ローラ・ニーロ、50年の時を経て遂にデビュー作がオリジナルジャケットにて本日発売!

ローラ・ニーロ、50年の時を経て遂にデビュー作がオリジナルジャケットにて本日発売!

ローラ・ニーロ、50年の時を経て遂に
デビュー作がオリジナルジャケットに
て本日発売!

生誕70周年を記念し、ローラ・ニーロの初期2作品『モア・ザン・ア・ニュー・ディスカバリー』と『イーライと13番目の懺悔』を、ステレオ&モノ盤として紙ジャケットで蘇らせた日本独自企画が12月20日に発売となった!

鮮烈な衝撃を与えた煌めく歌の数々・・・記念すべき年にその作品に相応しいパッケージでローラを振り返りる。

ローラ・ニーロは、NYC、ブロンクス生まれ。ミュージシャンであった父の影響を受け8歳頃には既に作曲を始めていたと言われている。ファースト・アルバム『モア・ザン・ア・ニュー・ディスカバリー』は「ウェディング・ベル・ブルース」「アンド・ホエン・アイ・ダイ」等、独創性に満ちた歌が並び、名作と呼ぶに相応しい内容の1967年発表作。

今回の再発売では、アルバム・ジャケット、タイトル、曲順等米オリジナル発売時に可能な限り合わせ、ステレオ&モノ・ヴァージョンを収録。今作は商業的な成功を収めるには至らなかったが、彼女の書いた曲が、やがてフィフス・ディメンション、スリー・ドッグ・ナイト、バーブラ・ストライサンドらに取り上げられてヒットし、ソングライターとして大きな注目を集める。

続く『イーライと13番目の懺悔』は「ストーンド・ソウル・ピクニック」「イーライがやって来る」など魅力溢れる楽曲が並ぶ1968年発表のセカンド・アルバムで、エモーショナルな歌声が深く染み入る傑作。今回、収録時間の関係でCD2枚組、Wジャケットに変更しており、初CD化となるモノ盤は、元来プロモ用だった。

ローラは、60年代から70年代にかけて印象的なアルバムを制作しながら、二度に渡る結婚や出産のため活動停止や復帰を繰り返す。‘93年に2度目の来日を果たし、健在振りをアピールしたが、’ 97年、癌により49歳の若さで死去。その印象的な作品は今も輝きを放ち、多くの人を魅了している。

■ Syoko Suzuki sings Laura Nyro & Christmas Favorites
12月20日(水)19:30〜
タワーレコード渋谷店 5F PIED PIPER HOUSE 特設スペース
http://towershibuya.jp/2017/11/29/110954

■ 特設サイト
http://www.110107.com/laura_nyro
■ インフォメーション

『モア・ザン・ア・ニュー・ディスカバリー』 2017年12月20日発売

¥2,100(税抜)/ SICP31105
A式シングル・ジャケット
2017年デジタル・リマスター
Blu-Spec CD 2(ステレオ&モノ)
解説・歌詞・対訳付

●ステレオ・ヴァージョン
1. グッドバイ・ジョー
2. ビリーズ・ブルース
3. アンド・ホエン・アイ・ダイ
4. ストーニィ・エンド
5. レイジー・スーザン
6. フリム・フラム・マン
7. ウェディング・ベル・ブルース
8. バイ・アンド・セル
9. ヒーズ・ア・ランナー
10. ブローイング・アウェイ
11. アイ・ネバー・メント・トゥ・ハート・ユー
12. カリフォルニア・シューシャイン・ボーイ

●モノ・ヴァージョン
13. グッドバイ・ジョー
14. ビリーズ・ブルース
15. アンド・ホエン・アイ・ダイ
16. ストーニィ・エンド
17. レイジー・スーザン
18. フリム・フラム・マン
19. ウェディング・ベル・ブルース
20. バイ・アンド・セル
21. ヒーズ・ア・ランナー
22. ブローイング・アウェイ
23. アイ・ネバー・メント・トゥ・ハート・ユー
24. カリフォルニア・シューシャイン・ボーイ

●ボーナス・トラック
25. ストーニィ・エンド(シングル・ヴァージョン)

『イーライと13番目の懺悔』 2017年12月20日発売

¥2,700(税抜)/ SICP31106-7

A式Wジャケット
Disc1:2002年デジタル・リマスター、Disc2:2017年デジタル・リマスター
Blu-Spec CD 2
解説・歌詞・対訳付

●Disc 1<ステレオ盤>
1. ラッキー
2. ルー
3. スウィート・ブラインドネス
4. ポヴァティ・トレイン
5. ロンリー・ウィメン
6. イーライがやって来る
7. タイマー
8. ストーンド・ソウル・ピクニック
9. エミー
10. ウーマンズ・ブルース
11. ファーマー・ジョー
12. ディセンバーズ・ブードア
13. 懺悔
<ボーナス・トラック>
14. ルー(デモ)
15. ストーンド・ソウル・ピクニック(デモ)
16. エミー(デモ)

●Disc 2<モノ盤>
1. ラッキー
2. ルー
3. スウィート・ブラインドネス
4. ポヴァティ・トレイン
5. ロンリー・ウィメン
6. イーライがやって来る
7. タイマー
8. ストーンド・ソウル・ピクニック
9. エミー
10. ウーマンズ・ブルース
11. ファーマー・ジョー
12. ディセンバーズ・ブードア
13. 懺悔
<ボーナス・トラック>
14. イーライがやって来る(シングル・ヴァージョン)
15. セイヴ・ザ・カントリー(シングル・ヴァージョン)

ポップシーン

ポップシーンは、ポップカルチャーからカウンターカルチャーまで、流行にとらわれない独自の目線で、編集部オススメのピックアップ記事や、インタビュー、ライブレポートなど、音楽を中心としたカルチャー情報をお届けするFANZINEスタイルのウェブメディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着