【インタビュー】藍井エイル、3rdア
ルバムに「自分との新たな出会いがい
っぱい」

藍井エイルが6月24日、3rdアルバム『D'AZUR』(ダジュール)をリリースする。歌唱法、歌詞、曲調、初回盤付属フォトブック「The Blue Nightmare」のヴィジュアルなど、これまでの藍井エイルのイメージを軽々と超越する領域へ踏み込んだ意欲作の完成だ。
本人曰く、「新しいジャンルに触れた1枚」だという『D'AZUR』は、歌声ひとつ取っても表現力に溢れた仕上がり。彼女本来の突き抜けるハイトーンはそのままに、全13曲の持つ物語を表情豊かに響かせる美声は称賛に値する。また、現在開催中のワンマンツアー<Eir Aoi LIVE TOUR 2015-BEYOND THE LAPIS->で披露されているアルバム収録曲は、会場をひとつにするパワーに満ちてフロアを躍動させるなど、ライブ向けのナンバーが揃ったということもできる。そのひとつひとつに込めた想いを明かしてもらうべく、藍井エイル自身にアルバム収録全曲を解説してもらったロングインタビューをお届けしたい。
   ◆   ◆   ◆
■メッセージ自体はシリアスなものなんですけど

■写真はとびきりポップですから(笑)
──まずはアルバムタイトル『D'AZUR』に込めた意味から教えていただけますか?
藍井:1stアルバム『BLAU』(ブラウ)もドイツ語で“青”という意味だったんですが、今回も私自身のテーマカラーである青に戻ってきました。D'AZURはフランス語で、英語でいうと“〜OF BLUE”という意味を持っているんです。私が持っている青の世界観は聴いてくれる人がいないと成立しない世界なので、ここでいうD'AZURは“あなたと私で作る青”をイメージしてます。
──アルバムが完成してみて、今思うことは?
藍井:今までの“藍井エイル”の幹になっている部分から枝分かれして、その枝の先にある新しいジャンルに触れた1枚になったと感じてます。藍井エイルの幹にあったちょっと硬質なサウンドとハイトーンのストレートな歌。そのクールネスというイメージを残しながら、今回は温かい質感のものに踏み込んだり、思いっきりデジタルによったサウンドにも挑戦しています。それに、人間味溢れるバンドサウンドをフィーチャーした「Bright Future」では私以外のメンバーの声を入れたり、とにかくいろんな新しい要素が入ったアルバムになっていて。
──人間味という意味では、初回限定盤特典のフォトブックの仕上がりもこれまでとは違うものになったとか。
藍井:はい。フォトブックのほうでも藍井エイルとして新しい挑戦をさせてもらっていて。ここでは、ずっと私が着たかったとっておきの洋服を着たりしてるんですよ。
──それは、みんなが驚くようなファッションですか?
藍井:ええ、かなり(笑)。今までのフォトブックは決めカットがすごく多かったんですけど、今回はストーリー仕立てになっているんですね。このストーリーのなかでは、ジャケットの青いライオンがポップなキャラクターとして登場するんです。私は“ダジュール君”と呼んでるんですけど(笑)。
──もしかしてコミカル路線なんですか?
藍井:コミカルではないですが、ポップ。そこにもちゃんと私が伝えたいメッセージがあるんです。フォトブックの最後のページを見ていただくとこのストーリーのオチが分かるようになっていて。ここで私が伝えているのは、どこにいっても自分の影は追いかけてくるけど、その影を怖がったり戦ったりしなくていいんだよっていうことで。それも自分自身なんだから大丈夫だよということなんです。だから、「青の世界」では“ほらここへ帰っておいで”と歌っているんですね。この曲があったからこそ、フォトブックではこういうストーリーをやりたいとディレクターさんと話して。でも、メッセージ自体はシリアスなものなんですけど、写真はとびきりポップですから(笑)。今までになかった表情やポーズをするのはすごく楽しかったですよ。
──逆にいうと、3枚目にしてようやくキメキメではない自分を見せられるようになったと?
藍井:そうですね。ジャケット写真に関して言えばキメの写真だから冷たい印象を持たれるかもしれないですけど、フォトブックでは私自身の本質に近い感じ。それは楽曲もそうで。今回はいろんな作家さんに関わっていただいたんです。結果、楽曲、歌詞、歌い方もいろいろ挑戦することができました。そこも今までとは違う藍井エイルが出せたと思います。
──その『D’AZUR』収録曲について、藍井エイルさんに全曲解説してもらおうと思います。まずは1曲目、インストの「awakening(instrumental)」。
藍井:このインストは篤志さんに作っていただきました。私はアルバムを聴くとき、1曲目から2曲目へ向かう瞬間に、すごくわくわくドキドキするんですね。だから、まずアルバムの2曲目にはテンポ速めでライブでもの凄く盛り上がる「IGNITE」を入れるのが絶対条件だったんです。「awakening」はそこへつなげる序章ですね。デジタル感があって、なおかつ壮大な感じもあるところは篤志さんだからこそ作れる世界観だと思います。
──そして2曲目の「IGNITE」はTVアニメ 『ソードアート・オンラインII』 OPテーマ。ここで一気にテンションが上がって、本当にノリもいいですね。
藍井:マイナー調の楽曲なのにスコーンと突き進むような爽快さがありますよね。実は打ち込みがいっぱい入ってるんですけど、そこにパワフルなバンドサウンドを重ねているので、それらに負けないように私自身がサビでどれだけ爆発できるかということを意識しながら歌った曲です。「IGNITE」は“発火”という意味なんですけど、今までレコーディングしたなかで、最も汗だくになって発火状態で歌った曲です(笑)。
■誰かが本気で喜んでくれることを想像するだけで

