Luby Sparks / Thursday インディ・
ポップ復権なるか!? 新星男女ツイ
ン・ボーカル・バンド、Luby Sparks
が遂にデビュー!

9月20日(水)に3曲入りCD『Thursday』をリリースした現役大学生5人組の男女ツイン・ボーカル・バンド、Luby Sparks(ルビー・スパークス)。
2016年3月に結成したばかりで、これまでにカセット・テープ、7インチのリリースはありますが、本作は80KIDZ、Nabowa、環ROY、KID FRESINOと言った気鋭アーティストが所属するスペースシャワー内のレーベル〈AWDR/LR2〉からのCDリリース。今冬発表予定だというデビュー・アルバムに先駆けて、一部店舗のみ限定でのリリースとなっています。

キラキラとしたノイジーなギターに浮遊感のある女性ボーカル、そしてエヴァー・グリーンなグッド・メロディはThe Pains Of Being Pure At HeartやVeronica Falls、Dum Dum Girlsといった〈Captured Tracks〉周りの少し懐かしいインディ・ポップのシーンを彷彿とさせるバンドです。

また、彼らは元Cajun Dance Partyで現在はYuckのメンバーとして活動するMax Bloomとも交流があり、今年1月にリリースした7インチ・シングル「Hateful Summer」には彼がエンジニアとして参加するなど、そのサウンド・プロダクションは世界基準といっていいでしょう。

同7インチのB面にはCamera Obscuraの名曲「Lunar Sea」のカバーを収録するなど、インディ・ポップに対する並々ならぬリスペクトを感じさせてくれます。

さらに、アートワークはインディ・ポップに特化したディスク・ガイド『インディ・ポップ・レッスン』(めっちゃ読んでました)を出版するなど、国内のインディ・ポップシーンを牽引してきたDJチーム・Twee Grrrls Clubのイラストレーションなどを手がけるharune_hが手がけており、世代の異なる彼らがそれらの文脈もしっかりと心得ていることに関心せざるを得ません。

しかし、フラットに現状を考えるとインディ・ポップやギター・ポップというジャンルは、世界的にかなり逆境に立たされている状況だと思います。そんな中で、Luby Sparksが勝ち上がり、シーンに風穴を空けることができるかはまだ分かりかねるところではあります。彼らのこれからには大いに注目していきたいと思います。


【リリース情報】

Luby Sparks 『Thursday』
Release Date:2017.09.20 (Wed.)
Label:AWDR/LR2
Price:¥500 + Tax
Cat.No.:DDCB-12976
Tracklist:
1.Thursday
2.Pop. 1979 (Demo)
3.Water (Demo)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着