即日ソールド・アウトした高見沢俊彦最終公演より

即日ソールド・アウトした高見沢俊彦最終公演より

豪華なバックメンバーとの共演で盛り
上がった高見沢俊彦ソロ、ファイナル
公演

昨年多彩なアーティストとのコラボレーションで話題を呼んだ、高見沢俊彦ソロプロジェクトが、今年も多くの熱い声に応えて始動、8月2日(土)の渋谷C.C.Lemonホールを皮切りに始まった7ケ所7公演のソロツアー『THE 3RD PLANET Presents「高見沢俊彦のロックばん R&TV」SPECIAL KaleidoscopeII 〜鋼鉄天使の凱旋〜』 を敢行した。
そしてファイナル公演となった8月16日、17日パシフィコ横浜のチケットは発売とともに即日ソールド・アウトし、両日の観客入場者数は約10,000人を動員した。
この日の横浜パシフィコ2daysではルーク篁 (CANTA ex 聖飢魔II):E.Guitar、KOJI (ALvino ex La'cryma Christi)、中川 量:E.Bass 、ただすけ:Keyboards、吉田太郎:Drums、そうる透:Drumsの6名に加えて、シングル「月姫」の作詞を担当したANCHANG (SEX MACHINEGUNS)がSpecial Guest Guitaristとして出演し、高見沢を含めた4人のギタリストの競演でステージを大いに沸かせた。

本編は、昨年リリースした16年ぶりのフルアルバム「Kaleidoscope」からのナンバーで、一気に会場はヒートアップし、最新シングル「月姫」でしめくくられた。
アンコールではANCHANGが登場し、メンバーも観客もヘッドバッキングの嵐。4人のエンジェル・ギタープレイは観客を圧巻し、盛り上がりは一気に頂点へ!
最後は「今日は終わりたくない夜だ!!でもここでつかんだものは決して無駄にせず、THE ALFEEの活動につなげていきます!終わりとは新たなスタートです。」との高見沢の一言が、約5千人のファンの心に染み渡り、シングルカップリングの「One Way Love」で幕は閉じた。

シングル「月姫」は8月11日付けオリコンシングルチャートで初登場4位を記録。高見沢は、この後10月3日サンシティ越谷市民ホールを皮切りに12月23.24日の日本武道館を経て、12月28日の大阪城ホールまで全26公演の秋ツアー「THE ALFEE AUBE 2008 RENAISSANCE」を行う。

今年2008年はTHE ALFEEも結成35周年を向かえ、来年はデビュー35周年を迎える。ますます目が離せないメモリアルイヤーになりそうだ。
■ライブツアー参加アーティスト
ルーク篁(CANTA ex 聖飢魔II):E.Guitar
KOJI(ALvino ex La'cryma Christi):E.Guitar
中川量:E.Bass
ただすけ:Keyboards
吉田太郎:Drums
そうる透:Drums
Special Guest Guitarist(パシフィコ横浜国立大ホール)
ANCHANG(SEX MACHINEGUNS)

■セットリスト
高見沢俊彦 LIVE TOUR [KaleidoscopeII 〜鋼鉄天使の凱旋〜]
ファイナル公演@パシフィコ横浜(2008年8月17日)

01. Kaleidoscope
02.君に会いたい
03.O.Z.Y
04.千年ロマンス
05.愛の偶像(ラブ・アイドル)
06.Super Star
07.ヤマトより愛をこめて
08.天使の奇蹟
09.Desire Red Rose2008
10.まほろば
11.禁断の果て
12.白夜〜Metal Byaku-ya〜
13.月姫

<EncoreI>
01.Berlin Rain
02.Techno Glamorous
03.Lonely Heart
04.Endless Dream 2007
05.へびめた夏休暇!(横浜メタル編)
06.悲劇受胎
07.騒音おばさんVs 高音おじさん
08.月姫

<EncoreII>
One Way Love

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」