Taiko Super Kicks、再始動企画にし
て初のワンマン公演を11月に開催

Taiko Super Kicksが11月4日(土)に再始動企画にして初のワンマン・ライブを渋谷/原宿Galaxy-Gingakeiにて開催することが発表された。

1stアルバム『Many Shapes』を2015年12月にリリースして以来、自主制作ZINE『TBD』やフリーペーパー『月刊タイコスーパーキックス』を刊行するなど、非常にマイペースな活動を続けてきたTaiko Super Kicks。今年6月10日を最後にライブを休んでいた彼らだが、個々の活動や充電期間を経て、約5ヶ月ぶりとなるライブであり、バンド初のワンマン・ライブとなる本イベント”KICKS”では、初披露曲はもちろん、メンバーとは公私ともに親しい、ライター・編集者の小田部仁を招き、メンバーの今のモードについて話すトークセッション・コーナーも行われる。

なお、イベント開催決定にあわせてビジュアル・イメージも一新した。今回のアーティスト写真は写真家の川谷光平が手がけている。

さらに、本イベントの開催に際して、Taiko Super Kicksボーカル・ギターの伊藤暁里と、ライター・編集者の小田部仁からコメントが寄せられている。

【小田部仁 コメント】

先日、ヴォーカル・ギターの伊藤暁里と吉祥寺の『闇太郎』という居酒屋で一献傾けた。鄙びたいい居酒屋で自家製梅酒のソーダ割りがうまかった。何やらTaiko Super Kicksのこれからについて企みがあるようなことを断片的に聞いた気がするが非常に酔っていて覚えてない。

先のことなんて、何も見えないが、とりあえず、11月4日に何をやるかは、決まった。
Taiko Super Kicksの新しい音楽を、ぼくはそこで聴くのだ。

きっと、愛も恋も夢も未来も、救いにはならない。
諦観でも、絶望でも、厭世でもなく、
ただ、断片があるだけ。ただ、それだけ。

暴いてくれ、Taiko Super Kicks。

【伊藤暁里(Taiko Super Kicks) コメント】

いろいろな出来事があり、いろいろな日々がある。ましてや四人組のバンドだから、四人分の日々がある。みんな、向き合っている。向き合わない時もある。そんな風にバンドをやってきたし、これからもやっていくと思う。2017年の、タイコ・スーパー・キックス。


【イベント情報】

Taiko Super Kicks presents “KICKS”

日時:2017年11月4日(土) OPEN 18:30 / START 19:00
会場:渋谷/原宿 Galaxy – Gingakei
料金:前売り2,500円(+1Drink) / 当日2,800円(+1Drink)
出演:
[Live]
Taiko Super Kicks

[Talk Session]
小田部仁 × Taiko Super Kicks

■チケット予約フォーム:https://goo.gl/forms/DFy5R0XDVxjPQEKe2

■Galaxy – Gingakei:http://www.thegalaxy.jp/

■Taiko Super Kicks:http://taikosuperkicks.tumblr.com/

アーティスト

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着