【宮野真守】『MAMORU MIYANO SPECI
AL LIVE 2012 ~FIGHTING!~』2012
年5月6日 at パシフィコ横浜 国立大
ホール

撮影:山内洋枝/取材:ジャガー

陰と陽のふたりの宮野真守がバトルする映像からクールなダンスナンバー「EGOISTIC」で幕を開けた一夜限りの宴。痛快なロックチューン「オルフェ」で煽り、大人の色香でもてなす「Secret Line」や、楽器隊の紡ぐ切なげな音色に熱っぽい歌声を絡めた「Last Around」とさまざまな表情を見せていく。そして、バラエティーコーナーではキャラ設定から小道具までばっちり決め込んだ雅マモル(16)に扮し、ダンサーらとともに“MAMO☆RISH”なるグループで「マジLOVE1000%」を歌うと会場は大熱狂だ。続く「エベバデダッゴナカッピョヘーン」もテンションMAXで陽気に歌い踊り、「Kiss×Kiss」では宮野とダンサーがステージから飛び出し、1階席をぐるっと一周! 全てにおいてサービス精神旺盛で、人を楽しませようとする表現者・宮野真守が随所に感じられるライヴだった。

セットリスト

  1. EGOISTIC
  2. Burning Point
  3. DISCOTIQUE09 ―STYRMX―
  4. オルフェ
  5. Secret Line
  6. MOONLIGHT
  7. FANTASISTA
  8. 燦灯歌
  9. ヒカリ、ヒカル ―ballad―
  10. REFRAIN ―acoustic―
  11. Last Around
  12. マジLOVE1000%
  13. エベバデダッゴナカッピョヘーン
  14. Kiss×Kiss
  15. STAND UP SOUL
  16. innocence
  17. DREAM FIGHTER
  18. Beautiful Life
  19. SUPER★SOUL
  20. WONDER LOVE
  21. J☆S
宮野真守 プロフィール

ミヤノマモル:『DEATH NOTE』『機動戦士ガンダム00』『ポケットモンスター ベストウイッシュ』『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE』シリーズ『ちはやふる』などのアニメ作品に加えて、『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』などの吹き替えにも出演する人気声優。2008年よりアーティスト活動をスタート。声優、俳優の現場で培った豊かな表現力と類い稀な歌声、そしてダンスを駆使した高いライヴパフォーマンス力を武器に、独自のエンターテインメントを追求し続け、日本武道館やさいたまスーパーアリーナでの単独公演も成功させている。宮野真守 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着