【JOYSOUNDだから、歌える!隠れた名
曲ライブラリー】#8 石川ひとみ「秋
が燃える」

好きなアーティストの歌いたい曲が、必ずしもヒット曲だとは限りませんよね。カラオケに入っていなくて、残念な思いをした方も多いと思います。JOYSOUNDは、マニアックな曲も多く、リクエスト配信にも力を入れているから、お目当ての曲に出会いやすいようです。というわけで、JOYSOUNDだからこそ歌える、隠れた名曲の数々をご紹介!

『秋が燃える』

昭和55年9月発売
歌:石川ひとみ
作詞:岡田冨美子
作曲:佐瀬寿一
編曲:渡辺茂樹
レーベル:NAVレコード

石川ひとみの9枚目のシングル曲で、昭和48年に発足されたNAVレコードというアイドル歌謡曲専門レーベルの最後のシングル曲でもある。石川といえば、「まちぶせ」(昭和56年)の大ヒットを代表するように清純派アイドルのイメージが強い。しかし、この曲は、「♪Ah 強く目を閉じ 貝がらをわり 私と変えてと抱かれた海辺」とか、「♪ああ まだよ まだよ まだよ 好きなの まだよ まだよ まだよ 行かないで 秋が燃える」という意味深な歌詞が連発される。そういえば、男性総合誌『GORO』(昭和49年~平成4年/小学館)に、石川の水着姿がグラビアで掲載されて話題になっていたのも、この頃だ。「まちぶせ」がヒットする前の低迷期だったので、セクシー路線を模索していたのかもしれない。とはいえ、この曲、ノリが良くて、ちょっとエッチなので、カラオケソングとしては、かなり盛り上がりそう!

解説:卯村

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』