赤坂BLITZで海外公演の最グランド・ファイナルを迎えた雅-miyavi-

赤坂BLITZで海外公演の最グランド・ファイナルを迎えた雅-miyavi-

雅-miyavi- 大盛況のワールド・ツア
ー、日本で最終公演

圧倒的なパフォーマンスで各国のファンを熱狂させた雅-miyavi-のファースト・ワールドツアーが、8月17日(日)、“凱旋公演”となる東京・赤坂BLITZでグランド・ファイナルを迎えた。
三味線を意識したギター・サウンド、ちょんまげにキャップ、着物にジャージ、歌舞伎にインスパイアされたメイク、タップ・ダンサー、ヒューマン・ビート・ボクサー、DJらをメンバーにした、ジャンルに捉われない「和魂洋才」のグルーブを叩き出すKAVKI BOYZ(カブキ・ボーイズ)を従えてのワールド・ツアーの最終日。
“母国”のファンとして盛り上がらないわけにはいかない、とばかりに1曲目から会場は大盛り上がり、オリコン・ウィークリー・チャート初登場10位を記録したヒット・シングル「陽の光さえ届かないこの場所で feat.SUGIZO」など、アンコール3曲を含む18曲を披露、3時間にも及ぶステージとなった。
「世界を周って学んだことは、“相手に自分のことを理解してもらうためには、先に相手のことを理解することが必要だということ。自分のスタイルをもっと理解してもらうために、現地の言語でMCをしてきました。もう忘れたけどね(笑い)」と自身堪能な英語以外の言語でのコミュニケーションも積極的にチャレンジしていたようだ。

グランド・ファイナルのサプライズとして、まだタイトルも決まっていない新曲も世界初披露! そしてアンコールでは、「グランド・ファイナルといってもツアーが終わるだけのこと。これで終わりじゃないから、これからもっともっと成長していくんでまた会おうな!」とネクスト・ステージを期待させるMCに続いて、ファンに人気の高い「愛してるからはじめよう」を久しぶりのアコギでの弾き語りで演奏し、終幕した。

ツアーを終えたばかりの雅-miyavi-だが、ワールド・ツアー中にアジア向けに発売されたアルバムが、“逆輸入盤”としていよいよ来週8月27日(水)に日本でも、1万枚限定発売される。

このアルバムの内容は、今年3月に発売されたアルバム『雅-THIS IZ JAPANESE KABUKI ROCK-』をベースに、ライヴでの定番曲やアジア各国での人気曲、さらには未発表曲2曲も収録されたもの。この日本盤のみ、収録曲のPVとワールド・ツアーの熱狂ドキュメント映像が収録されたDVD付きというスペシャル盤。

また、早くも次のライヴも決定している。9月28日(日)には中国・北京 星光現場にて念願の北京公演を開催。そして来年1月3日(土)には 東京 日本武道館にてPS COMPANY10周年記念公演『Peace & Smile Carnival』に出演する。ワールドツアーを成功させ、大きく成長を遂げた雅-miyavi-がどんなパフォーマンスを見せてく

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着