【サイダーガール】
『ぼくらのサイダーウォーズ2』
2017年7月26日 at 下北沢Club251

 青春真っ只中というよりもむしろ、いつか終わってしまう青春を惜しむ気持ちを、青く切ないメロディーに乗せたギターロックが歓迎され、人気上昇中の3人組、サイダーガールがメジャーデビューを記念してワンマン公演を開催した。彼らが会場に選んだのは3年前の同じ日、初ライヴを行なった下北沢Club251。チケットは発売日に即完。改めてバンドの勢いを印象付けた。
 Yurin(Vo&Gu)が歌う切ないメロディー。そこにもうひとつのメロディーを重ねる知(Gu)のリードギター。そして、演奏をリードするうねるようなフジムラ(Ba)のベース…サイダーガールの魅力が凝縮された「群青」でライヴはスタート。そこから1時間半、アンコールを含め、バンドは全13曲を、熱演に手拍子で応えるファンと分かち合った。特別な日にしたいと考えた彼らはこの日、普段はあまりやらない曲を多めに選曲。中でもジャジーな魅力もあるアコースティックタッチで披露したアンコールの「寝ぐせ」は、本編最後に演奏したメジャーデビューシングル「エバーグリーン」とともに、この日のハイライトだったと言える。

 また、ラストスパートをかける直前には、初ライヴのダイジェスト映像を上映するというサプライズも飛び出した。その日から3年、こうしてメジャーデビューを迎えられたのは、“みんなのおかげです”(Yurin)と感謝を述べながら、“でも、通過点にすぎない。いい曲を作っていこうという気持ちは変わらないけど、もっとたくさんの人に聴いてほしい。大きなところに行こうと思っています。付いてきてもらえますか?”(Yurin)とファンの立ち合いのもと、メジャーデビューに相応しい新たな決意を語ったのだった。

撮影:結城さやか/取材:山口智男


セットリスト

  1. 1. 群青
  2. 2. オーバードライブ
  3. 3. 光って
  4. 4. 茜色
  5. 5. アジサイ
  6. 6. 橙の行方
  7. 7. 空にこぼれる
  8. 8. アイヴィー
  9. 9. くじらの街
  10. 10. ドラマチック
  11. 11. エバーグリーン
  12. <ENCORE>
  13. 1. 寝癖
  14. 2. NO.2
サイダーガール プロフィール

シュワシュワとはじける炭酸の泡は爽快感、その泡はあっと言う間に消えてなくなってしまう儚さ。そしてどんな色にも自在に変化していく。そんな“炭酸系サウンド”を目指し、2014年5月、動画サイトを中心に活動していたYurin(Vo&Gu)、VOCALOIDを使用して音楽活動していた知(Gu)、フジムラ(Ba)で結成。インターネットを含むメディアでは一切顔を出さず、ライヴ会場でのみ本人たちの姿を目撃できるということと、“炭酸系”サウンドが相まって話題となり、17年7月にシングル「エバーグリーン」でメジャーデビュー。同年10月には初のフルアルバムとなる『SODA POP FANCLUB 1』をリリースした。そして、12月1日に4枚目となるフルアルバム『SODA POP FANCLUB 4』をリリースする。22年1月からは、アルバムを引っ提げた全国11都市を巡るツアーを敢行する。サイダーガール オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着