福田こうへいの「南部蝉しぐれ」歌碑
が故郷・岩手県雫石町に建立

5枚目のニュー・シングル『道ひとすじ』を9月27日に発売した福田こうへいのメジャーデビュー・シングル『南部蝉しぐれ』(作詞:久仁京介 / 作曲:四方章人)の歌碑が、福田の生まれ故郷、岩手・雫石町の野菊ホール(中央公民館)玄関前広場に建立されることになり、9月30日、同所で歌碑除幕式が開かれた。

『南部蝉しぐれ』は、2012年10月24日に発売され約35万枚の大ヒット、アルバム収録などを合わせると約70万枚のセールスを記録した。発売翌年の2013年「NHK紅白歌合戦」に初出場を果たし、14年、16年と合わせて3回出場。そんな人気歌手の地位を不動のものにした福田にとって初めての歌碑で、高さ1860ミリ(台座含む)、幅1800ミリで、インド産黒御影石を使用し総工費約400万円で建立。同ホールから見渡せる「岩手山」をイメージしてデザインされ、構想から約1年かけて完成した。

除幕式典には、雫石町長・深谷政光さんをはじめ、地元のテレビやラジオ局の社長らなど多くの来賓客や、全国から集まった300人を超えるファンが駆けつける中、福田は「この歌碑が皆さんへの恩返しの一つになり、自分のもう一つの誕生日にもなったなと思っております。これからも皆さんに応援していただける歌手を目指して歌ってまいりたいと思います。皆さん、今日は本当にありがとうございました」とあいさつし、来賓客らと一緒に除幕して、歌碑をお披露目。
歌碑の除幕を行う福田こうへい(右から3人目)


完成したばかりの歌碑を見ながら「最初の歌詞が『南部 盛岡 ふるさとの 思えば遠い 蝉しぐれ』だったのですが、自分の生まれ故郷も入れてほしいというところから始まって『南部 盛岡 雫石~』となり、全国に広がったので、皆さんに感謝しきれない気持ちでいっぱいです。(歌碑が)こんなに大きいとは思わなかったので、びっくりしました。まさか歌碑まで建てていただけるなんて思ってもいませんでしたので、感無量です」と大感激。また、全国から集まった熱烈なファンたちを見て、「大阪・新歌舞伎座公演が終わったばかりで、その劇場に来てくださったお客さんも来てくださいましたし、北海道や九州からも来ていただいて感激もひとしおです。今日は、あいにくの雨でしたが、今度は天気のいい日にゆっくりと見ていただきたいですね。歌と一緒で、『来てよかったな』と思っていただきたいです。僕が生まれ育った盛岡は本当にいい町なので全国の皆さんに来ていただきたいですし、合わせてこの歌碑も見ていただけたらうれしいですね」と笑顔で話していた。
(提供:サンニュース)

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着