ホフディラン、『多摩川レコード』完
全再現ライブにファン大集合

デビュー21年目に突入し、10月18日(水)に古巣のポニーキャニオンからメジャー復帰アルバム『帰ってきたホフディラン』を発売するホフディラン。去る9月2日、彼らが1996年にリリースしたデビューアルバム『多摩川レコード』を完全再現するスペシャルライブを渋谷クラブクアトロで開催した。オフィシャルからのレポートをお届けする。
メンバーの小宮山雄飛、ワタナベイビー自らによる、ユーモアたっぷりの開演アナウンスが流れると、さっそく沸き立つ観客。そして数分後、2人はサポートメンバー5人と共にステージへ。ライブでのレギュラーバンドメンバー(ベース・キタダマキ、ドラム・タナカゲンショウ、ギター・堀内順也、コーラス・真城めぐみ)だけでは表現できないアルバムのアレンジを再現するため、この日だけのスペシャルメンバーとしてサポートキーボードにヒロヒロヤを迎えた。
「ホフディランのテーマ」からスタートしたこの日のライブ、セットリストはアルバムと同じ曲順で、MCは一切なし、キーもテンポもアルバムのまま、という完全再現。第1部では、デビューシングルで代表曲の一つでもある「スマイル」など、収録曲全15曲を演奏した。MCのおもしろさに定評があるホフディランだけに、メンバーは観客の反応に多少の不安を覚えていたようだが、それは杞憂であった。
曲間にMCはなくとも、観客の精一杯の拍手と、歓声、そして次曲への期待で輝く目で溢れる。ワタナベイビーの愛らしい世界観が発揮される「マフラーをよろしく」、「マフラーありがとう」、「フランクフルトの日が暮れちゃう」では、バンドメンバーが手拍子やダンスで笑顔を誘う場面もあり、パフォーマンスだけで観客を魅了するためのホフディランのサービス精神を感じさせる。「ゆで卵」、「昼・夜」、「MILK」など、小宮山の美しいメロディとのびやかな歌声で“聴かせる”曲は、このアルバムの21年分のセンチメントを盛り上げる。どの曲も口を動かして歌詞をなぞる観客が多く見られ、そらで歌えるほどこのアルバムをよく聴き込んでいることがうかがえた。
そして、アルバム収録曲15曲の後は、「よくこんなに遊ばせてもらったと思います」と小宮山が振り返る、アルバムの豪華ゴーストトラックを披露。「あたしのタイガース」、「僕らのタイガース」、「サッポロちゃん」、「ホフディランのテーマ・リプライズ」に加え、生演奏では難易度の高い全曲メドレーまで完全再現し、観客を沸かせた。
「『多摩川レコード』は不思議なアルバムで、今なら入れるような音が入っていなかったり、ヘンな掛け声やゴリラの鳴き声が入っていたり。本当はゴリラも連れてこようと思ったんですけど(笑)」と小宮山が後のMCで言っているように、掛け声はこのアルバムのユーモアやハッピー感を演出する重要な要素でもある。普段のライブでも観客は掛け声を上手く再現しているが、この日はコーラス・真城めぐみ氏のリードで、いつも以上にパーフェクト。抜群に息の合ったメンバーと観客とのコラボレーションによって、一曲一曲が完成形になった。
続く第2部からMC解禁。おなじみ、ワタナベイビーの「こんばんは! ホフディランです!」がようやくここで。小宮山の「どうだった?」の声に、笑いと大きな拍手が響く。ここからは『多摩川レコード』収録曲以外の名曲を演奏。この第2部のセットリストには、デビュー当時のホフディラン担当スタッフで、今はポニーキャニオンの代表取締役社長として活躍する吉村隆氏が関わっているという。「単に代表曲だけではなく、きちんと選んでくださったのがわかったので、愛されているなぁと(小宮山)」、「当時のツアーライブを観てくださっていた人ならではの選曲でした(ワタナベイビー)」という吉村氏のセットリストからは、「キミのカオ」、「欲望」、「遠距離恋愛は続く」の3曲が採用。その他、配信限定シングル「愛し合って世界は回る」など、全6曲を披露した。
この日のもう一つの注目点は、メンバーらの衣装。小宮山からの「アルバムが発売された1996年に着ていた服で」との注文に、ワタナベイビーはバゲットハットにツアーTシャツを、小宮山は『多摩川レコード』のジャケットで着用したボタンダウンシャツやSTARBUCKSのプリントが入ったTシャツを着用。ビジュアルまでもがタイムスリップしたかのような2人の装いに、登場した瞬間に観客からどよめきが起こったことも、長年ホフディランを見続けているファンが集結した証でもあった。
この日は、5年ぶりのニューアルバム発売以外にも、ニューアルバムを引っ提げて行う東名阪のライブツアーや、過去5枚のアルバムの再発も発表され、ホフディランまわりがまたさらに賑やかになってきた。1996年のデビューから大きく進化しながらも、まるでデビューし直すかのような2人のフレッシュなマインドが音楽に込められ、これまでのファンだけでなく、新しい世代にも広く届くことを予感させるライブとなった。
セットリスト<『多摩川レコード』再現ライブ>


