【中村舞子】『Maiko's Valentine S
pecial Live 中村舞子 ~ “HEART”
Release Party~』2012年2月14日 a
t 渋谷CLUB QUATTRO

取材:石田博嗣

3rdアルバム『HEART』のリリースを記念した、約半年振りとなるワンマンライヴ。アッパーチューンでパンチのあるヴォーカルを聴かせ、バラードでは艶っぽくも澄んだ歌声を聴かせる圧巻のヴォーカリゼーションに、人を惹き付ける歌声というのはこのことを言うのだと実感した。しかも、「The Answer feat.CLIFF EDGE」では、その感情のこもった歌声が楽曲のドラマ性を高め、さらに「FOREVA/ISSA×SoulJa+中村舞子」においてはISSA×SoulJaに負けずとも劣らないパワフルなヴォイスでフロアを沸かせるなど、個性派ゲスト陣とコラボレーションすることでさまざまな表情を見せるのである。弱冠20歳にしてこの歌唱力と表現力、彼女のシンガーとしてのポテンシャルは“素晴らしい”のひと言に尽きる。まだまだ伸びしろを感じさせるだけに、今後への期待は大きい。

セットリスト

  1. リベルタ
  2. Girl who dreams sweet love
  3. GOSSIP HOLIC
  4. Color of Beauty
  5. Never Let Me Go
  6. 届きそうな距離で…。
  7. Call Me Woman
  8. キミのとなりで… feat. 中村舞子(Sunya)
  9. いつまでも… feat.中村舞子(Lisa Halim)
  10. ワカレヨ…別れるしかない。feat.中村舞子/Dear/TiA(K.J.)
  11. The Answer feat.CLIFF EDGE
  12. FOREVA/ISSA×SoulJa+中村舞子(SSA×SoulJa)
  13. Hands ~Our Love~
  14. 何度目の恋でも Calling 童子-T(中村舞子)
  15. Third / Love
  16. let go ~m-flo TRIBUTE~
中村舞子 プロフィール

ナカムラマイコ:東京都出身の女性シンガー。1991年6月15日生まれ。日本、フィリピン、スペインのクオーターであり、両親の影響により幼少時から洋楽に親しむ。高校1年生の時に応募した『NO DOUBT tracksオーディション』でグランプリを獲得し、主催者LGYankeesのアルバム『NO DOUBT!!!−NO LIMIT-』に「Because…fest.中村舞子」で参加。同曲の着うたダウンロード数は100万件を突破し、一躍注目を集める。2010年1月、1stアルバム『CURE』でCDデビュー。切なくもストレートな恋愛観と高い歌唱力、パワフルな歌声で話題を呼ぶ。2011年1月、2ndアルバム『Answer』でキングレコードよりメジャーデビューし、同年6月にはミニアルバム『Moment』リリース。翌年ポニーキャニオンに移籍し、アルバム『HEART』とミニアルバム『7→9』の2作を発表。ISSA×SoulJa、NERDHEAD、MAY’S、WISE、Lisa Halimなど、人気アーティストとのコラボレーションも数多く行っており、2013年3月にこれまでのフィーチャリングソングを収録したベストアルバム『INVITED ~Maiko Nakamura featuringBEST~』を発売した。オフィシャルHP
公式サイト(レーベル)
ブログ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着