ぬいぐるみバッジ(サム, 1700円) ©Disney

ぬいぐるみバッジ(サム, 1700円) ©Disney

新方向なグッズ展開の先駆けに? TDL
「アドベンチャーランド」関連グッズ
が高める2つの期待

東京ディズニーランドでは、2017年7月3日からアドベンチャーランドをテーマにした個性的な新グッズが多数販売されています。 注目グッズと近年のパークを移り変わりを取り上げながら、アドベンチャーランド、そしてパーク全体のグッズ展開に向けられる2つの「期待」をお話しします。

2017年7月3日、東京ディズニーランドのショップ「アドベンチャーランド・バザール」に、「革命的」と言っても過言でない、魅力的な新商品が多数登場しました。
この記事の完全版を見る【動画・画像付き】
アドベンチャーランドをテーマに据えた、ジャングル探検を盛り上げるグッズです。
探検服を着たミッキーのぬいぐるみのほか、『ライオン・キング』などディズニー映画のキャラが描かれたタオル、園内のアトラクションがモチーフになった個性的なチャームセットなど、バリエーションに富んだ商品展開になっています。
この幅広いラインナップを眺めながら、近年の東京ディズニーリゾートの移り変わりに思いを馳せると、ある2つの期待が湧いてきます。
今回はパークファンの私が感じた「数々のリニューアルを経て到達した、新しいアドベンチャーランドへの期待」、そして「アトラクション関連商品への期待」についてお話しします。
1.過去と現在が融合した、新しいアドベンチャーランドらしさへの期待まず取り上げたいのは、今回の新商品には、数々のリニューアルを経験して獲得された、過去と現在の「アドベンチャーランドらしさ」が込められている点です。
リニューアルにより、商品展開の方向性が変化したショップの過去
ここ数年、アドベンチャーランドではアトラクションやショップ、レストランといった各施設でリニューアルが行われ、多数の変化がありました。
特筆すべきは、2015年に行われたショップの刷新です。
現在、ゲームが楽しめる「ジャングルカーニバル」や、ディズニーグッズが購入できる「アドベンチャーランド・バザール」がある場所には、かつて東南アジアや南米、アフリカ、太平洋の島々などの「民芸品」を扱ったお店が並んでいました。
棚には彫刻・アクセサリーなどの工芸品や、魔よけのお守り、本物の化石まで、「なぜ東京ディズニーランドにこんな品物が!?」と思わせる商品がずらり。
まるで本当にジャングルや島々を冒険して、ふらりとお店に立ち寄るような感覚を味わわせてくれるエリアだったんです。
雰囲気が変わったのは、2015年のこと。
リニューアル後からはディズニーのテーマパークらしい明るく賑やかなお店になり、参加型のゲームのほか、各シーズンのイベントにあわせた、園内共通のディズニーグッズが多く扱われるショップに生まれ変わったのでした。
そんなアドベンチャーランドに、いわゆる「エスニック感」や「ジャングルらしさ」をよみがえらせてくれたのが、今回の新商品です。
リニューアル前後の思想を併せ持つ商品
新要素でありながら、エリアの世界観が存分に発揮されたグッズが登場
新商品の中でも特に個性的と話題になったのが、「ジャングルクルーズ:ワイルドライフ・エクスペディション」に登場するセールスマン「サム」のぬいぐるみバッジと、彼が同アトラクション内で売っているお守りがデザインされた「ジャングルクルーズ・チャームセット」です。
ミッキーやシーズンイベントの要素がなく、一般的に想像する「ディズニーグッズ」とはかけ離れたデザインですよね。
自然と共に暮らす人間や動物たち、民俗的な信仰心に焦点をあてた、かつてのアドベンチャーランドの世界観を彷彿とさせる商品なんです。
さらに面白いのが、チャームセットとして売り出されたサムの「お守り」に関するエピソードです。
セールスマンのサムはパーク開園当初から「ジャングルクルーズ」に登場して親しまれてきましたが、何度か転職をしており、お守りを売るようになったのは2013年に行われたアトラクションのリニューアル後から。
サムがお守り屋さんになったのは、東京ディズニーランドの歴史から見ると比較的最近の出来事なのです。
つまり、サムの「お守り」のチャームセットは、新要素でありながら、かつてのアドベンチャーランドらしい世界観も踏襲した、過去と未来をつなぐ商品だと言えます。
近年メインで販売されているミッキーやディズニー映画のキャラクターグッズと、歴史の中で育んだエリアらしさあふれる個性的なグッズ。
この2つが同じ棚に並ぶ「アドベンチャーランド・バザール」の光景には、リニューアルが続いたアドベンチャーランドの新しい姿を垣間見る上で大いに期待ができそうです。
シンドバッド商品化への期待
2.アトラクションに登場する"人間キャラ"商品化への期待もうひとつ今回のグッズ展開から期待が高まるのは、アトラクションに登場するパークオリジナルのキャラクターの商品化です。
東京ディズニーリゾートのアトラクションには、ディズニー映画には登場せずとも、各施設の物語の進行に欠かせない、愛すべきキャラクターがたくさんいます。
例えば、「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ“アロハ・エ・コモ・マイ!”」に登場する4羽の鳥たちは、今回登場したアドベンチャーランドのフェイスタオルなどに描かれています。
他にも、東京ディズニーシーの「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」に登場するチャンドゥや、東京ディズニーランドの「カントリーベア・シアター」に登場するヘンリーたちなど、かわいい動物のキャラクターは、過去にもグッズやメニューとして販売されてきました。
ところが、パークオリジナルの"人間"キャラクターについては、少し状況が異なります。
各アトラクションを連想させる衣装を着たミッキーたちが商品化されることはあれど、人間キャラ自体が売り出される機会は多くありませんでした。
そんな中、今回現れたのが、先ほどもご紹介したサム単体のぬいぐるみバッジ。
サムの人気によっては、パークオリジナルの他の人間キャラクターも、今後グッズやメニューとしてお目にかかれる日が来るかもしれません。
東京ディズニーシーの「タワー・オブ・テラー」に登場するハリソン・ハイタワー三世や、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ」のシンドバッドは、人気アトラクションであることに加え、過去に関連グッズが発売されている実績があります。
ぜひ彼らを筆頭に、アトラクションを盛り上げる人間キャラ"ご本人"のグッズ化も期待したい所です。
今回は、アドベンチャーランドの新グッズから湧き上がる、2つの期待をお話ししました。
今後もよりバリエーション豊かで、パークの深みが感じられる商品が出てくるといいですね。
※デザインおよび価格等は、予告なく変更になる場合があります。また、品切れの際はご了承ください。

ウレぴあ総研

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着