【赤い公園】『赤い公園リリース公演
ライブ 「ランドリーで漂白を」』20
12年7月21日 at 代官山UNIT

撮影:河本悠貴/取材:ジャガー

真っ白な衣装をふわりと揺らしながら、自由気ままに戯れる乙女たち。個性豊かな藤本ひかり(Ba)と歌川菜穂(Dr&Cho)のリズム隊を基軸に、津野米咲(Gu&Cho)が節々を縫っていくようなギターを響かせ、佐藤千明(Vo&Key)が声色を多彩に使い分けて歌い上げる。時に愛らしく、時に刺々しく…神秘的なハーモニーで瞬時に会場を制圧した「ランドリー」から、一曲一曲演奏している間にも彼女たちは表情を変え、その移り変わりに比例して楽曲も入り組んだ展開を見せる。また、新曲「のぞき穴」も披露。さまざまな音色を取り込むだけ取り込んで引っ掻き回すという、一見カオスな同曲も絶妙なバランスで聴き応えのあるナンバーへと昇華し、オーディエンスを踊らせた。全員コスプレで登場したアンコールでは、特別ゲストのチーナとセッションを行ない、最後まで遊び心満載のライヴだった。

セットリスト

  1. ランドリー
  2. ナンバーシックス
  3. 世紀末
  4. はてな
  5. 血の巡り
  6. TOKYO HARBOR
  7. くい
  8. 透明
  9. 副流煙
  10. のぞき穴
  11. よなよな
  12. タヒチの夕焼け
  13. ふやける
  14. 何を言う
  15. されど日常
赤い公園 プロフィール

アカイコウエン:2010年1月結成。高校の軽音楽部の先輩後輩として出会い、佐藤、藤本、歌川の3名によるコピーバンドにサポートギターとして津野が加入。そのまま現在に至る。12年2月にミニアルバム「透明なのか黒なのか」をEMIミュージック・ジャパンより発売。翌13年8月に1stフルアルバム『公園デビュー』を発表。ガールズバンドらしからぬ圧倒的な演奏力と存在感から、ブレイクが期待されるバンドとして高い評価を受けている。赤い公園 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着