「ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.1『ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~』」
(c)Sexy Intelletual ※仮イメージ

「ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.1『ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~』」
(c)Sexy Intelletual ※仮イメージ

さまざまな時代からボブ・ディランを
検証する
必見のアイテムが3カ月連続でリリー

2016年ノーベル文学賞受賞に伴って一躍時の人となり、そのブームも再燃した音楽界のレジェンド、ボブ・ディラン。そんな彼のドキュメンタリーシリーズ4作品と、マニア必見な苦悩の1980年代の秘蔵インタビュー映像集という、全5作の映像商品が11月2日より3カ月連続でリリースされることが決定した。

まずは、ドキュメンタリー作品第1弾として、6月3日より新宿バルト9ほかで劇場公開された『ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~』が、Blu-rayとDVDの2形態で11月2日に発売される。本作は、デビュー作から第5作『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』、そして「ライク・ア・ローリング・ストーン」まで、時代と共に変貌していくディランの原点であるフォークシンガー時代の5年間の名曲とアルバムに秘められたエピソードを追った作品だ。

12月6日には、ドキュメンタリー作品第2弾『ボブ・ディラン&ザ・バンド/ダウン・イン・ザ・フラッド ~1965-1975 地下室とビッグ・ピンクの時代~』、ドキュメンタリー作品第3弾『ボブ・ディラン/ボス・エンズ・オブ・ザ・レインボー ~1978-1989 信仰と混迷の時代~』の2タイトル。そして、2018年1月10日には、ドキュメンタリー作品第4弾『ボブ・ディラン/ネヴァー・エンディング・ストーリー ~1990-2006~』と、インタビュー・取材を拒否し続けてきたディランの貴重な記者会見・インタビューを多数収録した『ボブ・ディラン/ザ・インタビューズ』が、それぞれDVDでリリースされる。ドキュメンタリー作品ではすべての登場曲に日本語対訳が付いており、さまざまな時代からディランを検証する、まさに必見のドキュメンタリーとなっている。

「ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.1『ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~』」
(c)Sexy Intelletual
Blu-ray & DVD『ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.1「ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~」』2017年11月2日発売
    • 【Blu-ray】
    • 品番未定/¥4,800+税
    • 【DVD】
    • PCBE-12157/¥3,800+税
    • 収録時間:本編124分+特典映像
    • 映像特典:エリック・アンダースン インタビュー
    •  
    • <内容>
    • 第1弾は、デビュー作から第5作「ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム」そして「ライク・ア・ローリング・ストーン」まで、時代と共に変貌していくディランの原点=フォーク・シンガー時代5年間の名曲とアルバムに秘められたエピソードを時系列に追っていく至福の2時間。
    • <キャスト>
    • エリック・アンダースン、マリア・マルダー、トム・パクストン、ピーター・スタンプフェル、マーティン・カーシー、ロバート・クリストゴー、アンソニー・デカーティス、パトリック・ハンフリーズ、ナイジェル・ウィリアムソン、デレク・バーガー、ハロルド・レーベンソール、イジー・ヤング、ジョン・コーエン
    • <スタッフ>
    • 製作・監督:ロブ・ジョンストーン
    • 編集:トム・オーディル
    •  
    •  
    • 「ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.1『ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~』」 (C)Sexy Intelletual ※仮イメージ
DVD『ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.2「ボブ・ディラン&ザ・バンド/ダウン・イン・ザ・フラッド ~1965-1975 地下室とビッグ・ピンクの時代~」』2017年12月6日発売
    • PCBE-12231/¥3,800+税
    • 収録時間:本編114分+特典映像13分
    • 映像特典:ミッキー・ジョーンズが語る1966年ツアー(13分)
    •  
    • <内容>
    • ボブ・ディランと、彼のバック・バンドから世界を代表するスーパー・グループとなり、現在も絶大な人気を誇るザ・バンド。彼らの1960~70年代の代表曲&秘蔵映像の数々を紹介しながら豪華出演者たちと共に検証する、迫真のドキュメンタリー・シリーズ第2弾。
    • <キャスト>
    • ボブ・ディラン、ガース・ハドソン、ジョン・サイモン、ロニー・ホーキンス、ミッキー・ジョーンズ、チャーリー・マッコイ
    • <スタッフ>
    • 製作:ロブ・ジョンストーン
    • 監督:エリオ・エスパーナ
DVD『ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.3「ボブ・ディラン/ボス・エンズ・オブ・ザ・レインボー ~1978-1989 信仰と混迷の時代~」』2017年12月6日発売
    • PCBE-12232/¥3,800+税
    • 収録時間:本編132分+特典映像
    • 映像特典:ボブ・ディラン インタビュー(1979年12月7日 KMGXラジオ出演時)
    •  
    • <内容>
    • ゴスペル三部作「スロー・トレイン・カミング」「セイヴド」「ショット・オブ・ラヴ」から「オー・マーシー」まで、これまで語られることの少なかったディラン苦悩の時代を数多くの貴重映像・音源と共に関係者が鋭く斬る、シリーズ第3弾!
    • <キャスト>
    • ボブ・ディラン、ロビー・シェイクスピア、スライ・ダンバー、マルコム・バーン
    • <スタッフ>
    • 製作・監督:ロブ・ジョンストーン
DVD『ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.4「ボブ・ディラン/ネヴァー・エンディング・ストーリー ~1990-2006~」』2018年1月10日発売
    • PCBE-12233/¥3,800+税
    • 収録時間:本編105分
    •  
    • <内容>
    • 「アンダー・ザ・レッド・スカイ」からグラミー賞最優秀アルバム賞となった「タイム・アウト・オブ・マインド」、そして各賞を独占した「モダン・タイムズ」までの全アルバム&主要曲レヴュー/各授賞式ライヴ映像と共にディラン復活劇を再検証する、シリーズ第4弾。
    • <キャスト>
    • ボブ・ディラン、マルコム・バーン、マーク・ハワード、ナイジェル・ウィリアムソン、パトリック・ハンフリーズ
    • <スタッフ>
    • 製作・監督:ロブ・ジョンストーン
DVD『ボブ・ディラン/ザ・インタビューズ』2018年1月10日発売
    • PCBE-12234/¥2,800+税
    • 収録時間:本編100分
    •  
    • <内容>
    • ノーベル文学賞受賞後、その一挙手一投足が連日報道されながらも沈黙を守り続けていた孤高の吟遊詩人=ボブ・ディラン。インタビュー・取材を拒否し続けてきたディランの貴重な記者会見・インタビューを多数収録した、マニア驚愕の作品。幻の出演映画「ハーツ・オブ・ファイヤー」(1987年)の記者会見やグラミー賞授賞式のスピーチ(1991年)、TV番組出演時の貴重な映像が満載。
    • ※本作品にはボブ・ディランの楽曲は収録されておりません。
「ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.1『ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~』」 (C)Sexy Intelletual ※仮イメージ
「ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.1『ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~』」 (C)Sexy Intelletual ※仮スチール
「ボブ・ディラン・ドキュメンタリー・シリーズ VOL.1『ボブ・ディラン/我が道は変る ~1961-1965 フォークの時代~』」 (C)Sexy Intelletual ※仮スチール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』