【インタビュー】ワンオクやMWAMの日
本公演に参加したドン・ブロコ、日本
デビューALリリース

日本のロックファンにとってはONE OK ROCKMAN WITH A MISSIONとの共演が印象深い、UK出身の新世代ロック・バンド“ドン・ブロコ”が本日2月2日に4thアルバム『テクノロジー』をリリースした。日本盤は世界同時発売され、今作が意外なことに彼らの日本デビューアルバムにあたる。なお日本盤限定のボーナス・トラックには、全英アルバム・チャート6位を記録した日本未発売の前作『オートマティック』より代表曲5曲を収録している。
まずは、すでに公開されている「Tシャツ・ソング」をチェックしてみて欲しい。バンドのフロントマンであるロブ・ダミアーニにとってパーソナルな楽曲であり、「仲の良い友達が恋人と別れたことにインスパイアされた」と語るアルバムの中で最もエモーショナルな出来栄えだ。さらに今回のアルバムでは、80年代ポップに影響されたロックに、広義のメタル、ファンク、エレクトロのフレイバーといった幅の広さを楽しむことができる。今回BARKSでは、アルバムに込めた思いや制作秘話などを、ギターのサイモン・デラネイ&ドラムのマット・ドネリーに訊いたオフィシャルインタビューをお届けする。
  ◆  ◆  ◆
── 2017年2月のONE OK ROCKの大阪城ホール公演に続いて、2度目の来日がMAN WITH A MISSIONのさいたまスーパーアリーナ公演のゲスト出演となりましたね。
Simon:MAN WITH A MISSIONが、日本でビッグな存在だってことは知っていたけど実際に観てビックリしたよ。プロダクションも素晴らしかったし、バンドの世界に入り込んでいく観客の姿を目の当たりにして驚いたね。彼らの前座としてライヴができたことは光栄だよ。
── 日本デビュー前のバンドが、東西の国内最大規模のアリーナのステージを経験しているって、前代未聞だとおもいますよ(笑)。ショウはいかがでしたか?
Matt:うんうん(笑)、俺達は間違いなくラッキーだとおもうよ。それに新しいお客さんを前にプレイをして、こんなに良いリアクションだったことは世界でも初めてかもしれない。自分の中で、ここ日本は一番プレイしやすい国になったよ。今日もジャンプして興奮してくれる観客がたくさんいたけど、ロンドンだとこうはいかない。前座としてフロアをウォームアップしようとプレイしているのに、全く温められないことがあるからね(笑)。
── 初来日のときのインタビューでは、ほとんどアルバムは仕上がっていると聞いていたんですが、実際に完成したのはいつだったんですか?
Simon:実際に2月の時点でほとんど出来ていたんだ。でも、2か月間のアメリカ・ツアーがあったりして、結局7月くらいまでレコーディングをして、ミックスやマスタリングが終わったのは9月くらいだったとおもう。早く発表したくてウズウズしていたんだけど、予想以上に時間がかかってしまったんだ。
Matt:そうそう本当は4月のアメリカ・ツアーまでに作業を終わらせるつもりだったんだけどね。どうやら俺たちは締め切りを破るのが得意みたいだね(笑)。
── 1番最後に完成した曲はどれですか?
Simon:最後に出来たのは「¥」だよ。スタジオで弄り回しているうちに時間がかかってしまって、仕上げるのにとても苦労した曲なんだ。
Matt:実は2月の初来日のときに感じたことが「¥」の歌詞に反映されているんだ。今の若者は貧しくて、とてもじゃないけど家を買う余裕もない。だから手元にあるお金で今を楽しんでしまおうって考えている人が地元にも多い。俺たちのようなバンドマンも多くの犠牲を払っているしお金の苦労もしてきたけど、ときどき凄い経験をすることがある。それを感じたのが、前回の来日なんだ。日本まで来られる人ってなかなかいないとおもうんだよね。これまでにできなかったことは沢山あるけど、俺たちはひとつ大きなことを成し遂げたって気持ちが歌詞に大きな意味を持たせたとおもうんだ。人生で大事なことは、物理的に何かがあるってことじゃない。何をして、誰と過ごすかってことだって、ここ日本で感じることができたのさ。
Simon:苦労話ってわけじゃないけど、今朝もメンバーと音楽で成功したい人への一番のアドバイスについて話していたんだ。その答えは“できるだけ長く実家暮らしを続けること”(笑)。とにかくバンドやっていたら余分なお金なんて持てないからね!
── あなたたちの実家はロンドン郊外のベッドフォードですよね?「Pretty」のアルバム・ヴァージョンには“Where is Bedford?”(ベッドフォードってどこだよ?)というフレーズが冒頭に入っていますね。あれはどういう意図があるんですか?
