7月31日@フリーライブ「TOKYO SUMMERDELICS」

7月31日@フリーライブ「TOKYO SUMMERDELICS」

GLAY、お台場でのフリーライブに約1
万人が集結

GLAYが7月31日、14thアルバム発売記念フリーライブ『TOKYO SUMMERDELICS』が青海南臨時駐車場 J区画にて開催された。GLAYが都内でフリーライブを行うのは今回が初の試み。

ニューアルバム『SUMMERDELICS』のリリース直前から公式HPで謎のカウントダウンが行なわれ、当日の午前10時に数字が0となった瞬間フリーライブ開催の情報が解禁された。そんな突然の発表にもかかわらず、会場には約1万人が集結した。

予定時刻になると会場にSEが鳴り、メンバーが順にステージへ。ニューアルバム収録の「the other end of the globe」からスタートすると真夏の野外ステージを楽曲が持つ壮大なサウンドで包み込んでいった。会場のボルテージが高まる中、立て続けにニューアルバム収録の「Scoop」を披露。JIRO作曲のパンクナンバーが会場を刺激し、真夏の客席はさらに“熱く"なった。

7月31日は18年前にGLAYが20万人を動員した『GLAY EXPO'99 SURVIVAL』を行なった日でもある。TERUは「幕張のライブを行った18年後、またこうやって野外ライブが出来て幸せです」と語り、『GLAY EXPO'99 SURVIVAL』の時も演奏した往年の名曲「HOWEVER」を披露。その後も新旧織り交ぜたナンバーを投下し、ライブの最後はニューアルバム収録から「XYZ」。疾走感に溢れたロックナンバーが真夏の青空に響いた!

演奏終了後も真夏の野外会場の熱はおさまらず、鳴り止まないアンコールの声援が広がった。声援に応え、メンバーが再びステージに登場すると会場からは割れんばかりの歓声が沸きおこった。JIROは「こうやって野外でやると幕張のライブを思い出す」と語り、アンコールでは名曲「生きてく強さ」を披露。サビは会場全体で合唱となり、真夏のフリーライブ「TOKYO SUMMERDLICS」は幕を閉じた。

9月からは23公演、23万人動員のアリーナツアーを行うGLAY。今回のライブでもTERUは「アリーナツアーは様々な準備を進めているから、楽しみにしていて欲しい!」と語り、真夏のフリーライブは幕を下ろした。

【SETLIST】
M1.the other end of the globe
M2.Scoop
M3.HOWEVER
M4.彼女の"Modern…"
M5.微熱(A)girlサマー
M6.XYZ
EN1.生きてく強さ
7月31日@フリーライブ「TOKYO SUMMERDELICS」
7月31日@フリーライブ「TOKYO SUMMERDELICS」
7月31日@フリーライブ「TOKYO SUMMERDELICS」
アルバム『SUMMERDELICS』2017年7月12日発売
    • 【CD only盤】
    • PCCN-00028/¥3,000+税
    • 【CD+2DVD盤】
    • PCCN-00027/¥5,000+税
    • 【5CD+3Blu-ray+グッズ 盤 (G-DIRECT限定Special Edition)】
    • LSGC-0002/¥22,963+税
    • 豪華BOX仕様
    • ※GLAY Official Store G-DIRECT(
    • https://gdirect.jp/store/
    • )での販売となります
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.シン・ゾンビ
    • 2.微熱Ⓐgirlサマー
    • 3.XYZ
    • 4.超音速デスティニー
    • 5.ロングラン
    • 6.the other end of the globe
    • 7.デストピア
    • 8.HEROES
    • 9.SUMMERDELICS
    • 10.空が青空であるために
    • 11.Scoop
    • 12.聖者のいない町
    • 13.Supernova Express 2017
    • 14.lifetime
    • ■DVD
    • Single Track Only Live @函館アリーナ(ライヴ全曲収録)

【ライブ情報】

『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS"』
9月23日(土・祝) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
9月24日(日) 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
9月30日(土) 大阪城ホール
10月01日(日) 大阪城ホール
10月07日(土) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
10月08日(日) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
10月21日(土) 広島グリーンアリーナ
10月22日(日) 広島グリーンアリーナ
10月25日(水) 東京日本武道館
10月27日(金) 東京日本武道館
10月28日(土) 東京日本武道館
11月03日(金・祝) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11月04日(土) 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
11月11日(土) 神奈川月横浜アリーナ
11月12日(日) 神奈川月横浜アリーナ
11月15日(水) 大阪城ホール
11月16日(木) 大阪城ホール
11月25日(土) マリンメッセ福岡
11月26日(日) マリンメッセ福岡
12月09日(土) さいたまスーパーアリーナ
12月10日(日) さいたまスーパーアリーナ
12月16日(土) 愛知日本ガイシホール
12月17日(日) 愛知日本ガイシホール
<2018年>
3月 台湾・台北アリーナ
※詳細は後日発表いたします。

■特設サイト
http://glay.jp/summerdelics
※公演詳細&チケット発売情報は特設サイトで随時更新。

『GLAY TAKURO Solo Project 2nd Tour“Journey without a map 2017"』
11月21日(火) 大阪・Zepp Namba 
11月30日(木) 新潟・新潟LOTS  
12月11日(月) 東京・Zepp Tokyo
12月18日(月) 愛知・Zepp Nagoya  
12月21日(木) 北海道・函館・金森ホール
12月27日(水) 神奈川・Motion Blue yokohama 
<1st Stage> 開場16:00/開演17:15
<2nd Stage> 開場19:00/開演20:15
12月28日(木) 神奈川・Motion Blue yokohama
<1st Stage> 開場15:00/開演16:15
<2nd Stage> 開場18:00/開演19:15

■詳細
http://www.glay.co.jp/live/#takuro2nd

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着