【イトヲカシ ライヴレポート】
『日本工学院presents KAMAROCK
FESTIVAL2017~花鳥風月~』
2017年10月28日 at 片柳アリーナ

イトヲカシ、日本工学院専門学校コンサート・イベント科 学生
日本工学院専門学校コンサート・イベント科 学生によるインタビュー
イトヲカシ、日本工学院専門学校コンサート・イベント科 学生 集合写真
【STUDENT REPORT from 日本工学院専門学校コンサート・イベント科】

 10月28~29日に渡って、日本工学院と東京工科大学の共催で行なわれた『かまた祭』。その1日目、4000人収容できる片柳アリーナで幕を開けるのはイトヲカシ。パラパラと降る雨の中、会場には多くの観客が入り、舞台上には学園祭で行なわれる全7公演の共通テーマを表す“花”“鳥”“風”“月”の行燈がそそり立っている。
 開演時間とともにホール全体が暗転。拍手が沸き上がる中、淡い青光に囲まれてイトヲカシ、そしてサポートメンバーたちが颯爽と現れると、期待感から手拍子も徐々にスピードアップしていく。1曲目は「スタートライン」。日本工学院のCMソングにもなっているだけあり、観客も思わず立ち上がってしまう。また、映画『氷菓』の主題歌にもなっている新曲「アイオライト」ではシンプルな照明の中で醸し出されるメンバーの魅力であり、迫力に会場中が虜になっていた。4曲目もまたまた新曲の「蒼い炎」。力強いストリングスのイントロが特徴で、学生たちへの熱いメッセージのように聴こえた。
 続けてのMCで伊東歌詞太郎(Vo)が“今日のスタッフさんは全て学生さんなんです。大きな拍手を! 将来、現場で会ったら気軽に話しかけてほしいなと思います”と未来ある学生たちにエールを贈り、その後“先々月に出たアルバム『中央突破』から何曲かやりたいと思います!”と言って始まったのは「あなたが好き」。大規模なホールに響き渡る最上級のバラードは聴く者の心をグッと引き寄せる。思わずすすり泣く人もちらほら見られるほど、ふたりの神聖な雰囲気に会場が惹き込まれた。
 本編最後に披露されたのは「Thank you so much!!」。ラストに相応しい軽快でポップなこの曲の威力はいつもすごい! メンバーと観客が一体となって手を左右に振っている光景は圧巻だ。ラストサビでは会場前から銀テープが飛び出し、場内のテンションも最高潮に。最後に“いきますよー!”と会場全体でジャンプをし、盛り上がりはピークを迎えた。
 アンコールで再度出てきたメンバー。伊東は本編ラストの銀テープ噴射に関して、“いやぁ、特効(銀テープ)びっくりしたでしょう~。リハの時、すごいびっくりしちゃって…本番は我慢した”と嬉しそうに話す。そして、“いろんな縁やみんなのおかげでここまでこれました。本当に感謝しています。ありがとうございました!”と続けたのだった。最高のパフォーマンスを繰り広げたイトヲカシと、そんな彼らのステージを全力で支えた学生スタッフ。会場全体がひとつとなり、大きな感動を呼んだライヴは幕を閉じた。

撮影:Saburo Yoneyama/取材:日本工学院専門学校 蒲田キャンパス コンサート制作コース 平田まり子


セットリスト

  1. 1.スタートライン
  2. 2.トワイライト
  3. 3.アイオライト
  4. 4.蒼い炎
  5. 5.あなたが好き
  6. 6.はちみつ色の月
  7. 7.ドンマイ!!
  8. 8.Thank you so much!!
  9. <ENCORE>
  10. パズル

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着