Bibio、“場所”をコンセプトにした
新作を11月にリリース 国内流通仕様
盤CDは500枚限定

Bibioが最新作『Phantom Brickworks』を11月3日(金)にリリースすることが発表された。

2016年にリリースされた7作目となる新作『A Mineral Love』でも高い評価を受けたBibioが早くもリリースする本作には、「場所」をコンセプトにした9つの楽曲が収録されている。
なお、国内流通仕様盤のCDは500枚限定となっており、解説書が封入される他、クラフト紙製のインナースリーブとアウタースリーブ付の特殊パッケージとなる。2枚組LPにはダウンロードコードが封入されるとのこと。

現在、「Phantom Brickworks III」のショート・バージョンを、自らが撮影した美しい映像とともに公開している。

【Bibio コメント】

「僕はゴーストを信じてない。でも何かに取り憑かれた場所というのは存在すると思う。場所を取り巻く環境は絶えず変化する。それは必ずしも良い方向ばかりにではないし、自然でも、善意にもとづいたものでも、政治的な理由によるものでもない。その場所が何を見てきたか、その場所がどういった存在だったかということそのものから生まれる雰囲気が、変化をもたらすことがある。

『Phantom Brickworks』は、何年間かかけて僕が書きためてきた、ほとんど即興で作られた楽曲のコレクションになってる。これらの音楽は、特定の景色や時間に対する心の扉を僕に与えてくれた。それは現実の物事から、架空のもの、もしくはそれらの組み合わせだったりする。人間は、場所に漂う空気や雰囲気にとても敏感だ。その場所が持つ歴史的背景を知ることで、それらは強まったり、劇的に変化する。何かしらの形で、音や声まで聞こえる場合もある。その場所には、きっと伝えたい想いがあるんだと思う」


【リリース情報】

Bibio 『Phantom Brickworks』

Release Date:2017.11.03 (Fri.)
Label:Warp Records / Beat Records
Cat.No.:BRWP290
Price:¥1,857 + Tax

※国内仕様盤CD
※特殊パッケージ / 解説書封入

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着