【奥 華子】『奥華子CONCERT TOUR '
12 弾き語り~5th Letter~』2012年
6月29日 at 渋谷公会堂

取材:石田博嗣

ツアータイトル通り、ピアノとキーボードで歌われる恋愛ソング。心に染み入る歌声で届けられる、切なく、痛く、甘酸っぱい物語は、聴く者の思い出の中のシーンを想起させたことだろう。誰もが楽曲に浸っている静粛が場内に広がっていた。また、オフィシャルサイトで同ツアーで歌ってほしいナンバーと、それにまつわるエピソードを募っていることもあって、本会場に足を運ぶという方からのリクエストに応え、「夕立」と「ta.la.la」も披露。エピソードも一緒に紹介されたことで、歌詞の言葉ひとつひとつが胸に響いたのは筆者だけではなかったはず。さらに、ホールという距離感を感じさせないアットホームな空気の中、“みんなといっぱい喋りたい!”と客席からの数々の質問に答えていた奥 華子。ステージ上は彼女ひとりだが、この場にいる全員で作り上げたコンサートだったと言える。秋にベストアルバム、年始にはZeppツアーの発表もあり、今後の動向にも注目したい。

セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公開を控えさせて頂きます。
奥華子 プロフィール

オクハナコ:シンガーソングライター。キーボード弾き語りによる路上ライブをはじめ1年間で2万枚のCDを手売りし驚異的な集客力が話題となり2005年メジャーデビュー。劇場版アニメーション『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」で注目を集める。聴く人の心にまっすぐ届く唯一無二の歌声は年齢問わず幅広く支持されている。また数々のCMソングや楽曲提供を手掛けるなど活躍の場を広げている。奥華子 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着