ミッキー・ローク&キム・ベイシンガー80年代のヒット作『ナインハーフ』が初Blu-ray化(c)1986 JONESFILM Listen Japan

ミッキー・ローク&キム・ベイシンガー80年代のヒット作『ナインハーフ』が初Blu-ray化(c)1986 JONESFILM Listen Japan

ミッキー・ロークのエロティック・ラ
ブ・ストーリー『ナインハーフ』が初
Blu-ray化 サントラと日本語吹き替
え版も凄い

あの『氷の微笑』や『危険な情事』の遥かに上をゆく、80年代後半に一世を風靡したエロティック映画の金字塔『ナインハーフ』が、11月7日、初のBlu-ray化&再DVD化される。

“待望の”Blu-ray化/DVD化、とはよく使われる表現だが、この『ナインハーフ』こそがまさに30代後半の男子にとっては“待望の”そして“垂涎の” Blu-ray化/DVD化に違いない。『ナインハーフ』は、1986年に製作・公開された大ヒット映画。説明不要かもしれないが、ミッキー・ロークとキム・ベイシンガーが一躍スターダムを駆け上がるきっかけとなった作品で、『フラッシュダンス』でスーパーヒットを放ったエイドリアン・ライン監督の描く、情熱的かつ過激な、エロティック・ラブ・ストーリー。ここ日本でも大ヒットとなった。
主人公の女性(キム・ベイシンガー)がふとしたことで出会ったある一人の男(ミッキー・ローク)から、様々なエロティックな行為を受けることによって、彼女の内側に潜む潜在的な欲求(主に性的な…)を開花させていくまでを、文字通り9週間半(原題でもある「9 1/2 Weeks」)に渡って追ってゆく。
この映画の象徴ともいえる有名な場面となった、目隠しをして彼女の体に氷を這わせる愛撫(通称・目隠し&氷責め)、冷蔵庫の中にある食品を用いたプレイ(通称・食べ物責め)、四つんばいにさせて彼のもとまで歩かせる(通称・牝犬プレイ)、娼婦を交えてのプレイ等(通称・娼婦3P)、豪雨の中のプレイ(通称・豪雨プレイ)などなど、芸術的なまでに官能的な性行為が話題となり、また流行ともなった。
エイドリアン・ライン監督独特の、天然光やスモークを効果的に採り入れた陰影豊かな映像が美しく、映画をスタイリッシュな傑作に仕立て上げているが、それだけではなく、充実の音楽(下記参照)も作品世界に大いに彩りを与えているのだ。

♪ジョン・テイラー『I Do What I Do...』
♪ブライアン・フェリー『Slave To Love』
♪コリー・ハート『Eurasian Eyes』
♪ジョー・コッカー『You Can Leave Your Hat On』
♪ディーヴォ『Bread And Butter』
♪ユーリズミックス『This City Never Sleeps』
♪スチュワート・コープランド 『Cannes』

さらに、音楽ファンにとっては、ザ・ローリング・ストーンズのロン・ウッドが俳優として出演していることも見逃せない。
また、特典としてTV放送版日本語吹替音声(※1988年1月18日テレビ朝日系列にて放送/声の出演…安原義人、小山茉美ほか)も特別収録。洋画劇場のメル・ギブソンとミッキー・ロークといえばこの人、安原義人、さらにシャロン・ストーン、ダイアン・レイン、メグ・ライアンなどの役でも知られる、小山茉美の吹き替えが特典で蘇る。

そんなエロス縁画の金字塔『ナインハーフ』の、最新HDマスターを使用した初Blu-ray化・再DVD化は、全成人男子必携、今年指折りの“待望”のリリースと言えるだろう。

『ナインハーフ』
2013年11月7日 発売
Blu-ray 品番:KIXF-107/価格:\4,800(税抜)
DVD 品番:KIBF-1095/価格:\3,800(税抜)
発売・販売:キングレコード
(c)1986 JONESFILM
ミッキー・ローク&キム・ベイシンガー80年代のヒット作『ナインハーフ』が初Blu-ray化(c)1986 JONESFILM Listen Japan

アーティスト

タグ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着