■すごくやる気に満ち溢れるんです
──3曲目の「ラピスラズリ」はMBS/TBS系TVアニメ 『アルスラーン戦記』EDテーマ。この曲もライブで盛り上がるナンバーですが、ステージではガットギターがフィーチャーされてエキゾチックな味わいがあります。
藍井:新しいジャンルに挑戦した楽曲です。80年代後半から90年代前半のメロディラインという感じがしました。でも、初めてデモを聴いたときから忘れられなくなった曲で。父と母の影響でその当時の歌謡曲はいろいろ聴いていたので、小さい頃に歌っていた歌謡曲を思い浮かべたんです。
──そうですよね。こういう懐メロ歌謡っぽいメロディは歌ってなかったですもんね。
藍井:ええ。あと、シングルリリースしたときには「歌い方が変わった」といわれたんです。でも、私自身それは意識してなかったので、きっとこの曲のメロディラインが引っぱり出してくれた歌い方なんだと思います。アルバムエンディング曲の「青の世界」も「ラピスラズリ」があってこその新しい歌い方だと思います。
──4曲目の「ゆらり」はポップなサマーチューン。
藍井:でもこれ、ものすごく歌詞が切ないんですよね。切ない気持ち全開で歌っちゃうと情緒的になりすぎて、せっかくのバンドサウンド曲に違うベクトルのエネルギーが加わっちゃうと思ったので、客観的な視点から歌うことに挑戦しました。主人公の感情よりも楽曲に寄り添った歌い方を意識した曲ですね。
──5曲目の「シンシアの光」は〜PlayStationR3 & PlayStationRVita 『ソードアート・オンライン-ロスト・ソング-』 OPテーマで、サウンドもハードでカッコいい上、世界観も強い楽曲です。
藍井:この曲は現在ツアー中の藍井エイルバンドのギタリスト新井弘毅さんに書いてもらいました。“シンシア”は月の神様のこと。そのシンシアが出す光を信じて、前に向かって行こうというふうに私はこの曲を解釈しているんですね。そこは、私自身の大きなテーマでもある、“どんな暗闇のなかでも、光に向かって進んで行こう”というものとダイレクトにつながってます。楽曲はマイナー調だからノリにくいのかなと思うかもしれませんが、サビで思いきり騒ぎたくなるという。
──サビは“キターッ!”っていうゲット感がありますから。
藍井:だから歌ってても楽しいし、ライブでもすごい盛り上がりです(笑)。Dメロでいきなりロマンチックな美しい世界が広がるところは、新井さん節が出てるなと思います。
──6曲目の「Quit」はデジタル色の強いナンバーですが、誰のアイデアだったんですか?
藍井:私がデジタルにガッツリよった楽曲を書いてほしいと篤志さんにお願いして書いてもらった曲です。ここまで曲がイキ切っているので、歌詞はどんなものがいいのかすっごい考えたんですよ。そこで、自分が昔からやってみたかったことのひとつに“浮遊感のある歌詞”というものがあって、今回挑戦しました。
