『六本木アートナイト 2017』プログ
ラム内容が解禁 蜷川実花の鮮やかな
作品が非日常へと誘う

六本木の街を舞台にした一夜限りのアートの饗宴『六本木アートナイト 2017』が2017年9月30日(土)〜10月1日(日)の2日間開催される。
今回のテーマは「未来ノマツリ」。メインプログラム・アーティストに写真家・映画監督として幅広く活躍する蜷川実花を迎え、この瞬間にしか見ることのできない美しく妖艶な世界を展開する。また、今回初の試みとなる「東南アジア・プロジェクト」では、 東南アジアのアーティストが“祭”をテーマに地域のコミュニティメンバーと協働した作品を発表する。
この度、『六本木アートナイト 2017』のプログラム内容が公開された。
蜷川実花は《Tokyo Followers 1(仮)》と題した作品を発表する。これは六本木ヒルズアリーナ、東京ミッドタウン、国立新美術館をつなぐインスタレーション作品だ。極彩色に彩られた東洋と西洋の様々なモチーフが混ざり合う万華鏡のような蜷川実花の世界観を3会場で展開。こちらは六本木ヒルズアリーナでは2日間繰り広げられる様々なイベントの舞台となる。
蜷川実花《Tokyo Followers 1(仮)》 六本⽊木ヒルズ アリーナイメージ
東南アジア・プロジェクトでは、ナウィン・ラワンチャイクン、ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ、国立奥多摩美術館らを招聘。様々な人々と協働しながら作品を制作・発表するプロジェクトとなる。
ナウィン・ラワンチャイクン(Navin Rawanchaikul) OK Tower, 2016 Installation view at Nishiura village, Megijima, Japan Photo by Navin Production
ネオ・アンゴノ・アーティスト・コレクティブ (Neo Angono Artistsʼ’ Collective) Angono Higantes,Big and Small photo credit : photo walk Philippines/whatsnewph.com
国⽴奥多摩美術館(Kokuritsu Okutama Museum) 24時間⼈間時計のためのドローイング
また、『六本木アートナイト』の魅力は、街なかのお店やストリート、公園などにアート作品が点在していることだ。今年も「街なかインスタレーション」「街なかパフォーマンス」といったカテゴリで、街なかにアートが溢れ出していくこととなる。
「街なかインスタレーション」では、蜷川実花、安藤北斗・林登志也 / we+(ウィ―プラス)、ゾロ・フィーグル、山本洋子(バルーンランド)、リム・ソクチャンリナ、ナット・スワディー他、石井七歩、CALAR.ink、ryo kishi、江頭誠、鄭弘敬らがラインナップ。「街なかパフォーマンス」としては、蜷川実花に加え、atnr / koeosaeme、康本雅子✕ASA-CHANG&巡礼、ジンタらムータ、On7(オンナナ)、スイッチ総研、FUKAIPRODUCE羽衣、黒田育世、北村明子・兼古昭彦、roppongi+81、山本裕らが名を連ねる。
これらに加え、アーティストや参加者がひとつになって楽しむ交流型プログラム「街なかミーティング」や、六本木周辺の美術館による各館プログラムなどが予定されている。それぞれの詳細については、六本木アートナイト公式サイト内のプレスリリースを確認してほしい。
イベント情報
六本木アートナイト 2017
会期:2017年9月30日(土)10時~10月1日(日) 18時
<コアタイム>9月30日(土)17:27【日没】~10月1日(日)【日の出】05:36
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯です。
場所:六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
入場料:無料(但し、一部のプログラム及び美術館企画は有料)
■一般の問い合わせ先
ハローダイヤル:03-5777-8600

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着