10月31日(火)@Zepp DiverCity

10月31日(火)@Zepp DiverCity

TERU(GLAY)主催の
ハロウィンイベントに
豪華ミュージシャン集結

10月31日にZepp DiverCityにて、GLAYのTERU主催ハロウィンイベント『HALLOWEENDELICS SPECIAL NIGHT』が行われた。 この一夜限りのスペシャルライヴにはSPYAIRGREMLINSをはじめ、GLAYのTAKURO、HISASHIほか様々なゲストも登場した。

この日のライヴ会場はハロウィンになぞって仮装したお客さんで埋め尽くされた。開演時間になると、怪しげなSEと共に本日の首謀者TERUの声が会場に鳴り響く。会場がざわつき出すと、トップバッターはGREMLINSが登場。メンバーは赤の衣装に身を包み、各々ハロウィンメイクを施してライブがスタートした。持ち前のヘビーなサウンドとポップなメロディで会場を盛り上げていき、MCでフロントマンのHitsが「本日のイベンタマスターを呼びたいと思います!TERUさん!」と声を上げると、赤の衣装に身を包み、ハロウィンメイクを施したTERUが登場。会場は割れんばかりの歓声に包まれ、TERUが「もっと遊ぼうぜ!」と叫ベば、そのままGREMLINSの楽曲「the Carnival」、「Fellow Traveler」をスペシャルコラボで披露した。

続いては名古屋が生んだラウドロックバンド・SPYAIR。こちらもメンバーそれぞれがハロウィンメイクを施してステージに登場した。今回はDJ Mass MAD Izm*がSPYAIRの楽曲、トップバッターとして出演したGREMLINSの楽曲をハロウィンアレンジに仕上げており、いつもとは違ったサウンドを繰り広げた。 MCではIKE(Vo)が「こっちは中学の時からずっと聴いてんだよ!」と叫べば、ステージには全身白のスーツに身を包んだTAKUROが登場。 IKEは「同じステージに立っている。泣いてもいいですか?」と感動をステージから伝え、そのままSPYAIRの大ヒット曲「サムライハート(Some Like It Hot!!)」をはじめ2曲をスペシャルコラボで披露した。

会場の熱がぐんぐん上がる中、今度は主催者であるTERUがステージに登場。TERUは「今から一緒にやる曲は、まだ僕が彼らの事を知らない頃、たまたまSPYAIRのフリーライヴを通りかかって聴いた曲です。なんて格好いい曲なんだろうと感じて、いつか一緒にやりたいと思っていました」と語り、「現状ディストラクション」をスペシャルコラボで披露した。

会場の熱気が急上昇する中、ステージにはGREMLINSも合流して一夜限りのスペシャルコラボライブへと突入。
披露したのはGLAYの名曲『グロリアス』。GREMLINS もSPYAIRもGLAYを聴いて育ったと語っており、TERUとTAKUROとステージに立ってライヴをする感動をかみしめていた。 TERUも歌い終えると「何か青臭いね。青春って感じで、文化祭みたい!」と語り、まさに若手バンド達の青春をTERU、TAKUROが共有した瞬間であった。 前半戦の最後は去年リリースしたTERU書き下ろしハロウィンソング「Welcome To The Halloween Town」を披露し、会場を盛り上げた。

そしてDJタイムを挟んで後半戦登場したのはHISASHI(GLAY)、綾小路 翔(氣志團)率いる恵比寿最速(仮)。もちろんバンドメンバー全員ハロウィンメイクを施しており、綾小路翔はトレードマークのリーゼントはそのままだが、サングラスはかけず特殊メイクでライブを繰り広げた。骨太なパンクロックを次々と投下していき、HISASHIもGLAYとは一味違ったギタープレイを披露。 さらにライヴでは所々MCを挟み、綾小路 翔のトークで会場は爆笑の渦に包まれた。途中全員で乾杯とステージから呼びかけ、なぜか「グロリアス!」の掛け声で乾杯する一面も。

最後はDJタイムがスタートし、DJ Mass MAD Izm*が本日登場したバンドの楽曲を巧みにプレイ。SPYAIRの新曲『スクランブル』が流れると、前半戦に出ていたSPYAIRのメンバーが次々に登場し、そこからはTERU、TAKURO、GREMLINSと前半戦に登場したメンバーが再集結。さらに本日誕生日を迎えた盟友TOKI(C4)がステージに登場し、イベントのラストスパートに突入し、GLAYのヒット曲「彼女の“Modern…”」をスペシャルコラボで披露した。いつもはHIASASHIが弾くパートをTAKUROがプレイしたり、TOKI、GREMLINSやSPYAIRのメンバーが歌唱したりと一夜限りの貴重な瞬間であった。

その後もGLAYの楽曲を次々と披露し、ステージには先ほど会場を熱気と爆笑の渦に包んだ恵比寿最速(仮)も合流。氣志團の代表ナンバー「One Night Carnival」を全員で大合唱する。綾小路翔のダンスに合わせてTERU、TOKI、そしてGREMLINSやSPYAIRも踊りだしたりとお祭り騒ぎなステージを魅せてくれた。

そしてラストナンバーはGLAYのツアーアンセム「HIGHCOMMUNICATION」。会場全員で拳を突き上げながら熱唱し、HISASHIもTAKUROと共にアグレッシブなギタープレイを披露した。長時間に及びTERU主催のハロウィンパーティーは、今日一番の熱気に包まれながら幕を下ろした。

この日はGLAYを聞いて育った世代、そして今も第一線を走り続けるGLAYのTERU、TAKURO、HISASHIが一つになり、ハロウィンの夜を妖しく、激しく盛り上げた。

10月31日(火)@Zepp DiverCity

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着