映画『ダンケルク』C・ノーラン監督
が実話に初挑戦 - ワン・ダイレクシ
ョンのハリーも出演

クリストファー・ノーラン監督の最新作、映画『ダンケルク』が2017年9月9日(土)に公開される。
映画のタイトルにもなっているダンケルクとは、ドイツ軍に侵攻されたフランス北部の都市のこと。
1940年、イギリス軍とフランス軍の兵士、約40万人は危機的状況にあった。背後はドイツ陸軍、前方の海からはUボート、空にも戦闘機。80万人という圧倒的な数のドイツ敵軍が完全に包囲し、”全滅”が迫る望みの無い状態だった。こんな絶対絶命の状況下、イギリスからはあらゆる手段を動員して兵士を救おうとする“史上最大の作戦”が動き出す。軍の船のみならず、漁船やヨットなどを含む民間船までもが動き出す。700隻の船乗りたちがそれぞれの想いのもとダンケルクへ向かった。
映画『ダンケルク』では、兵士たちをこの都市から救出した実話である「ダンケルクの戦い」の模様が描かれる。相手を打ち負かす「戦い」ではなく、生き残りをかけた「撤退」の物語となっている。従来の戦争映画とは異なるもの。
絶体絶命の窮地の中いかに撤退するか?走るか、潜むか。前か、後ろか。秒単位で状況が変わる緊張感。追いつめられ、葛藤し、生き抜いていこうとする。そして神経を研ぎ澄まされる状況の中、若き兵士トミー(フィオン・ホワイトヘッド)は、生き抜くことが出来るのか?
監督は『ダークナイト』3部作や『インセプション』、『インターステラー』などで、斬新なアイデアと他の追随を許さないビジュアルセンス、そして徹底したリアリティへのこだわりを見せてきたクリストファー・ノーラン。
今回の撮影は、IMAX65ミリとラージ・フォーマット65ミリ・フィルムと呼ばれる手法を組み合わせて、陸海空3つの視点で五感をゆさぶる“究極の映像体験"ができるそう。イギリスでは“ダンケルク・スピリッツ"という、国民が一丸となるといった言葉があるそうだ。今までとは異なる形で多くの観客を感動に誘うことになるだろう。
彼にとって初の実話映画となる『ダンケルク』についてインタビュー。
ダンケルクの戦いと撤退はのどこに魅かれて映画化に至ったのでしょうか。
多くのイギリス人と同じように、私もこの物語を聞いて育ちました。イギリス人は、この出来事を神話やおとぎ話のように捉えている。骨まで染み込んでいるんです。私は深く知れば知るほど、シンプルな神話という以上に、リアルな人々の物語に感動を覚えました。
映画の制作以前に実際にダンケルクに船で行ったそうですね。
20年くらい前の話です。妻エマと私は、友人の小船でダンケルクへと渡りました。撤退作戦と似た状況で、海峡はとても荒れていました。本当に大変な体験で、危険を感じました。
もちろん頭上から爆弾も降ってこない、戦時下でさえも無い。救出をしようと海峡を横断した人々への敬意と憧れがその時生まれ、ダンケルクで実際に起こったことに、より深い興味を覚えました。以降、それが心の中に留まり、この物語を映画化したいという想いが強くなりました。この素晴らしい物語について、今を生きる観客のための映画を作ろうと思いました。しかし、リアルに描ける手法を手にするまで待つことを考えたのです。あまりにも壮大な物語ですから。
壮大な物語ですね。観客自身が戦闘機や船上にいるかのように描いていました。壮大さと同時に臨場感についてお聞かせください。
空と海と大地が混ざり合い、壮大な歴史と何十万もの人々がかかわる物語。『ダンケルク』は臨場感ある壮大な映画です。しかし、私にとっては主観的な映画。これが、アプローチのキーとなりました。私が描きたかったのは、従来の映画製作の枠に収まらない、兵士たちと一緒に観客をダンケルクへ連れていくこと。あの強烈さ、あの恐怖、あの緊張感を体験してもらうことでした。
主観的であり、緊張感を描くと。
『ダンケルク』はサバイバルストーリーです。時間との戦いが、サスペンスをもたらし、主観的でかつ現在進行形の映画を描きたかったのです。ストーリーは、陸と海と空という3つの異なる視点に別れて同時に進行していく。ダンケルクの壮大な出来事を観客に分かりやすく語りたいと考えた結果でした。そこから脱することなく、主観的な語り口も維持する。観客には常に緊迫感あふれるサスペンスの中にいてほしい。部屋で地図を相手に問答する将軍たちに画面を切り替えたくはない。いまその場で起こっている状況の中で描きたかったのです。同じ出来事の異なる側面を交互に見せながら、異なる視点間を行き交う。この手法なら、観客も、より広い視野を持てます。たとえそれが、主観的な語り口であったとしても。
IMAXフィルムを使うことで、映像がより素晴らしものになったと聞きました。何がよいのでしょうか?
