【シド】『TOUR 2012「M&W」preview
』2012年7月27日 at 東京国際フォー
ラム・ホールA

撮影:今元秀明/取材:道明利友

“ファイナルを華麗に締め括ろうと思ってますんで、ついて来てくださいね!”(マオ/Vo)。ニューアルバム『M&W』からの楽曲をお披露目する場となった、今回のツアー。その幕開けはまさにマオの言葉通り、ホーンセクションを加えたゴージャスな音色が華麗に舞った「ドレスコード」。そして、“preview”の名に相応しく『M&W』収録曲を皮切りに、新旧織り交ぜた色とりどりのナンバーが次々と展開されていく。ゆうや(Dr)がドラムセットに笑顔で立ち上がり手拍子を誘った「Dear Tokyo」などのアッパーチューン、かと思えば、ムーディーな音色からマオの独唱“愛してる…”と静かに幕を閉じるエンディングへの劇的な流れが印象的な「棘と猫」など、彼ららしいバリエーションに富んだ世界観がファンを魅了する。そして、会場中に爆音が響き渡った「S」などの新曲群で本編を締め括り、ファンの呼ぶ声に応えたアンコールでは“もう1曲やろうっと!”と、アドリブの1曲「Re:Dreamer」を披露してくれた。
 “この曲は僕たちにとって大事な大事な曲で、いろんなきっかけをくれた曲でもあります”。そうマオが語ったインディーズ時代の作品や、弦楽の音色に包まれながら4人の音と声を重ねたバラード「光」が聴き手の胸をとらえる。その姿は、“お客さんの心をノセるバンドでいたい”とアルバム取材時に語った彼ららしい、ファンへの真心が伝わってくる感動的な場面だった。9月から開幕するツアーでも、この感動がまた新たなかたちとなって届けられるに違いない。

セットリスト

  1. ドレスコード
  2. 誘感コレクション
  3. Dear Tokyo
  4. レイニーデイ
  5. 冬のベンチ
  6. モノクロのキス
  7. 刺と猫
  8. sleep
  9. 残り香
  10. アリバイ
  11. gossip!!
  12. smile
  13. one way
  14. S
  15. サーカス
  16. NO LDK
  17. 夏恋
  18. Sympathy
  19. 妄想日記
  20. Re:Dreamer
シド プロフィール

シド:2003年結成。08年、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」でメジャーデビュー。10年の東京ドーム公演では4万人を動員。結成10周年となった13年には初のベストアルバム『SID 10th Anniversary BEST』をリリースし、オリコンウィークリー1位を獲得。同年、横浜スタジアムで10周年記念ライヴを開催し、夏には初の野外ツアーで4都市5公演で5万人を動員し大成功を収める。16年1月、シングルベストアルバム 『SID ALL SINGLES BEST』を発表。18年はバンド結成15周年&メジャーデビュー10周年のアニバーサリーイヤーとして、計50本以上にも及ぶ全国ライヴハウス公演やアジアツアーを実施し、19年3月にグランドファイナルとして横浜アリーナ公演を大成功に終えた。20年3月にシングル「delete」を発表。11月より3作品連続配信を経て12月23日にシングル「ほうき星」をリリースする。21年には自身初の配信ライヴと河口湖ステラシアターでのライヴも控えている。シド オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着