──サウンドも歌詞も、振り切りましたね。
藍井:ちょっと怖い雰囲気かもしれないですけど、私はこれがクセになっているので、今後も新しい藍井エイルにみなさんもきっと着いてきてくれる……と信じてます(笑)。
──7曲目の「Bright Future」はエイルバンドのベーシスト黒須克彦が作曲を手がけています。これも新しい挑戦として、“みんなでシンガロング”を試みた楽曲ですが、すでにライブのアンセムソングになっていますよね。レコーディングにはバンドメンバーがコーラス参加していますし。
藍井:“次はこういうふうに歌ってみて”とか偉そうにメンバーにディレクションしたり(笑)、本当に楽しくレコーディングできました。サウンドはかなりバンド感に溢れているので、歌詞も私の中にあるメッセージをストレートに人間味溢れるよう描きました。
──歌詞のなかに“照らされなくたって 照らし続けていたい”という一節がありましたが?
藍井:綺麗事をいってるように聞こえるかもしれないですけど……私は自分のために頑張ろうと思ったらサボりがちになるんですが、誰かが本気で喜んでくれることを想像するだけで、すごくやる気に満ち溢れるんです。待っててくれる人がいて、笑ってくれる人がいて、音を聴いてくれる人がいて、と想像するだけで頑張れる。今まで私はすごく身体が弱くて毎年すぐダウンしちゃってたんです。でも、デビューしてからものすごく強くなった。それは、気持ちの部分だと思っていて、誰かが待っててくれるんだと想像するだけで元気でいられるのかなと。人のパワーってすごいですよね。
──8曲目の「JUMP!!!」は開放感溢れる爽快なアッパーチューン。
藍井:かなりノリのいい楽曲だと思ったので、マイナス要素となるワードを一切入れないで歌詞を書くということに初挑戦してみました。これまでの藍井エイルのなかには、“キラリ”というようなワードはなかったんですけど、縛りを設けて書いてみたら、こういう新しいワードも出てきたので面白かったです(笑)。
──なるほど。
藍井:タイトルの“JUMP”の後に“!”が3つ付いてるのは、サビの“1,2,3”に合わせて。サビは、キャッチーな楽曲をさらに生かすキャッチーなフレーズというのを考えたときに、リフレインはマストだろうと思って。それで“1,2,3”は繰り返しにしたんですけど、この部分も自分のなかにこんなフレーズあったんだ!と驚きましたね(笑)。歌詞に関しては、もうちょっとダークな要素を入れた方が私っぽいんじゃないかとか、それまで謎のこだわりが自分のなかにあったんです。だけど、今回のアルバムは振り切ってみたからこそ新しい自分や新しいワードに出会うことができたと思っています。
■私はものすごく不器用で気にしいな人間なんです