IMAX フィルムは最高解像度のフォーマット。映像フォーマットの中で最高水準の色彩です。それは、IMAX スクリーンで観るとより鮮明に分かります。透明度と緊迫感のある映像で、その場にいるように感じられるでしょう。巨大スクリーンと澄み切った映像と大音響、このフォーマットはそれを提供します 。観客が夢中になれる体験を用意するために大きな助けとなってくれました。
無名の俳優も多く起用しました。実力派のベテランから将来性ある若手俳優まで幅が広いです。
キャスティングは重要な要素。30歳の俳優が18歳を演じるような、従来のハリウッド式のキャスティングは避けました。実際の戦地には、若い青年が送り込まれまれていて、18~19歳の青年が中心です。その年齢を配役したかった。浜辺にいる青年たちに共感するはずですし、きっと観客は差し迫る恐怖を感じる。そこで、重要になるのはオーディションをどう組むかということ。演劇学校にも行き、エージェントも何もついていない才能ある若手俳優を来る日も来る日も、オーディションしました。誰がその役に合うのか見ながら役を交換し、色々な組み合わせを試しました。昔ながらのキャスティングだったし、私も初めて経験したことで、素晴らしい発見をしたと思います。
主人公のフィオン・ホワイトヘッドは無名の俳優からの抜擢です。
フィオン・ホワイトヘッドは主人公を演じていますが、驚くべき才能の新人。そのほか、トム・グリン=カーニーもバリー・コーガンも―並外れた才能だの持ち主です。そこに、物語を支えるベテランを組み合わせました。当代最高の俳優の1人であるマーク・ライランスが船に乗り、並外れた才能の持ち主ケネス・ブラナーがダンケルク撤退を指揮する。
実力派では、トム・ハーディも、キリアン・マーフィーもいます。以前仕事をした俳優、したかった俳優たちが集まってくれました。そして映画初出演の若手俳優たちを本当に支えてくれました。
陸海空3つの視点に加え、異なる3つの時間を組み合わせています。1時間に起こること、1日に起こること、そして1週間に起こること。行き来しながら時間を操る。それは、難しかったに違いありません。
主観性を保ち、より広い視点を与えてくれる構造を模索しました。陸から事象を捉えたい。海からも、空からも浜辺からも、民間船からも。長い時間がかかります。戦闘機スピットファイアの操縦席に乗り、空中戦を繰り広げます。彼らは1時間ダンケルクの上空で戦いました。だから、それぞれの時系列になるタイムスケジュールを配せば、全体像を描けると考えました。
1時間の熾烈な空中戦が映画全体に広がる。パイロットにとって勇ましい1時間。浜辺にいる兵士たちは対照的に、緊張と恐怖と退屈の中にいる。彼らは身動きが取れず、この先何が起こるのか分からない。この状況がリアルな恐怖を生み出すのです。1週間、1日、1時間、異なる時間で展開します。そしてすべてが切り替わり、ある時点で交差していくのです。
飛行機に乗った経験はいかがでしたか?
