横浜レゲエ2008 音楽でひとつになった3万人のオーディエンス

横浜レゲエ2008 音楽でひとつになった3万人のオーディエンス

『横浜レゲエ祭2008 NEXT LEVEL』こ
としも音楽で3万人がひとつに

95年にスタートして以来年々規模を拡大していき、いまや『FUJIROCK FESTIVAL』『SUMMER SONIC』と並ぶ夏の一大イベントとして君臨している『横浜レゲエ祭』。今年も8月16日(土)に横浜スタジアムで開催された。
横浜スタジアムに場所を移して3回目、第1回目から数えると今年で14回目を迎える今回、主催のマイティ・クラウンが掲げたテーマは“NEXT LEVEL”。電飾スーツに身を包んだトリのFIRE BALL、今年20周年を迎え堂々のステージを繰り広げたPAPA B、圧倒的な存在感と歌声で会場をつつんだPUSHIM、心に染みる新曲「EVER Green」で新境地をみせたRYO the SKYWALKER、オリジナル・マイク巧者2人RANKIN TAXI&H-MAN夢の共演ほか、ジャパニーズ・レゲエ・シーンを代表するアーティスト達を網羅するラインナップが集い、照明・演出等徹底してこだわったステージで会場に訪れた3万人のオーディエンスを熱くさせた。また、バグル、ウェイン・ワンダー、ミスター・ベガスらジャマイカのアーティスト達も日本最大のレゲエの祭典に参戦し会場を盛り上げた。そして、最後には恒例の出演アーティスト勢ぞろいのマイク・リレーが行われ、花火が打ち上げられて今年のレゲエ祭は幕を閉じた。

シーンの拡大と共に雨後の筍のような勢いで全国各地で大規模な野外レゲエ・フェスが開催されている今でも、その先陣を切って開催された『横浜レゲエ祭』は、アーティストにとってもレゲエ・ファンにとっても特別な存在としてそこにある。
来年は『横浜レゲエ祭』が15周年を迎え、マイティー・クラウンのホームタウンである横浜の開港150周年のダブル・アニバーサリー。普遍的な存在でありながら変わり続けるレゲエ・フェスのパイオニアは来年は何をみせてくれるのか、今から期待せずにはいられない。


<出演者>
Mighty Crown
Fire Ball with JUNGLE ROOTS BAND
PAPA B
GUAN CHAI
JING TENG
PUSHIM
RYO the SKYWALKER
JUMBO MAATCH,TAKAFIN,BOXER KID(from Mighty Jam Rock)
H-MAN
NG HEAD
PAPA U-Gee
Jr.Dee
RANKIN TAXI
HOME GROWN
STONED ROCKERS
Bugle(from JAMAICA)
WAYNE WONDER(from JAMAICA)
MR.VEGAS(from JAMAICA)
KENTY GROSS(ROAD TO 横浜レゲエ祭2008チャンピオン)

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着