【The ROOTLESS】『The ROOTLESS On
eman Live ―GUITANITY DANCE―』20
12年7月22日 at 渋谷WWW

撮影:Rie Suwaki(MAXPHOTO)/取材:ジャガー

チケット購入者限定で配信された2曲に加え、未発表曲6曲を織り交ぜ、現在のThe ROOTLESSのモードを体感できた本公演。野畑 慎(Vo)は“新曲をみんなと自分たちしかいない、この場所で初披露したかった”とワンマンライヴへの思いを述べた。ムーディーな雰囲気を醸し出しながら会場を揺らしたオープニングナンバーから思わず拳を突き上げたくなった熱量の高いロックチューン、口ずさむだけで楽しい気持ちになれる爽快なナンバーなど、未発表曲はどれもライヴの即戦力になるものばかり。楽器隊もエモーショナルなプレイで攻め立て、各プレイヤーのせめぎ合いが痛快だ。結成当初を振り返ってのアコースティックスタイルでは新曲2曲を丁寧に紡ぎ、優しく会場を包み込むと、最後は「さよならの前に」のコール&レスポンスで観客との絆を深めた。

セットリスト

  1. 新曲
  2. Who are you?
  3. 新曲
  4. 明日へ
  5. YUKI
  6. 新曲
  7. リアル
  8. 新曲
  9. 新曲
  10. 愛のカケラ
  11. 夢見ヶ丘
  12. エレファント
  13. Hunger
  14. D.N.A.
  15. 変わりたいと、強く望め。それ以外は、いらない。
  16. One day
  17. 新曲
  18. さよならの前に
THE ROOTLESS プロフィール

ルートレス:2009年、野畑を中心に結成。バンド名でもある“ROOTLESS(ルートレス)”とは和訳で“根なし草”の意味。これは、縛られることのない “無限の可能性”という意味が込められている。10年10月、シングル「One day」でメジャーデビュー。11年8月には2ndシングル「変わりたいと、強く望め。それ以外は、いらない。」をリリースした。オフィシャルHP
YouTube
野畑 慎 公式twitter
内藤デュラン晴久 公式twitter
大坪 祐介 公式twitter

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着