姿月あさと30周年記念公演に和央よう
か、松崎しげるが駆け付け祝福

宝塚歌劇団宙組初代トップスターの姿月あさとが初舞台から30周年を記念し、東京・EX THEATER ROPPONGIにてコンサート<姿月あさと 30th Anniversary Concert 〜秋桜(コスモス)〜>を開催。ゲストに共に宙組を支えた和央ようか、シークレットゲストに事務所の先輩歌手でもある松崎しげるを迎えての豪華な公演で満員の会場を盛り上げた。

「私はいろいろな素晴らしい歌や人と共に歩んできた」と話す姿月は第1部では「Sing」やオリジナルの歌詞を乗せて歌った「マイウェイ〜Dear my Friend〜」を熱唱。彼女の芸能生活に寄り添う音楽や仲間の大切さ、またその出会い一つ一つを大切にしているという気持ちが伝わる構成になっていた。

その大切な仲間として登場したのが和央ようか。「自由と抑制〜『激情〜ホセとカルメン』より〜」と「You are my own (FATHER/SON)〜「Phantom」より〜」を披露した。退団後は歌ったことがないというこの楽曲に、客席も大きな歓声を送っていた。迫力のある2人の歌声で魅了する一方、仲の良さがうかがえるトークでも会場を盛り上げた。退団公演では付き人のように和央が支えたというエピソードでは「本当にありがとうね」と改めて感謝の気持ちを伝えていた。「歌うのは楽しいけれど、曲が始まると終わってしまうのが悲しい」という姿月は和央と抱き合い、ここでも大きな拍手が起こる。
「時計」から始まった第2部は退団後に歌ってきた楽曲を中心に選曲。今回の公演タイトルにも入っている「秋桜」のほか「異邦人」「君は薔薇より美しい」など歌謡曲を歌い上げた後は「大好きな曲」として姿月が選んだ「愛のメモリー」が披露された。松崎しげると同じキーで歌い上げる愛のメモリー。客席も酔いしれる中、シークレットゲストとしてなんと松崎しげる本人がステージに登場した。
「僕は六本木黒組トップスターです」と自己紹介する松崎は「30周年と聞いて、お祝いしないといけないと思った」と話し、先輩からのメッセージに姿月も大興奮。さらに、背の高い姿月に合わせるために用意してきたという踏み台に上がった松崎と「Endless Love」をデュエット。後ろから手を回し抱きかかえるように松崎が歌うと、もともと男役だったため、宝塚時代は経験のないシチュエーションに姿月が照れるという微笑ましいシーンも見ることができた。

「良き先輩を持ち、良き後輩を持っている」と姿月が呼び込むと1部に続き和央が再びステージに登場した。是非2人で歌いたかったという「恋のバカンス」に客席も手拍子で応えていた。2部はその他にも「リベルタンゴ」など退団後に姿月が挑戦してきた幅広いジャンルの曲が披露され、彼女の歌手としての活動を振り返ることができる公演だったと言える。

終演後に行われたインタビューでは、30年間の活動を「あっという間だった」と振り返り「(松崎や和央と歌えて)今日は夢が叶った日」と感慨深そうな笑顔を浮かべていた。30周年を振り返り、次の未来へと歩み出した姿月。来年は宙組20周年ということもあり、まだまだ姿月あさとの挑戦は続く。

<姿月あさと 30th Anniversary Conce
rt 〜秋桜(コスモス)〜>

2017年9月23日(土・祝) @東京・EX THEATER ROPPONGI
[ セットリスト ]
・第一部
1. Sing Sing Sing
2. Sing
3. ビューティフル・サタデー
4. ビューティフル・ネーム
5. マイウェイ 〜Dear my Friend〜
6. 自由と抑制 〜「激情〜ホセとカルメン〜」より〜
7. You are my own (FATHER/SON) 〜「Phantom」より〜
8. This is the moment

・第二部
1. 時計
2. 秋桜
3. 異邦人
4. 君は薔薇より美しい
5. 愛のメモリー
6. Endless Love
7. 恋のバカンス
8. リベルタンゴ
9. 見上げてごらん夜の星を

・アンコール
EN-1. ブランカ
EN-2. 夜明け

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着