■それでもつながっていたい気持ちがある
──9曲目の「幻影」。こちらはこれまでの藍井エイルのど真ん中といいますか。
藍井:らしい楽曲ですね。最初、デモで聴いたときはすぐに歌えなかったんですよ。普通の4拍子なんですけど、サビでは拍の頭で表と裏が変わるんです。そこが難しくてちょっと苦労したという。
──歌詞の部分は?
藍井:まず短編小説を書いたんです。そうすると、物語の登場人物の人物像がよりはっきりして、頭のなかに映像が見えてくるじゃないですか。その映像がこの曲のミュージックビデオだと解釈しながらできた歌詞です。
──この曲もそうですけど、エイルさんの楽曲にはヴィジュアル系っぽい曲調もありますが、そういう音楽も聴かれるんですか?
藍井:よく聴いてました。あと、GOING STEADYとか10-FEETとかパンクバンドがめっちゃ好きで、学生時代はギターでコピーしてました。
──パンクは意外かも(笑)。10曲目の「ずっとそばで」は柔らかい空気感に包まれるような歌ですね。
藍井:歌詞を書くときも歌うときも母性みたいなものを意識しました。私はすごくせっかちで飽きっぽいので、ずっと待つのは苦手なんですよ(笑)。だけど、この歌はずっとここにいるから、安心してて、大丈夫だよ、という相手を包み込むような母性的。そういう気持ちを全開に表現しました。
──11曲目の「GENESIS」はTVアニメ『アルドノア・ゼロ』EDテーマ。アルバムのなかでも重厚感たっぷりのバラードで、実はライブでこういう曲も欠かせない要素のひとつですね。
藍井:ハードな楽曲やノリのいい楽曲の後に「GENESIS」が入ると世界観が一気に変わって、ライブ自体もピリッとしまるのですごく重要な曲になってますね。
──12曲目の「ツナガルオモイ」はエイルさんの作詞作曲ナンバーですが、タイトルを片仮名表記にした理由は?
藍井:初めて作詞作曲ナンバーを収録したんですけど、カタカナのタイトルにはこだわりがあるんです。私はものすごく不器用で気にしいな人間なんですね。それでもつながっていたい気持ちがある。寂しがり屋だから、人のことも人と接することも大好きなんです。そういう私をむき出しのまま表現したのがこの曲で、不器用でもそばにいたいという、その不器用な部分を片仮名で表現したんです。
──ラストの13曲目「青の世界」は先ほどもお話がありましたが、美しいバラードですね。これはエイルバンドの重永さんによる作曲ナンバーでもあります。
藍井:はい。歌詞は“青い世界=いつでも帰ってこられる優しい場所”というのをイメージしながら書きました。最初はピアノの音色だけで始まって、そこからどんどん広がり、最後は壮大な世界になるんですね。歌い方もそれに合わせて、最初は憂いのある声なんですけど、そこから抑揚をつけ、声もどんどんずっしりさせて、最後は自分が筒になったようなイメージで、全身から声を放つ感じで歌いました。そうすることで、かなり広がりのある歌になったと思います。
──筒になったようなイメージ?
藍井:これまでの私は“歌の広がり=声の大きさ”でしか表現できなくて、一時期すごい悩んでいたんです。どうしたら曲の広がりを歌でも表現できるんだろうって。この曲はその悩みへの回答が出せた曲です。
──ボーナストラックに収録した相川七瀬さんのカバー「BREAK OUT!」を含め、歌詞、曲調、歌い方……従来の藍井エイルを残しつつも、挑戦するところは思いきり攻めた作品ですね。
藍井:だからこそ、180度の振り幅の楽曲が詰まったアルバムが仕上がったんだと思います。『D'AZUR』は今までの藍井エイルはもちろん入っていながら、これまで見せなかった私のいろんな顔が見える1枚になってます。私自身、自分との新たな出会いがいっぱいあったアルバムでもあるので、たくさんの人に聴いてほしいです。そして、1曲でも聴いてくれる人の心に寄り添えたらなと。これを聴いてライブにもぜひ遊びに来てください。
取材・文◎東條祥恵 撮影◎緒車寿一
■3rdアルバム『D’AZUR』


