【AI】『AI 「INDEPENDENT」 TOUR 2
012』2012年6月22日 at 日本武道館

撮影:岸田哲平/取材:ジャガー

 人とつながっていくために、まず自分をしっかりと持つことの大切さを改めて感じさせてくれるアルバム『INDEPENDENT』を携え、全国各地を巡ってきたツアーもここ日本武道館とL.A.公演を残すのみ。各地それぞれの熱意を浴び、さらにパワーアップして挑んだ本公演は最初から最後まで彼女の愛情に包まれていた。
 ミリタリーテイストの衣装を身にまとい、ポールを使ってステージ前方へと降りてきたAI。1曲目「INDEPENDENT WOMAN」をダンサーらとクールなダンスでキメると、「If」では“みなさん、今日は最後まで楽しませるから。着いて来て!”と宣言。コーラスと熱っぽいハーモニーを届けた「E.O.」で会場を大きく揺らし、ステージ上でもバンドメンバーが全員ノリノリでプレイしている。彼女の強い思いを共有したメンバーだからこそ、アットホームかつ刺激的な雰囲気になるのだろう。彼女が敬愛するMICHAEL JACKSONとWHITNEY HOUSTONの名曲たちをメドレーで披露した後、繊細な旋律が奏でられ「Letter In The Sky feat.The Jacksons」へ。静かな会場に響き渡るソウルフルな歌声は鳥肌モノで、客席からは大きな拍手が沸いた。“One Love”“One Smile”のコール&レスポンスでオーディエンスとの距離をぐっと縮めた「One Love」が終わると残り1曲とあって、楽しい時間を終わらせたくないという気持ちからなかなか切り出せないでいるAIだったが、最後は“みんながまじでハッピーになりますように”と心を込めて「ハピネス」を歌い上げる。自然と人を惹き付けるその人間性が何よりもAIというアーティストの魅力なのだと感じられた一夜だった。

セットリスト

  1. INDEPENDENT WOMAN
  2. DANCE TOGETHER
  3. If
  4. E.O.
  5. ユメノムコウ
  6. w/u
  7. FUTURISTIC LOVER
  8. Playboy
  9. Human Nature
  10. I’m Every Woman
  11. Billie Jean
  12. I Have Nothing
  13. I Just Can’t Stop Loving You
  14. Letter In The Sky feat. The Jacksons
  15. PIANO & STRINGS INTERLUDE~ウツクシキモノ
  16. For my Sister feat.Judith Hill(Japanese cover version)
  17. Story
  18. My Friend
  19. GUITER ITERLUDE~アンバランス
  20. YOU ARE MY STAR
  21. One Love
  22. ハピネス
  23. <ENCORE>
  24. Wavin’ Flag[Coca Cola Colebration Mix ―Version AI―]
  25. FAKE feat.Namie Amuro
  26. Still feat.AK-69
  27. I'll Remember You
  28. LIFE
  29. Beautiful Life
  30. I Wanna Know
AI プロフィール

00年にデビューを果たしたバイリンガルのソウル・シンガー、AI。彼女は何事に臆することもなく、ドッシリと腰をすえた、芯の通ったソウルフルな歌声を聴かせる“美しき才媛”である。さらに、ミッシー・エリオットにも通じるような粘着質の強いテクニカルなラップまでも披露するのだから、“比類なき才能の持ち主”とも言えるだろう。
AIはそのサウンド面において、R&B特有の美しいメロディにJポップのテイストを巧妙に盛り込ませ、ブラック・ミュージック・リスナー以外へのアピールも図っている。多様なヴァラエティを持つトラック群を余裕タップリに乗りこなせるのも、彼女の歌唱スキルの高さゆえだろう。もはや、彼女からはヴェテランの風格すら漂っているようにさえ思える。その詩才(リリカル・センス)もなかなかのものだ。
作品としても順風満帆にリリースを重ねているAI。リリースするごとに、その声はより厚みが増し、艶が増し、オーラが増し、それに呼応するかのように、セールスやファンが彼女に向ける熱意の値もどんどんと増してきている。AIはいったいどれだけ大きくなろうとしているのだろう? そのポテンシャルはあまりに深く、計り知れない。AI オフィシャルHP(アーティスト)
AI オフィシャルHP(レーベル)
Twitter
Twitter(サブ)
Facebook
YouTube
Instagram
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着