Simon:これには凄く面白いエピソードがあるんだよ!あの声の主はメタリカのラーズ・ウールリッヒなんだ。彼があるラジオ番組で「Pretty」をかけてくれて、DON BROCOのことを話題にしていたって聞いて確認してみたんだ。そうしたら俺達の出身地のベッドフォードについて“どこだよ、それ?”ってプロデューサーに尋ねていたんだ(笑)。
Matt:イギリス人でさえわからない俺たちの故郷のことを、あのラーズが話しているなんてクールだったね(笑)!
Simon:それで許可を取って使わせてもらったのさ。俺たちはメタリカの大ファンだし、昔はカヴァーばかりしていたくらいなんだ。自分たちの作品にラーズ本人の声が入っているなんて最高の気分だよ。
── 「Got To Be You」でのサイモンのギター・プレイなんですが、U2のエッジを彷彿とさせますね。
Simon:U2は大好きなバンドだし、俺はエッジのギターが大好きなんだ。この曲のリフのアイデアは前から持っていて、これで何かやってやろうっておもっていたんだ。まぁ、俺からエッジへのオマージュだね。
Matt:エッジにも曲の冒頭で、ひとこと言ってもらうお願いをしておくんだったな(笑)。
Simon:「コイツ、パクりやがったな!」ってコメントでもいいから欲しかったよ(爆笑)。
◆インタビュー(2)へ
── 「Come Out To LA」は所謂“業界人”からの甘い誘いを歌っていますが、これは実体験に基づいての曲ですか?
Simon:捕らぬ狸の皮算用はダメだって曲だね。アメリカでの実体験を面白おかしく歌っているんだ。当時はまだ若かったし、業界のこともわかっていなかったからね。初めてアメリカに行ったときは、見るもの全てが新鮮だったし、目がギラギラした人に囲まれていたからそういう経験もしたよ。この世界で言われたことを額面通りに受け取ってはいけないってことをそのときに学んだね。
── スーパーアリーナでも披露された「T-Shirt Song」は失恋ソングですか?
Matt:ロブの友人の失恋体験を基にした曲だけど、それと同時に人は落ち込んでいても、あるきっかけで立ち直れるんだってメッセージも含まれている。以前、イギリスのノッティンガムにあるアリーナでプレイするチャンスに恵まれたとき、ヴォーカルのロブの声が出なくなってしまったんだ。ロブはそのことを気にして悩んでいた。それで、俺とロブが学生時代に通っていたクラブに繰り出したんだ。その夜は昔みたいに曲に合わせて脱いだTシャツをみんなで振り回したりして大騒ぎさ。すると彼はその一瞬だけ不安から逃れることができたんだ。ノスタルジーに浸りながら、昔のピュアな頃を振り返ったりしながらね。この曲はただの失恋ソングではなくて、何かつらいことがあってもいつか終わる。時が癒してくれるんだって希望も歌っている。人生はそうやって切り抜けていくしかないんだ。
── アルバム・タイトルの『TECHNOLOGY』にはどういう意味があるんでしょうか?昨今何かと世間を騒がせるSNSも含まれているんでしょうか?
Simon:SNSもひとつの要素だとおもう。今作は人間とテクノロジーの関係性を書いた曲が多い。テクノロジーには良い面もたくさんあるけど、悪い面だってあるってことをね。俺達の世代が生まれた頃は、スマホがなかったけど、今の若い世代にとっては無くてはならない存在になっている。それって人間に及ぼす影響を考えてみたら怖いことでもあるよね。そういったテクノロジーと人間のあり方がこのアルバムのテーマなんだ。
Matt:DON BROCOは身の周りに起きたことを題材に曲にしているんだけど、テクノロジーって日常生活から切り離せなくなっているよね。スマホのアラームで目を覚まして、メールチェックして、友達に会う前にスマホでやりとりするだろ?テレビよりスマホの動画サイトを観ているしね。メディアに関しても、コミュニケーションに関しても、テクノロジーは欠かせないものだ。ただ、それが人間に及ぼす影響として、悪いこともあるんじゃないかなってことを作品では提示しているんだ。
── アルバムのアートワークが、過去2作品とはかなり違う雰囲気を持っていると思いました。
Simon:俺たちは音楽を含めた自分たちの美意識をアートワークに表現している。前作『Automatic』(2015年)はとても分かりやすくて、スムースなサウンドがアートワークに反映されているんだ。それと対照的に、今回の作品は見る人によってはギョッとするんじゃないかな。今作のインスピレーションの源は、“テクノロジーが我々の新しい宗教になってしまった”というところなんだ。眺めるたびに新しい発見があるとおもうよ。

