【miwa】『miwa concert tour 2012
guitarium』2012年6月23日 at TOKYO
DOME CITY HALL

撮影:佐藤 薫/取材:ジャガー

“東京帰ってきましたー!”とはつらつとした第一声に導かれ、「いくつになっても」で勢い良くタオルを回し、「FRiDAY-MA-MAGiC」ではサビのキュートなダンスを一緒になって歌い踊るオーディエンス。情感あふれるバンドサウンドと張りのある歌声とが見事に絡み合う「Jexxxa」、これまでの空気を一掃した深みのあるベースソロからのスリリングな「hys-」、ライヴでの成長が著しい「441」など熱量の高いナンバーを続けざまに投下し、最後は会場全体を大きく揺らした「春になったら」で締め…かと思いきや、Wアンコールへ突入し「リトルガール」を笑顔で歌い上げたmiwa。シェリル・クロウの来日ライヴを観た場所で、憧れも強かったという舞台でのライヴに喜びを噛み締めるも、ここはまだ自身の夢の通過点だとさらなる成長を誓った。

セットリスト

  1. いくつになっても
  2. Chasing hearts
  3. FRiDAY-MA-MAGiC
  4. take@chance
  5. メリーゴーランド
  6. コットンの季節
  7. ハツナツ
  8. クレアデルネ
  9. Jexxxa
  10. またね
  11. don't cry anymore
  12. 醒めない夢
  13. hys-
  14. 441
  15. ふたりのサタディ
  16. chAngE
  17. again×again
  18. 片想い
  19. 始まりは終わりじゃない
  20. 春になったら
  21. リトルガール
miwa プロフィール

1990年6月15日生まれ、東京都出身の女性シンガーソングライター。音楽好きな父親の影響でいつも音楽が身近にある環境で育ち、15歳から曲を書くようになる。2010年に1stシングル「don't cry anymore」でメジャーデビュー。同年4月にニッポン放送『miwaのオールナイトニッポンR』がスタートし、8月にカバー曲「僕が僕であるために」(原曲:尾崎豊)、「青空」(原曲:THE BLUE HEARTS)をデジタル・リリースした。11年1月、『第25回日本ゴールドディスク大賞』にてザ・ベスト5ニュー・アーティストを受賞。2月発表した5thシングル「春になったら」は、期間限定でJR東日本山手線原宿駅の発車メロディに起用された。同年4月にニッポン放送『miwaのオールナイトニッポン』が放送開始。同月に発売した1stアルバム『guitarissimo』はオリコン週間チャート1位にランクインした。12年3月に『COTTON USA』のイメージ・キャラクターに抜擢され、8月にシングル「ヒカリへ」をリリース。13年1月に発表した10thシングル「ホイッスル~君と過ごした日々~」は『第91回全国高等学校サッカー選手権大会』の応援歌に決定。3月に自身初となる武道館公演『miwa live at 武道館 ~卒業式~』を実施し、12月に『NHK紅白歌合戦』初出場を果たした。14年2月に13枚目となるシングル「Faith」を発表。3月に『miwa spring concert 2014 "渋谷物語~完~"』と題し、国立代々木競技場第一体育館にて2日間連続単独公演を実施した。miwa オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着