L→R KENTA(Dr)、MOMIKEN(Ba)、IKE(Vo)、UZ(Gu&Programming)

L→R KENTA(Dr)、MOMIKEN(Ba)、IKE(Vo)、UZ(Gu&Programming)

【SPYAIR】
根底に“KINGDOM”があったことで
意識をつなげていくことができた

ロックスターたちの言葉で
心震える瞬間があって救われてきた

また、「Don't Look Back」のようなラップをフィーチャーしたミクスチャーサウンドもあって。途中でドラムとラップだけになるパートは、すごくカッコ良いですね。

KENTA
こういうのは他のバンドの曲でもあまり聴いたことがないと思います。ラップだからこそできることですよね。
UZ
ラップはリズムだからコードがいらないんで。
IKE
すごくアナログなミクスチャーロックだよね。ミクスチャーなのに同期ものを一切使っていないし。

IKEさんが歌うAメロとラップやサビのテンション感が違うので、独特の雰囲気がありますよね。

UZ
ギターのリフからいきなりラップに入って、その流れでサビにいく、「BRING IT ON 〜 Battle of Rap 〜」が、一般的ないわゆるミクスチャーだと思うんですけど。俺らが20代前半に聴いてきたUSのミクスチャーを土台にしながら、それを今の俺らがやるとこうなるみたいな感じです。

そして、Aメロの歌詞には《ロックスターが言ってた》と。

MOMIKEN
何かの記事で某ロックスターのインタビューを読んだ時に、歌詞で《ケータイ見るより 夢を見ろ》というようなことを言ってたのがあって。
IKE
2コーラス目の《死に方よりも生き方だ》も?
MOMIKEN
俺らはそういう人たちの言葉で心震える瞬間があって救われてきたんですよね。
IKE
単純な言葉だけど、説得力が違うよね。

今、最前線で活躍しているSPYAIRでも、憧れて追い付きたいと思うロックスターがいると。いずれ自分たちもそうなるんだという気持ちがロックキッズに伝わるといいですね。

IKE
今はまだ自分たちをロックスターだとは呼べないし、夢に向かっている途中だから歌える歌だと思います。

なるほど。さてホーンが入った温かみのある「Goldship」ですが、タイトルは“Friendship”に掛かってますか?

MOMIKEN
タイトルはUZが考えていて。
IKE
どういう意味なの?
UZ
俺が大好きな競走馬の名前。もう引退した伝説の馬で、何も考えずデモの仮タイトルに付けてたんです。馬好きの人はすぐに突っ込んでくれますけど。曲に競馬感はまったくないんだけどね。
MOMIKEN
UZから聞いたこの馬の話がとても良くて。で、俺は歌詞で友情のことを書いてたから、“Friendship”の最上級というような意味を込めて“Goldship”にしたらいいんじゃないかと思って付けた造語です。
UZ
MOMIKENの言った意味合いもすごくいいなと。まさか正式タイトルになるとは思ってなかったけど。
MOMIKEN
俺らに限らずだけど、昔からの仲間といるだけで、そこがホッとする場所に変わっていくと思うので。

聴いてくれる人には、それがライヴという場だったり?

MOMIKEN
それもあるでしょうね。

IKEさんがライヴのMCで“いつでもここで待ってる”と言ってるし。

IKE
言ってますね。でも、俺はスーツを着て飲んだくれたサラリーマンが、肩を組んで楽しんでる絵が浮かんだかな。飲み屋街でちょっとハッピーになってる金曜の夜みたいな(笑)。自分たちでもたまには何も考えずに飲み明かしたい時はあるし。素朴っていうか、何も飾っていない人間らしさが感じられる曲だからすごく好きですね。その瞬間がすごく楽しくて幸せだと思うし、それが表現できたらいいなと。歌ってる時も肩の力抜いて、キーがどうのとか細かいことは気にせず、すごく良いテイクが録れたと思いますね。

今のバンドシップが表れたアルバムですね。

IKE
今の俺らの等身大のアルバムですね。

あと、初回限定盤Bのディスク2に収録の、「サムライハート(Some Like It Hot!!)」などのアコースティックバージョンは聴き応えがありました。

UZ
歌も含めて本気の一発録りです。全部3テイクくらいずつ録って、そこから良いのを選んでいて。ちょっとミスしていてもグルーブが良ければいいと思ったものを採用しました。
KENTA
めちゃめちゃ緊張しましたよ。でも、その緊張感もちゃんとパッケージされていると思いますね。
MOMIKEN
縦ノリじゃなくて、横に揺れる感じで。おしゃれな感じにもなっているからすごく新鮮だと思います。
IKE
前からやってみたかったんだよね。デビュー当時はライヴでもやってたし、シングルに1〜2曲収録したこともあったけど。ギターが歪んでない分、グルーブが重要になるんだけど、ここでチャレンジしてみるのも一興かなと。

難しいと言っていた「君がいた夏」もそのうちぜひ!

IKE
すごく合いそうですね。今はまだ無理だけど、バンドで緊張せずにできるようになったらやってみたいです(笑)。

取材:榑林史章

アルバム『KINGDOM』2017年10月11日発売 Sony Music Associated Records
    • 【初回生産限定盤A(DVD付)】
    • AICL-3411〜2 ¥3,990(税込)
    • 【初回生産限定盤B(2CD)】
    • AICL-3413〜4 ¥3,700(税込)
    • 【通常盤】
    • AICL-3415 ¥2,800(税込)

『SPYAIR TOUR 2018 –KINGDOM–』

1/26(金) 東京・中野サンプラザ
1/28(日) 静岡・沼津市民文化センター
1/30(火) 埼玉・大宮ソニックシティ
2/03(土) 宮城・東京エレクトロンホール宮城
2/04(日) 千葉・浦安市文化会館
2/08(木) 神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター
2/12(月) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
2/17(土) 新潟・新潟テルサ
2/18(日) 福島・郡山市民文化センター 中ホール
2/25(日) 群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
3/11(日) 神奈川・厚木市文化会館
3/17(土) 北海道・わくわくホリデーホール (札幌市民ホール)
3/21(水) 石川・金沢 本多の森ホール
3/23(金) 岐阜・長良川国際会議場
3/25(日) 京都・ロームシアター京都 メインホール
3/31(土) 広島・広島文化学園HBGホール
4/01(日) 岡山・岡山市民会館
4/05(木) 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
4/07(土) 香川・レクザムホール・小ホール
4/08(日) 愛媛・松山市総合コミュニティセンター・キャメリアホール
4/12(木) 大阪・フェスティバルホール
4/14(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール

SPYAIR プロフィール

スパイエアー:2005年結成。10年8月にシングル「LIAR」でメジャーデビュー。東京ドームでのステージをバンドの次なる目標に掲げ、新たなるフィールドに挑んでいく、いわば“戦への狼煙上げ”となる第一弾シングル「THIS IS HOW WE ROCK」を16年7月にリリース。同年11月に発表した“戦い”をテーマにした「RAGE OF DUST」はTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』第2期OPテーマとして大きな話題を呼び、ロングセールスを記録。17年8月にはオトナの土ドラ『ウツボカズラの夢』主題歌でもある「MIDNIGHT」をリリースした。SPYAIR オフィシャルHP

L→R KENTA(Dr)、MOMIKEN(Ba)、IKE(Vo)、UZ(Gu&Programming)
IKE(Vo)
UZ(Gu&Programming)
MOMIKEN(Ba)
KENTA(Dr)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着