▲アルバム『テクノロジー』
── 今作で3作目のフルアルバムとなりますが、各作品を一言で端的に表現してもらえますか?
Simon:1作目『Priorities』は“Youth”、若い時に書いた曲が入っているから。
Matt:2作目『Automatic』は“Polished”、洗練されている作品だね。緻密で磨かれた作品だとおもう。
Simon:最新作『Technology』は“Honest”かな。あまり考え過ぎず、自分たちが良いとおもったもの、正しいとおもったことを正直に表現した作品だ。過去2枚のいいとこ取りともいえるね。
── 最後に日本のファンにメッセージをお願いします。
Simon:DON BROCOに興味を持ってくれてありがとう。『Technology』はラウドで楽しい仕上がりになっているから、きっと気に入ってもらえるとおもっているんだ。日本盤には前作からお気に入りの楽曲も追加収録しているしね。またみんなにライヴで会えることを楽しみにしているよ!
インタビュー◎澤田修
  ◆  ◆  ◆
【ドン・ブロコ プロフィール】


ロブ・ダミアーニ(vo), サイモン・デラネイ(gt), マット・ドネリー(dr), トム・ドイル(ba)
2008年にイギリスはロンドン郊外のベッドフォードにて結成。ロブ、サイモン、マットと元ベースのルークは全員高校の同級生で、同じ大学に進学していた。初めは「ドン・ロコ」というバンド名にしようと考えていたが、サイモンがフットボールで腕を骨折したことをからかって「ドン・ブロコ」と呼んだのがバンド名の由来。
2009年には<Download Festival>や<Sonisphere Festival>に参加し、Enter Shikariのサポート・アクトも務めたこともあった。2011年2月にEP『Big Fat Smile』をリリース。夏には<Download Festival><Sonisphere Festival><Slam Dunk Festival><Reading and Leeds festivals>など大型フェスに参加した。
2012年にはFour Year StrongのUKツアーのサポートを務めている中で、方向性の違いで元ベースのルークが脱退。3月にはバンドはソニー傘下のDestroy Recordsとの契約を発表する。新ベースとしてトムを迎え入れ、5月にデビュー・アルバム『Priorities』をリリース。UKアルバムチャート25位、iTunesロックチャートで1位を記録。同年にはYou Me At SixYoung Guns、The UsedらのUKツアーのサポート・アクトを務めた。
2013年には初のUKヘッドライニングツアーを発表すると、早くもソールド・アウト続出、その圧倒的な勢いを証明する。同年の<Reading and Leeds Festivals>ではメイン・ステージに出演した。翌年には Kerrang!ツアーにヘッドラインとして参加。
制作期間を経て、2015年7月に2nd アルバム『Automatic』をリリース。UKチャート6位を記録した他、リード・シングル「Automatic」はUKの人気ファストブランド、New Lookのオンライン・キャンペーン・ソングに抜擢された。
2016年には5 Seconds Of SummerのUK・ヨーロッパアリーナツアーのオープニング・アクトに大抜擢。Bring Me TheHorizonのUKアリーナ・ツアーでもオープニング・アクトとして大活躍する。自身のヘッドライニング・ツアーもソールド・アウトの大盛況で、ロンドン公演は5分で5000枚即完売。自身初のヨーロッパツアーもソールド・アウトし、会場を急きょグレードアップするなど、その勢いは止まらない。またバンドはMiss May IWe Came As Romansらが在籍するSharpTone Recordsと契約し、USデビューを果たした。
2018年2月にニュー・アルバム『Technology』をリリース。
ドン・ブロコ『テクノロジー』


2018年2月2日発売

WPCR-17837 1,980 円+税
[収録楽曲]

1. Technology / テクノロジー

2. Stay Ignorant / ステイ・イグノラント

3. T-Shirt Song / T シャツ・ソング

4. Come Out To LA / カム・アウト・トゥ・LA

5. Pretty / プリティー

6. The Blues / ザ・ブルース

7. Tightrope / タイトロープ

8. Everybody / エヴリバディ

9. Greatness / グレイトネス

10. Porkies / ポーキーズ

11. Got To Be You / ゴット・トゥ・ビー・ユー

12. Good Listener / グッド・リスナー

13. ¥ / ¥

14. Something To Drink / サムシング・トゥ・ドリンク

15. Blood in the Water / ブラッド・イン・ザ・ウォーター *bonus track

16. Potty Mouth / パティ・マウス *bonus track

17. You Wanna Know / ユー・ワナ・ノウ *Japan bonus track

18. Superlove / スーパーラヴ *Japan bonus track

19. Automatic / オートマティック *Japan bonus track

20. Money Power Fame / マネー・パワー・フェイム *Japan bonus track

21. Nerve / ナーヴ *Japan bonus track

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着