イベントのトリを務めたSEAMO

イベントのトリを務めたSEAMO
三重県桑名市長島町のテーマパーク、ナガシマスパーランドで開催され、遊園地・温泉・花火などのアミューズメントを取り込んだ音楽フェスとして話題を集めていた『TOKAI SUMMIT'08』。
7月26日(土)に開催された今回は“初のHIPHOP野外フェス”としてスタートした昨年よりよりも更にアトラクションの充実を図り、開催2回目にして“日本で最もアミューズメントが充実している音楽フェス”として認識されるまでになったのではないだろうか。
開催当日は1万3千人を動員し(チケットは発売即日ソールドアウト)、センターステージではET KING、九州男、MEGARYUが熱いパフォーマンスを展開、BENNIE Kが「サンライズ」「SPEAK NO EVILE」といった大ヒット・チューンを爽快に届けて、指を突き上げた空にはひこうき雲が、というグッとくる偶然が起きるシーンも。前半のラスト演奏したHOME MADE 家族は、新曲「NO RAIN NO RAINBOW」もこのフェスでいち早く披露した。

そして、後半戦はSOUL'd OUT、nobodyknows+らが大ヒット・チューンを連発。観客たちの一体感と熱気が一気に高まったところで、イベントのトリSEAMOが登場。最初はストロング・スタイルなラップで観客の視線を集め、「Honey Honey」「心の声」など、出演者との豪華競演のフィーチャリング作を続々披露。ラストは「ルパン・ザ・ファイヤー」で大盛況のうちに終了した。アンコールでは、カルテット、手裏剣ジェットを呼んでの「GoldenTime」。最後に「本当に楽しかったです。みなさん、1つだけ約束してください。来年もやりましょうね」と語り、この日のことを噛み締めるように「マタアイマショウ」を熱唱し『TOKAI SUMMIT'08』の幕がおろされた。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着