ベック

ベック
ベックが10月11日(水)に日本先行発売する通算13作目となるニュー・アルバム『カラーズ』の中からメイン・シングルとなる「Up All Night」のミュージック・ビデオが公開された。

スペインはバルセロナにて、今年7月に3日間にわたって撮影されたという今回のビデオは、バルセロナとロンドンを拠点に活動する、国際的な監督や製作陣の集合体であるCANADAによってプロデュースおよび監督された。

これまでにテーム・インパラ(「The Less I Know The Better」)、フェニックス(「Trying To Be Cool / Drakkar Noir」)、トゥー・ドア・シネマ・クラブ(「What You Know」)やシザー・シスターズ(「Invisible Light」)などのビデオを手がけてきたCANADA。「Up All Night」には、『17人の娘たち』『ルノワール 陽だまりの裸婦』『素顔のルル』などに出演したフランス人女優ソレーヌ・リゴと、地元の注目のスケーターであるペドロ・アッテンボローが出演している。

ベック・ファンならすでにご存知のとおり、同楽曲はサッカーゲーム"FIFA 17"のサントラやFossil(フォッシル)のスマートウォッチのCMソングとしてすでに昨年より公開されており、その「Dreams」、「Wow」を超える超絶ポップなサウンドが話題となっていた。海外媒体も「マルーン5やファレル・ウィリアムスを彷彿とさせるもの」と太鼓判を押す、ラジオにぴったりの王道のポップスだけに、ここ日本でも虜になる人は多いのではないだろうか?  すでに公開されている収録曲「Dear Life」とあわせて、アルバムに期待がかかる仕上がりとなっている。

第57回グラミー賞にて最高賞の"最優秀アルバム賞"を含む全3部門を獲得した前作『モーニング・フェイズ』のリリースから3年半、多くのファンがリリースを切望していた今作『カラーズ』には、すでに公開されている4曲に加え、恋に落ちることを歌ったアップビート「Seventh Heaven」、そしてトーキング・ヘッズ的なダンス・ナンバー「No Distractions」などが含まれている。共同プロデューサーに2002年の『シー・チェンジ』のツアーに参加し、最近ではアデルの「Hello」の共作者として知られるグレッグ・カースティン(アデル、テイラー・スウィフト、シーア、リリー・アレン)を迎えて制作され、完成させるまでにはなんとアルバム3枚分の楽曲を制作したという。

今月末までU2の最新ツアー『ヨシュアツリーツアー2017』にスペシャル・ゲストとして絶賛出演中のベック。新作『カラーズ』を携えての、一日も早い来日公演実現に期待したい。

「Up All Night」MV

「Dear Life」リリック・ビデオ

アルバム『カラーズ』2017年10月11日(水)発売
    • HSE-6963/¥2,490+税
    • ※日本先行発売、歌詞対訳、ライナーノーツ付(予定)
    • <収録曲>
    • 1.Colors
    • 2.Seventh Heaven
    • 3.I'm So Free
    • 4.Dear Life
    • 5.No Distraction
    • 6.Dreams
    • 7.Wow
    • 8.Up All Night
    • 9.Square One
    • 10.Fix Me
ベック
アルバム『カラーズ』

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着