【人間椅子連載】ナザレス通信Vol.3
2「マッサージ」

我が家にはマッサージチェアーがあります。腰痛がひどい時に買ったものです。自動ボタンを押すと腰から肩にかけて勝手に揉んでくれます。今まで揉み玉が肩付近を通過中は無駄な時間だと思っていましたが、五十肩になった現在ではとても貴重なひと時に変わりました。ありがた味を再確認できて嬉しいやら悲しいやら、このマシンの重要性は格段に上がり、フル稼働しています。
施術中は退屈なので音楽を流します。真正面に床の間があり、そこにオーディオセットが置いてあるので、この一角はささやかな癒しの空間になっています。やはり流れる曲は穏やかなものが多くなります。間違ってもVENOMやSLAYERなどはかからないのです。変拍子もそぐわないのでKING CRIMSONもだめです。金切り声もよろしくないのでRUSHもだめです。のりがよい曲も体が動いてしまうのでAC/DCも避けたいで

す。
そこで今回皆さんにおすすめなのは、マッサージタイムにぴったりなMOODY BLUESです。眠気を誘うやわらかい歌声、揉み玉と同じテンポのリズム、全体を覆うまったり感があなたを優しく包みます。かといってAORとは異なりしっかりとロックしている独特な音楽です。今まさに揉まれながら聴いているのが「Seventh Sojourn」というアルバムです。痛い箇所に玉が当たり顔をしかめながら聴いています。痛みを和らげる歌声が心地良いです。
今回の人間椅子のニューアルバム「異次元からの咆哮」は残念ながらマッサージには適していません。ムーディーなところが全くない、全編ハードなものになっているからです。癒されたい方には不向きなので間違って買わないように注意して下さい。
今回のマイベストテープ~マッサージに合った曲


A1.When You're A Free Man / THE MOODY BLUES

A2.Long As I Can See The Light / CREEDENCE CLEARWATER REVIVAL

A3.Fly Like An Eagle / THE STEVE MILLER BAND

A4.Fool To Cry / THE ROLLING STONES

A5.Albatross / FLEETWOOD MAC
B1.Impressioni Settembre / P.F.M.

B2.Eye In The Sky / THE ALAN PARSONS PROJECT

B3.Star / NAZARETH

B4.Cymbaline / PINK FLOYD

B5.Lullaby / WISHBONE ASH

20thオリジナルアルバム『異次元からの咆哮』


10月4日(水)発売

初回盤:CD+DVD ¥3,704(税別)TKCA-74561

通常盤:CD ¥2,685(税別)TKCA-74562

<人間椅子ワンマンツアー>

10月31日仙台CLUB JUNK BOX

11月2日 弘前Mag-Net

11月4日 札幌cube garden

11月8日 神戸Chicken George

11月10日高松Olive Hall

11月12日大阪umeda TRAD(前AKASO)

11月14日博多Be-1

11月16日名古屋Electric Lady Land

11月19日東京Zepp Diver City

※詳細は後日発表

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着