【人間椅子連載】ナザレス通信Vol.3
6「相棒」

NHKの連ドラ「ひよっこ」を毎回録画していることは以前書きましたが、もう一つ予約登録している番組があります。テレ朝の「相棒」です。テレビの推理ドラマは配役で犯人が解ったり、ホテルや観光地の宣伝が散りばめてあったり、おせっかいなおばちゃんが解決したりと、いろいろがっかりすることが多いのでほとんど観ないのですが、「相棒」は別格です。シャーロック・ホームズとワトソン博士の関係を日本に移し替えているだけあって、謎解きのどんでん返しが爽快で飽きません。展開が早いのも嬉しいです。たまに社会派だったり、ほのぼのしてみたりと、バラエティーに富んでいて、よく毎回こんな奇抜な脚本が浮かぶなぁと感心してしまいます。特にバンドのリハから帰宅するとどっと疲れて何もする気が起きないので、ごろっと横になって「相棒」を観ながらまったりします。
ロック界にも「相棒」のような二人組みがたくさんあります。BEATLESのJohn LennonPaul McCartney、ROLLING STONESのMick JaggerKeith Richards、KISSのPaul StanleyGene Simmons、AEROSMITHのSteven TylerとJoe Perry、BLACK SABBATHのTony IommiとGeezer Butlerなど、挙げていたらきりがありません。漫才でもいけそうな強烈な個性派揃いです。ファンは強い絆で結ばれた仲の良い二人と思いがちですが、あながちそうとは限らない気がします。どちらかというと腐れ縁に近い二人もいることでしょう。完全に仕事と割り切って演じている二人もいることでしょう。夫婦のような二人三脚の二人もいることでしょう。本当のところは本人達にしか分らないことです。いずれにしてもその二人だからこそ生まれる音楽がバンドの売りなのはどこも一緒です。
「相棒」がいるバンドは長く続く気がします。相手をリスペクトする気運が高いからでしょうか。続けるためのいろいろな工夫もしていることでしょう。KISSはその一環でメンバー全員がそれぞれソロアルバムを作りました。4枚とも個性が出ていて聴きどころ満載ですが、自分のお気に入りはPaul Stanleyのものです。これぞアメリカンハードロックと言わせるかっこいい曲が詰まっています。圧巻は「It's Airight」という曲。出だしのジャガジャーンとかき鳴らすギターにやられます。この曲はKISSの演奏で聴きたかったなぁ。いや、ねちっこいAce Frehleyのギターが加わるとこの軽快な感じが出ないのか。やっぱりソロアルバムでよかったみたいです。
テレビの「相棒」はそんなタイトルを銘打っておきながらしょっちゅう相手役が替わります。右京さんはまるでRichie Blackmoreのようです。現相棒役の反町隆史さんは4人目ですから、DEEP PURPLEからRAINBOWにかけて数えれば、さしずめRonnie James Dioといったところでしょうか。無理矢理な例えでしたね。
今回のおまけのマイベストテープ~二人の掛け合いがかっこいい曲


A1.War Pigs / BLACK SABBATH(Tony IommiのギターとGeezer Butlerのベース)

A2.Lady / BECK,BOGERT & APPICE(Carmine AppiceのドラムとTim Bogertのベース)

A3.Crossroads / CREAM(Eric ClaptonのギターとJack Bruceのベース)

A4.The Lemon Song / LED ZEPPELIN(John BonhamのドラムとJohn Paul Jonesのベース)

A5.Teo Torriatte / QUEEN(Freddie Mercuryの歌とJohn Deaconのベース)
B1.Hotel California / EAGLES(Don FelderのギターとJoe Walshのギター)

B2.Throw Down The Sword / WISHBONE ASH(Andy PowellのギターとTed Turnerのギター)

B3.The Boys Are Back In Town / THIN LIZZY(Scott GorhamのギターとBrian Robertsonのギター)

B4.Eddie's Comin' Out Tonight / NIGHT RANGER(Brad GillisのギターとJeff Watsonのギター)

B5.Tyrant / JUDAS PRIEST(Glenn TiptonのギターとK.K.Downingのギター)

20thオリジナルアルバム『異次元からの咆哮』


10月4日(水)発売

初回盤:CD+DVD ¥3,704(税別)TKCA-74561

通常盤:CD ¥2,685(税別)TKCA-74562

<人間椅子ワンマンツアー>

11月10日高松Olive Hall

11月12日大阪umeda TRAD(前AKASO)

11月14日博多Be-1

11月16日名古屋Electric Lady Land

11月19日東京Zepp Diver City

※終了分は割愛

チケット発売中 https://eplus.jp/ath/word/2846

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着