L→R RYU-TA(Gu&Cho)、KOUHEI(Dr&Cho)、GEN(Vo&Ba)、HIROKAZ(Gu)

L→R RYU-TA(Gu&Cho)、KOUHEI(Dr&Cho)、GEN(Vo&Ba)、HIROKAZ(Gu)

【04 Limited Sazabys】
もともと持っていた武器を研いで使っ
てる感覚

全力を出しても勝てない先輩がいるから
こそ
悔しい気持ちを持てる

続く「happiness」はメニコン『1DAY Menicon PremiO』CMソングですね。

GEN
CM用に歌詞を書いたけど、若干内容は変えました。
KOUHEI
Aメロしかなかったので、それに肉付けしていきました。

これもストレートな曲調で、歌詞のリフレインも従来のフォーリミらしいアプローチと言えますよね。

GEN
CMの話をもらった時には映像が完成してたんです。CMの主人公の有村架純さんが寝坊するストーリーなんですけど、そんな日もスマートにいけます!みたいな内容だったので、とりあえず有村さんと同棲してるイメージから始めました(笑)。寝起きだったり、いろんな部分も見えるわけで、それが幸せなんだけど、本人には言えないイメージですね。
KOUHEI
有村架純ちゃんには言ってよ!(笑)
GEN
ははは。僕、猫を飼っていて。可愛いんですけど、むかつくところもあるんですよ。でも、大好きだし(笑)。そういった想いは、なかなか伝えられないんだよって。

それで《素直じゃない》と歌詞で連呼してるのですね(笑)。

GEN
はい。曲はやったことがありそうな4つ打ちですね。
KOUHEI
ドラムはちょっとダサさも入れてみました。
GEN
今までやったことがあることを、より良い音と良いノリで録りました。あと、今回は初めてベーシックを全員で録ったので、バンド感のあるノリも出てると思います。
KOUHEI
“せーの、ドン!”のグルーブは一番出せたと思う。

3曲目の「capture」はその真骨頂みたいな生々しさで。ここまで激しさゴリ押しの曲調も珍しいですよね?

GEN
わざと分かりやすく録った感じですね、前後のスタジオの雰囲気を含めて。ずっと2ビート押しの曲はなかったし。
KOUHEI
フェスに出るとやれる曲も限られてくるから、1~2分でサクッとやれる曲が欲しかったんです。
GEN
短い曲なんですけど、僕らの持ち味を発揮できる曲にしようと思いました。韻の踏み方、歌詞のフレーズも昔っぽいところがあるから。

今作は3曲通して“終わりの始まり”を歌った歌詞が多いなと感じたのですが。

GEN
確かに。いつも終わりの始まりを歌ってる気もするし、今いる場所から離れる別れの匂いはしますね。

フォーリミが決別したかったものとは?

GEN
甘えかな。
KOUHEI
間違ってないと思う。
GEN
僕は誰に対してもそうなんですけど、いいと思ってないものにはいいと言いたくなくて。友達の作品やライヴに関しても正直に感想を言うし…それは自分が正直に言われたいからなんですけど。ここまできたからこそ、馴れ合いではやりたくないんですよね。

自分や全ての物事に対して、より誠実に向き合おうと。そして、Hi-STANDARDが10月に発表する18年振りのアルバム『THE GIFT』に伴うツアーにフォーリミも呼ばれていて、しかも、地元名古屋の日本ガイシホールで対バンですよね?

GEN
去年末に一度ハイスタとは対バンしたので、すでに夢は叶ってるんですけど、またあの気持ちになれるんだな…と。しかも、僕、その日が誕生日なんですよ。

えっ、本当ですか!

GEN
最高のギフトですよ。前回はハイスタと対バンできるだけで嬉しかったけど、今回は地元だし、僕らのお客さんもいると思うんですよ。前回は“夢が叶った少年たち”という感じだったけど、今回は対バンで呼ばれたので、先輩を倒す気持ちで臨みます。前よりも闘えるようになってるという自信もあるし。
KOUHEI
うん。常にその気持ちはありますね。俺らが全力を出しても勝てない先輩がいるからこそ、悔しい気持ちを持てるので。

「Squall」の内容ともつながりますね。

GEN
そういうことです。地元だし、ハイスタと対バンする僕らのライヴを観たいと思う人も多いだろうし。『YON FES』を始めたきっかけもそうだけど、ハイスタは一番憧れてるバンドですから。“フォーリミ、良かったじゃん!”って、ハイスタのファンにも思わせたいですね。

取材:荒金良介

シングル「Squall」2017年8月30日発売 日本コロムビア
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • COZA-1371~2 ¥1,600(税抜)
    • 【通常盤】
    • COCA-17323 ¥1,000(税抜)

『Squall tour』

11/16(木) 神奈川・CLUB CITTA'
11/23(木) 広島・BLUE LIVE
11/24(金) 福岡・DRUM LOGOS
11/26(日) 香川・高松festhalle
11/30(木) 長野・松本キッセイ文化ホール 中ホール
12/07(木) 新潟・LOTS
12/09(土) 宮城・仙台PIT
[ 2018年 ]
 1/06(土) 北海道・Zepp Sapporo
 1/13(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
 1/14(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
 1/18(木) 東京・Zepp Tokyo
 1/19(金) 東京・Zepp Tokyo
 1/25(木) 愛知・Zepp Nagoya
 1/26(金) 愛知・Zepp Nagoya

04 Limited Sazabys プロフィール

フォーリミテッドサザビーズ:2008年に名古屋にて結成。15年4月に1stフルアルバム『CAVU』で日本コロムビアよりメジャーデビュー。17年2月11日には初の日本武道館ワンマンライヴを即日完売と大成功を収めた。バンド結成10周年を迎える18年、4月7日&8日には地元・名古屋にて3回目となる自身主催の野外イベント『YON FES 2018』、4月から5月にかけてはバンド初の東名阪アリーナツアーを開催した。04 Limited Sazabys オフィシャルHP

L→R RYU-TA(Gu&Cho)、KOUHEI(Dr&Cho)、GEN(Vo&Ba)、HIROKAZ(Gu)
L→R RYU-TA(Gu&Cho)、KOUHEI(Dr&Cho)、GEN(Vo&Ba)、HIROKAZ(Gu)
『YON FES 2017』 2017年4月1日&2日@モリコロパーク(愛・地球博記念公園) 撮影:ヤオタケシ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着