2017年9月2日 渋谷クラブクアトロ
1. ホフディランのテーマ

2. ゆで卵

3. スマイル

4. ミスタ-No.1

5. 呼吸をしよう

6. 昼・夜

7. マフラーをよろしく

8. MILK

9. ハゲてるぜ

10. スロウイン ファストアウト

11. マフラーありがとう

12. フランクフルトの日が暮れちゃう

13. 車は進んで僕を見る!

14. 恋の年賀ハガキ

15. サガラミドリさん

(サッポロちゃん/タイガース/全体メドレー/ホフディランのテーマ・リプライズ)
【第二部アンコール部分】

1.キミのカオ

2.恋はいつも幻のように

3.欲望

4.遠距離恋愛は続く

5.愛しあって世界は回る

6.また逢う日まで

リリース情報


9th オリジナル・アルバム『帰ってきたホフディラン』

2017年10月18日(水)発売

品番PCCA.4585/本体価格¥2,800+税/1枚組

全14曲収録予定
■再発売 1st~5thオリジナル・アルバム

廃盤となっていた過去作品も、帰ってきた!

特典ディスクを携えて、全5タイトル、再発売決定!

2017年10月18日(水)発売
〈ポニーキャニオン〉

1stAL『帰ってきた多摩川レコード(Remastered)』

品番PCCA.4586/本体価格¥2,500+税/2枚組
2ndAL『帰ってきたWashington, C.D.(Remastered)』

品番PCCA.4587/本体価格¥2,500+税/2枚組
3rdAL『帰ってきたホフディランIII(Remastered)』

品番PCCA.4588/本体価格¥2,500+税/2枚組
〈日本コロムビア〉

4thAL『帰ってきた31ST CENTURY ROCKS(Remastered)』

品番COCP-40145~6/本体価格¥2,800+税/2枚組
5thAL『帰ってきたPSYCHO POP KILLER BEE(Remastered)』

品番COCP-40147~8/本体価格¥2,800+税/2枚組
〈内容〉

ボーナスディスクは、各アルバム曲のインスト+シングルB面のみ収録曲・アナログのみ収録曲だった楽曲を厳選して収録(予定)

<LIVE TOUR「帰ってくるホフディラン」>


ニューアルバム「帰ってきたホフディラン」発売記念として久々のツアーが決定。本公演は初の(?)全会場着席となっております。是非ごゆっくりお楽しみください。
大阪公演

【日時】2017年11月19日(日)

【開場】16:30【開演】17:00

【場所】梅田バナナホール
名古屋公演

【日時】2017年11月25日(土)

【開場】17:00【開演】18:00

【場所】名古屋CLUB QUATTRO
東京公演

【日時】2017年11月26日(日)

【開場】16:30【開演】17:00

【場所】Mt.RAINIER SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
【チケット情報】5,000円(税込)+ドリンク代(全席着席)

※全公演、未就学児は1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場合はチケットが必要
【チケット】

オフィシャル先行(抽選)

【抽選受付期間】9/2(土)21:00〜9/10(日)23:59

受付URL:http://eplus.jp/hoff17-hp/
一般発売 9月30日(日)10:00〜

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着