レオン・ラッセル

レオン・ラッセル

レオン・ラッセル、遺作で見せた心か
らの叫び

2016年11月13日に亡くなったレオン・ラッセルの最後のアルバム『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』が9月27日発売された。今作は彼が生前最後に録音した曲の数々を収録。2016年、心臓手術から回復しつつある中で、レオン・ラッセルは今作の制作を通して、新しい成功を手応えとして得ることができた。

彼が新たな活動のきっかけを得ることになったのは2010年、エルトン・ジョンとのコラボ作『ザ・ユニオン』のおかげで、これによってレオンは再び脚光を浴び、大規模なツアーと新作を録音する機会に恵まれる。

レオン・ラッセルの妻のジャン・ブリッジズは、“彼のやりたい事が活かされた最後のレコーディングだった。『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』は、レナード・コーエンの遺作となってしまった『ユー・ウォント・イット・ダーカー』と通じるものがある”と語る。

オープニングを飾る「オン・ア・ディスタント・ショア」では、《誰かの葬儀が/ここで始まろうとしている》と、レオン・ラッセルは彼の特徴ある声を震わせながら歌う。そして、《僕の番なのかも知れない》と……。一方、彼の娘であるシュガリー、ノエル、ココの3人は、この曲でDio Do Waddy Waddyとバックヴォーカルに参加し、流麗な演奏はその歌詞《バイオリンの調べが聞こえる/こうして物語は終わるのか/そして僕は彼岸で途方に暮れている》を彩る。こうして、感動的な名作は幕を開けていく。

今作はレオン・ラッセルが偉大なるアメリカンジャズやポップスタンダードからインスピレーションを受けた作品で、レオン自身の名曲中の名曲3曲「マスカレード」「ハミングバード」「ア・ソング・フォー・ユー」もラリー・ホールのオーケストラアレンジで再び収録。ほかには、ブルージーな「ブラック・アンド・ブルー」、壮大な「オン・ザ・ウォーターフロント」、まるでかつての友人ジョー・コッカーが歌っているような「ラヴ・ディス・ウェイ」などが聴ける。これらの曲がいつしかスタンダードになるか、いつまでもお気に入りの歌になるか。いずれにせよレオン・ラッセルは、この『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』を前にして誇らしげに笑うだろう。

“レオンはずっとスタンダード・ナンバーを書きたいと思っていた”とジャンは付け加える。“ああいう音楽こそが重要だと彼は思っていた。多くの歌が消えていく中で、スタンダードはいつまでも生き続けると”。

自身も時代を超える音楽とは無縁でないレオン・ラッセルだが、1960年代にフランク・シナトラ、ローリング・ストーンズやビーチ・ボーイズらのアルバムにピアノで参加し、優秀なスタジオミュージシャンとしてまず注目を浴びる。70年代には、自身のレーベル、シェルター・レコーズを立ち上げ、ソロとしての活動を始める。野性味あふれる長髪と、獰猛とも言える仕事への姿勢で、ラッセルは20世紀以降独自の道を邁進してきた。ジョージ・ハリスン主催の『バングラディッシュ・コンサート』にも出演。ゴールドディスク認定アルバムを次々と発表していった。

“レオンは不器用なロマンチストだったわ。心の優しい人”――妻のジャンは説明する。

“私からすると、彼はずっと、親しい人たち以外からは謎めいた存在だった。でも、このアルバムは、自分の感情を見せるチャンスだったの。「ジャスト・リーヴズ・アンド・グラス」という曲では彼の心からの叫びを聞くことができる。あれはウソじゃない。彼は感情的な人で、ライヴではそれを見せていた。『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』はそんな彼の肖像よ。正確な肖像”。
アルバム『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』発売中
    • SICX-93/¥2,400+税
    • ※デラックス版
    • ※解説・歌詞・対訳付き
    • ※デジパック仕様
    • <収録曲>
    • 01.オン・ア・ディスタント・ショア
    • 02.ザ・ナイト・ウィ・フェル・イン・ラヴ
    • 03.ラヴ・ディス・ウェイ
    • 04.ヒア・ウィズアウト・ユー
    • 05.インサイド・ザ・ナイト
    • 06.マスカレード
    • 07.ブラック・アンド・ブルー
    • 08.スイート・ヴァレンタイン
    • 09.ジャスト・リーヴズ・アンド・グラス
    • 10.ラヴ・オブ・マイ・ライフ
    • 11.オン・ザ・ウォーターフロント
    • 12.イージー・トゥ・ラヴ
    • 13.ハミングバード
    • 14.ザ・ワン・アイ・ラヴ・イズ・ロング
    • 15.ホエア・ドゥ・ウィ・ゴー・フロム・ヒア
    • 16.ア・ソング・フォー・ユー
    •  
    • ■特別サイト
    • http://www.110107.com/Leon_Russell
レオン・ラッセル
アルバム『ラスト・レコーディング~彼方の岸辺で』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着