氷川きよし、300名とプレミアム握手
会「酔わせてオルホ」初披露

氷川きよしが最新シングル『男の絶唱』の購入者イベントとなるプレミアム握手会を11月4日(土)、新宿・アバコクリエイティブスタジオで行なった。

同シングルは20万枚を超える大ヒットとなっており、この日は9月5日発売の『男の絶唱』(D、E、Fタイプ)購入者の中から約20,000名の応募から抽選で選ばれた300名のファンが3回に分けて100名ずつ、このプレミアムイベントの握手会に参加した。今回は通常の握手会とは違い、長い時間をかけて触れ合いたいと言う趣旨により、より限定された人数のお客様との握手会となった。
一回目の冒頭、100名の「きよしくーん」の呼びかけに青のタキシード姿で登場した氷川は「どうもみなさん、こんにちは。この度は新しいタイプの『男の絶唱』のCDをご購入いただきまして、本当にありがとうございます。僕も楽しみにしてまいりました。短い時間ではありますけれども、素敵な時間を過ごさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。」と挨拶。司会からタキシードの青色に振られらると、「青色はすごく好きで、デビューする前に事務所の会長のところに事前にブルーのセーターを買いに行って、オーディションに行ったんです。懐メロを歌って聞いてもらったら会長が『いいじゃないか』といってくれて、その場で即決してくださったんです。」と思い出を語り、「会長に大切にしてもらって、こうやってファンのみなさんにも支えてもらって、今日の日を迎えることが出来ている、本当に感謝しきりです。」と感謝の意を述べた。
その後、11月21日に発売されるニューアルバム『新・演歌名曲コレクション6-碧し-』から少しずつ曲をかけて紹介すると、「では予定にはなかったんですが…」と言って、「この曲はスペインがテーマになった曲で、スペインの町並みがたくさん歌詞に出てくるんですが、なかなかスペインまで一緒に旅行は出来ないので、歌でスペインに一緒に旅をして、大人な愛の歌をお送りさせていただきます。」と語って、アルバム収録の新曲「酔わせてオルホ」を初披露。「またいろいろ人生も勉強しながら、歌もしっかり勉強しながら、歌の幅を広げて、しっかりと演歌をこれからも歌い続けていきたいと思います。大好きな歌を歌い続けて、皆さんに歌をお届けしていかせていただきたいと思いますし、『男の絶唱』もずっと歌い続けていける作品だと思うので、大切に感謝の気持ちを忘れずに歌っていきたいと思います。」と今後の意欲を述べた。その後、たっぷり40分ずつ、3回に分けてお客様と会話をしながらふれあい、握手会を実施した。
氷川は今後、11月21日(火)にニューアルバム『新・演歌名曲コレクション6-碧し-』を発売予定。また12月13日(水)と14日(木)には東京国際フォーラムにて恒例の<氷川きよしスペシャルコンサート2017〜きよしこの夜 Vol.17〜>を2日間4公演、12月18日(月)にはホテル椿山荘東京で<氷川きよし X’mas Dinner Show2017>を開催する。

ニューアルバム『新・演歌名曲コレクシ
ョン6-碧し-』

2017年11月21日発売
Aタイプ(初回完全限定スペシャル盤)CD+DVD:COZP-1394-5 / 3,333円+税
Bタイプ CD:COCP-40236 / 2,870円+税
Bタイプ MT:COTA-5521 / 2,870+税
[ CD収録楽曲 ]
1. じょんがら挽歌
2. 新宿ブルームーン
3. 酔わせてオルホ
4. 川中島回想
5. 真昼の最終列車
6. 碧し
7. 北の螢
8. おまえに惚れた
9. 時の流れに身をまかせ
10. 花笠道中
11. 炭坑節
12. 人形の家
13. 男の絶唱 (新アレンジバージョン) (ボーナス・トラック)
14. わたしのふるさと (ボーナス・トラック)

[ DVDミュージック・ビデオ収録内容 ]
1. 新宿ブルームーン
2. 碧し

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト

新着