全米デビューの夢も実現しそうなCrystal Kay

全米デビューの夢も実現しそうなCrystal Kay

クリスタル・ケイ、映画主題歌でハリ
ウッド進出

クリスタル・ケイの未発表の新曲が、米映画『Dolan's Cadillac(原題)』主題歌に決定した。映画は、スティーヴン・キングの同名の短編小説が原作となったサスペンス・スリラーで、妻を殺された教師が、ラスベガスのギャングのボスに奇想天外な復讐を挑むストーリー。悪役であるドランを演ずるのは、『トゥルー・ロマンス』などで知られるクリスチャン・スレイター。また、スレイター演ずるドランに復讐を誓う若き教師役には、『アメリカン・ビューティ』でアカデミー賞最優秀助演男優賞にノミネートされた実力派俳優ウェス・ベントレー。クリスタル・ケイの楽曲は映画の最後に、驚きの結末とともに流れ映画を盛り上げる。日本で活動するシンガーが全米公開の映画で主題歌をつとめるのは極めて異例のことで、日米両国で話題となりそうだ。
起用を受けて、Crystal Kay
「海外公開の映画の主題歌を担当させて頂くのは初めてなので、すごく嬉しいです。今回の新曲『HOLD ON』はポジティブな内容を歌ったロックナンバーなのでサスペンス映画のダークな雰囲気と共に楽しんで頂きたいです」
とコメント。
また、映画の製作総指揮:エレン・ワンダー氏は
「才能と刺激あふれるシンガー、Crystal Kayと仕事をできることに、とてもワクワクします。スティーヴン・キングの「ドランのキャデラック」は彼女の美しく刺激的な音楽にピッタリの背景を備えた格別の映画です。」と語っている。

今年9月に大学を卒業するクリスタル・ケイは、卒業後、幼い頃からの夢であった全米デビューへ向けて、本格的に準備をすすめる決意を固めており、先日8月6日(水)にリリースしたニュー・アルバム『Color Change』でもジャム&ルイス、ブラッドシャイ&アヴァントら米プロデューサーを起用している。
今回の主題歌決定が、彼女の全米デビューへの大きな一歩となったことは間違いない。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着