【プチプラチーク】発色、質感、最も
コスパが良いのはどれ? 美容家が5種
を比較検証!

高級コスメ顔負けの実力があるとして人気がある「コスパコスメ(プチプラコスメ)」。今回は、コスパコスメのチークたちには、どのくらいの実力が備わっているものなのか……、発色や質感を時短美容家の筆者が検証しました!

ここ数年、プチプラ“コスパコスメ”の当たり年が続いています。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
最近では、プチプラで高級コスメ顔負けの実力を持つアイテムも多いので、新製品が出るたびにチェックを欠かさない女子も多いのでは?
コスパコスメの中でも、発色や質感がメイクの仕上がりを左右するアイテムと言えば、チーク。
コスパコスメのチークたちには、どのくらいの実力が備わっているものなのか……、発色や質感を時短美容家の筆者が検証しました!
今回検証に使用させていただいたコスメは画像左上から時計回りに、次のアイテムたちです。
検証に使ったコスパチークは5種類今年のチーク使いのトレンド色でもある“レッド寄りのオレンジ”を基準に選ばれています。
そして、どれも「発色の良さ」をウリにしているコスメたちを集めてみました。
(1)カネボウ ケイト デュアルブレンドチークス RD-1
(2)キャンメイク クリームチーク15 アンティークミルクローズ 2.2g
(3)インテグレート メルティーモードチーク OR381 2.7g
(4)セザンヌ ナチュラル チークN 01
(5)ヴィセ リシェ リップ&チーク クリーム (OR-3 ブライトオレンジ)
さて、ではそれぞれのチークの特徴は……!?
1.発色の良さをチェック5つのチークを並べ、それぞれ白い紙に「3回ずつ」塗ってみました。
通常メークをするときにも、3回ほどにわけて顔に使うパターンが一般的なため、1度塗りではなく同じように3回ずつ塗ってみました。
さて、比べてみると『ケイト デュアルブレンドチークス』と『セザンヌ ナチュラルチークN』は、パッと見で薄づきなのが目でわかります。
この2つはパウダータイプなので、ブラシにつけて3回塗っていますが、ほんのりとしたピンク色が紙に残る程度。
薄づきだけれど、色味はハッキリ出ているのでほんのり色味を加えたい人には使いやすいチークです。
ちなみに、最も濃い発色が出ていたのは『ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム』でした。
見たままの色が、そのまま出ていますよね。
質感やモチもチェック!
2.質感をチェック次に、質感を見ていきましょう。
指に取ると水分や油分を感じ、みずみずしさが印象的なのは『ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム』と『キャンメイク クリームチーク』。
同じクリームタイプでも『インテグレート メルティーモードチーク』はやや硬めのテクスチャです。
上気したような雰囲気にメークしたいときには、みずみずしいチークを重宝する一方、馴染ませたいときには硬めのテクスチャが便利です。
パウダータイプの『ケイト デュアルブレンドチークス』と『セザンヌ ナチュラルチークN』は、前者はやや粉っぽさがあり後者は薄いパール感があるので肌馴染みしやすい特徴がありました。
3.モチをチェック最後は発色のモチをチェック。それぞれのチークを、3回ずつ指の腹でムリやり擦りました。
果たして結果は……?
もっとも色が消えなかったのは『ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム』。反対に、1番色が消えてしまったのは『ケイト デュアルブレンドチークス』でした。
今回は紙の上で実験をしていますので、実際にメークした状態の上に乗せればファンデーションやルースパウダーとの相性もありますが、今回の条件での結果としては、クリームタイプのコスメたちがダントツでモチが良い!という実態が浮き彫りとなりました。
コスパが良いプチプラチークは……?今回の実験で検証した3つの視点からもっとも「コスパが良い!」という結論に至ったのは『ヴィセ リシェ リップ&チーククリーム』。
実験では3回塗りましたが、1回分でもよく伸び、柔らかくみずみずしいテクスチャが印象的。さらに、こすっても落ちにくいところから「コスパ良し!」に認定です。
とは言っても、今回使用したどのチークもそれぞれに良さがあり、目指すメークの方向性によって使い分けたい優秀コスメばかりでしたよ。
今回は、使いやすいローズ寄りのオレンジ系チークをレポートしました。
薄づきを狙いたい日にはパウダータイプ、しっかり血色のようにチークでインパクトを出したいならクリームタイプと使い分けていくと、メークのバリエーションも増えます。
よろしければ、お買い物の参考になさってください。

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着