【ν[NEU]】『SPRING ONEMAN TOUR
2012』2012年3月30日 at 赤坂BLITZ

撮影:菅沼 剛弘/取材:ジャガー

 1stアルバム『Restless』を中心に繰り広げられたツアーのファイナル。“極彩”という世界観に合わせ、「カレイドスコープ」では金テープが舞い、その中で艶やかにプレイするメンバーにただただ引き込まれていった。「Jumping Lady!」から「恋模様」への流れが秀逸で、徹底してこだわり抜くν[NEU]らしさを感じ、続く「Lily」では観客が手に持っていた白いユリを掲げ、フロアを真っ白に染め上げる。タクミの哀愁漂うギターソロからの「最愛と渇望の日々」では、楽器隊の熱の高まりに比例するようにみつの歌い方も感情的になっていく。その悲しみや怒りといった負の感情を取り繕うことなく放つ姿は、何よりも美しく感じられた。ドラムソロからギター、ベースと加わってのセッションは、バンドとしての成長振りが大きく表れており、今現在の最高形を印したライヴだったと言える。

セットリスト

  1. カレイドスコープ
  2. スプラッシュ!
  3. Jumping Lady!
  4. 恋模様
  5. Lily
  6. 最愛と渇望の日々
  7. Restless Love
  8. RED EMOTION~希望~
  9. YES≒NO
  10. LAB
  11. cube
  12. ピンクマーブル
  13. in my secret…
  14. LIMIT
  15. HOT LIMIT
  16. New World
  17. Hold My Hand
ν[NEU] プロフィール

ニュー:2009年9月、現メンバーで結成。バンド名の由来となっている“NEW MUSIC”の名の通り、デジタルサウンドを軸にロック、テクノ、ラップと多彩な音楽性をみせるライヴバンド。11年にシングル「RED RMOTION 〜希望〜」でメジャーデビューを果たした。ν[NEU] オフィシャルHP
ν[NEU] オフィシャルTwitter
Facebook
ν[NEU] オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着