6月24日(水)発売

【初回生産限定盤A (CD+BD+Photobook)】SECL 1714〜15 ¥3,704+税

●特典Blu-ray付

●フォトブック「The Blue Nightmare」封入

●三方背スリーブケース仕様

★初回仕様:フォトカードA封入

http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=SECL-1714
【初回生産限定盤B (CD+DVD+Photobook)】SECL1716〜17 ¥3,426+税

●特典DVD付

●フォトブック「The Blue Nightmare」封入

●三方背スリーブケース仕様

★初回仕様:フォトカードB封入

http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=SECL-1716
【通常盤 (CD)】SECL1718 ¥2,778+税

★初回仕様:フォトカードC封入

http://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=SECL-1718

<収録曲>
01. awakening [作曲・編曲:篤志]

02. IGNITE [作詞:Eir, 小川智之 / 作曲:小川智之 / 編曲:Saku]

〜TVアニメ『ソードアート・オンライン II』OPテーマ〜

03. ラピスラズリ [作詞:Eir, 加藤裕介 / 作曲・編曲:加藤裕介]

〜MBS/TBS系TVアニメ『アルスラーン戦記』EDテーマ〜

04. ゆらり [作詞・作曲・編曲:安田貴広]

05. シンシアの光 [作詞・作曲・編曲:新井弘毅]

〜PlayStationR3 & PlayStationRVita『ソードアート・オンライン -ロスト・ソング-』OPテーマ〜

06. Quit [作詞・作曲・編曲:篤志]

07. Bright Future [作詞:Eir / 作曲・編曲:黒須克彦]

〜5月20日より超先行配信スタート!〜

08. JUMP!!! [作詞:Eir / 作曲・編曲:増谷賢]

09. 幻影 [作詞:Eir, 大塚利恵 / 作曲・編曲:津波幸平]

10. ずっとそばで [作詞:Eir, Saku / 作曲・編曲:Saku]

11. GENESIS [作詞:唐澤美帆 / 作曲:丸山真由子 / 編曲:佐藤あつし, 清水武仁]

〜TVアニメ『アルドノア・ゼロ』EDテーマ〜

12. ツナガルオモイ [作詞・作曲:Eir / 編曲:水木峻、石塚英一朗]

〜TBSテレビ『ランク王国』10・11月度OPテーマ〜

13. 青の世界 [作詞:Eir / 作曲・編曲:重永亮介]

14. BREAK OUT! [Bonus Track] [作詞・作曲:織田哲郎 / 編曲:篤志]
◆初回生産限定盤特典映像(初回A・初回B共通)

01. 「IGNITE」 Music Video

02. 「ツナガルオモイ」 Music Video

03. 「GENESIS」 Music Video

04. 「ラピスラズリ」 Music Video

05. 「シンシアの光」 Music Video

06. Making of 「D'AZUR」
◆初回生産限定盤特典フォトブック

 全48Pオリジナルストーリー仕立ての豪華フォトブック 「The Blue Nightmare」

■「Bright Future」先行配信スタート


【iTunes】 https://itunes.apple.com/jp/album/id991286419?at=10lpgB&ct=4547557039184_al

【mora】 http://mora.jp/package/43000001/4547557039184/

【レコチョク】 http://recochoku.jp/artist/2000081230/

■<藍井エイル ワンマンライブ@日本武道館>


11月2日(月)日本武道館

OPEN / START 17:30 / 18:30

¥6,000(税込)全席指定

※3歳以上チケット要

チケット一般発売:9月12日(土)

[問]HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

■<Eir Aoi LIVE TOUR 2015 -BEYOND
THE LAPIS->

5月24日(日)宮城県・仙台 darwin

5月30日(土)徳島県・徳島 club GRINDHOUSE

5月31日(日)石川県・金沢 vanvan V4

6月04日(木)広島県・ナミキジャンクション

6月07日(日)大阪府・なんばHatch

6月10日(水)愛知県・名古屋 ボトムライン

6月14日(日)福岡県・福岡 DRUM LOGOS

6月18日(木)北海道・札幌 PENNY LANE 24

6月27日(土)東京都・豊洲PIT
■初のワールドツアー<Eir Aoi WORLD TOUR 2015 -ROCK THE WORLD!->

7月よりフランス・パリを皮切りにスタート

詳しい情報はオフィシャルサイトにて

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着