叫んでいた。アンコールの最後に披露された予定外の「内秘心書」まで、その場の全員がひとつになって突っ走った…いや、もっと先の未来まで突っ走れる可能性も見せたライヴだった。

セットリスト

  1. LOST AND FOUND
  2. 皆無
  3. 未完成交響曲
  4. じぶんROCK
  5. Re:make
  6. 世間知らずの宇宙飛行士
  7. Mr.現代Speaker
  8. アンサイズニア
  9. カゲロウ
  10. Wherever you are
  11. エトセトラ
  12. カラス
  13. Pierce
  14. C.h.a.o.s.m.y.t.h.
  15. Liar
  16. Let's Take It Someday
  17. Rock,Scissors,Paper
  18. NO SCARED
  19. 恋ノアイボウ心ノクピド
  20. 完全感覚Dreamer
  21. Nobody's Home
  22. 努努-ゆめゆめ-
  23. キミシダイ列車
  24. 内秘心書
ONE OK ROCK プロフィール

ワンオクロック:2005年結成。エモ、ロックを軸にしたサウンドとアグレッシブなライヴパフォーマンスが若い世代に支持されてきた。07年のデビュー以降は全国ライヴハウスツアーや各地の夏フェスを中心にライヴを行ない、日本武道館、野外スタジアム公演、大規模な全国アリーナツアーなどを成功させる。16年9月には静岡県の渚園にて2日間にわたり11万人規模を動員する野外ライヴを開催。日本のみならず海外レーベルとの契約をし、アルバム発売を経てアメリカ、ヨーロッパ、アジアでのワールドツアーを成功させるなど世界基準のバンドになってきている。19年2月に待望のニューアルバム『Eye of the Storm』を全世界同時リリース。ONE OK ROCK オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着