戦闘機で飛んだのは人生最高の経験。とても素晴らしかったですよ。
トミー:主人公。見る者の案内人とも呼べる兵士で彼の視点を中心に描かれる。新人フィオン・ホワイトヘッドが大抜擢された。1年半前までは皿洗いをしながらオーディションに通う青年だったそう。
ファリア:イギリスの秘密兵器スピットファイアを駆るパイロット。救出作戦を空らか守る。演じるのは『マッドマックス 怒りのデス・ロード』、『レヴェナント 蘇りし者』などで迫真の演技を魅せたトム・ハーディ。『インセプション』『ダークナイト ライジング』と。ノーランとは3度目のタッグ。
ボルトン中佐:英海軍司令官で、若き兵士40万の状況に危機感を募らせる軍人。防波堤からの安全な撤退を指揮する。演じるのはケネス・ブラナー。『シンデレラ』『オリエント急行殺人事件』など監督、俳優ともに目覚ましい活躍ぶり。
ドーソン:自分には果たすべき使命があると、武器を持たずにドーバー海峡を渡りダンケルクへと船で向かう。演じるのはマーク・ライランス。
謎の英国兵士:、ドーバー海峡に漂流する謎のイギリス人兵士。精神に影響を及ぼすほどの恐怖体験から生き延び、民間の船のひとつ、ムーンストーン号に助けられる。そんな状況ながら、「いや、この船はあそこ(ダンケルク)に戻るとこだ」と言われてしまう。戦争に直面し、パニック状態に。無数の兵士たちの体験を象徴するかのうような人物。演じるのは、実力派俳優キリアン・マーフィー。
そのほか、、自らオーディションに参加し、映画初出演となるワン・ダイレクションのハリー・スタイルズにも注目したい。
陸・海・空それぞれのシーンにフォーカスした映像は、絶体絶命の地ダンケルクで、生き抜くことを決意したそれぞれ3人の登場人物の姿をとらえている。
陸では、敵軍に包囲され見えない敵に追いつめられる兵士たち。フィオン・ワイトヘッドが演じるトミーが、民家の壁をよじ登って身を隠す。しかし敵の弾丸が容赦なく襲いかかり、ライフルに銃弾を装着しようとするのだが、その先に待っているのは…。空では、ダンケルクに向かう二機のスピットファイアに焦点を当てた。「敵が後ろに」と交信するパイロットにはトム・ハーディ。刹那、敵機からの襲撃によって火花が散る。「墜落する」と言葉を残して一機の戦闘機が海面に吸い込まれていく…。
海では、帰国線に乗り込んだ若き兵士たちがつかの間の休息にホッとした矢先、船腹が敵の襲撃に晒される。海に投げ出された兵士を演じてるのは、俳優デビューを果たしたハリー・スタイルズだ。
『ダンケルク』の評価は一般及び批評家ともに高い。試写を見た人がブログで絶賛していたり、批評家サイト"Rotten Tomatoes"では『ダークナイト』と同じ数字94%を叩き出している。アカデミー賞有力作品として報じるメディアも出始めている。
作中、英国空軍のパイロット役を演じるトム・ハーディがオメガ(OMEGA)の腕時計「CK2129」を着用。第二次世界大戦初期に最も多く着用された英国空軍向けのウォッチだ。ストーリーの中では、爆撃機の燃料の残量をチェックする際に時刻を確認する場面で登場する。独自の回転ベゼルによって特定間隔での時間の計測ができたため、パイロットやナビゲーターの業務に非常に役立っていた。
また、第二次世界大戦中から戦後にかけて、「CK2129」の他、磁気への耐性を強化した「UK/CK2292」や防水性に優れた「CK2444」なども開発された。これら戦争前後に生み出された時計の開発過程で強化された専門知識と技術力が、オメガのアイコニックなコレクション「シーマスター」誕生への土台となっている。
1939年に開始された第二次世界大戦で、ドイツ軍はポーランドへ侵攻・勝利し、5月にはその勢力を北フランスにまで広げていた。敵対する英仏連合軍に対し、ドイツ軍は戦車・航空機など新兵器を駆使した電撃戦を展開、その火力・機動力を集中して運用する新スタイルの戦法で連合軍を圧倒、彼らをダンケルクに追い詰めた。
危機感を募らせたイギリス首相ウィンストン・チャーチルはダンケルクに取り残された兵士40万の救出を命じ、1940年5月26日、英国内から軍艦だけでなく民間の漁船やヨットを含む、あらゆる船舶を総動員するダイナモ作戦を発動。奇跡の展開を迎えることになる、不可能と思われた作戦の行く末とは。これは人的資源の保全と、未来を担う数多くの若者を帰還させた意味で、世界の歴史を変えた作戦と言われている。
『ダンケルク』
公開日:2017年9月9日(土)
監督・脚本・制作:クリストファー・ノーラン
出演:フィン・ホワイトヘッド、トム・ハーディ、マーク・ライアンス、ケネス・ブラナー、キリアン・マーフィー、ハリー・スタイルズ
原題:『Dunkirk』
(c)2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着