アルバム『アンプラグド~アコースティック・クラプトンDELUXE』(2CD)

アルバム『アンプラグド~アコースティック・クラプトンDELUXE』(2CD)

エリック・クラプトンの『アンプラグ
ド』が最新デジタルリマスター&未発
表トラック収録で蘇る!

全世界で1,900万枚を突破した92年のグラミー「最優秀アルバム賞」受賞のエリック・クラプトンのライヴアルバムが『アンプラグド~アコースティック・クラプトンDELUXE』として、最新デジタルリマスター&未発表トラック収録で新たにリリースされることがわかった。
ライヴアルバム『アンプラグド』には、小人数編成のバンドがサポートする中、伝説のギタリストであるクラプトンが自身の楽曲とブルースのスタンダードナンバーをアコースティックヴァージョンで披露する様子がとらえられている。おなじみのストラトキャスターをアコースティックのマーティンに持ち変えたパフォーマンスは必見だ。

今回の『アンプラグド~アコースティック・クラプトンDELUXE』は2CD、2CD+DVDの2ヴァージョンでリリースされる。2枚のCDには、オリジナル盤のリマスター音源と未発表のアウトテイク6曲を収録。DVDにはコンサート映像を新たに復元したものに加え、リハーサルからの1時間以上に及ぶ未公開映像も挿入されている。2CD形態は日本のみボーナス・トラックとして「ティアーズ・イン・ヘヴン」の別テイクをセットし、全世界に先駆けて2013年10月2日に発売。そして、DVD付きは10月23日に発売予定となっている。

『Unplugged』オリジナル盤(Disc 1)には14曲のパフォーマンスを収録。その中にはデレク・アンド・ザ・ドミノス時代の作品を再構成して十分に練り直した「いとしのレイラ」、幼い息子のコナーを亡くした後にクラプトンが作ったヒット曲「ティアーズ・イン・ヘヴン」など、自身の豊富な過去作品を自ら再解釈したものも。また、ボ・ディドリーの「ビフォー・ユー・アキューズ・ミー」やビッグ・ビル・ブルーンジーの「ヘイ・ヘイ」、レッドベリーの「アルバータ」、そしてロバート・ジョンソンの「モルテッド・ミルク」といった、クラプトンが聴いて育ったブルースナンバーのパフォーマンスも数多く紹介されている。

Disc 2では、98年に発表されたアルバム『ピルグリム』に初収録された「サーカス」と「マイ・ファーザーズ・アイズ」の初期ヴァージョンに加え、「ウォーキン・ブルース」の別テイク、そして“ビッグ・メイシオ"メリウェザーの「ウォリード・ライフ・ブルース」のカヴァーなど、オリジナル盤には未収録のナンバーが楽しめる。

そして、DVDに収められるのは、92年8月25日にMTVで初放送された映像の復元版だ。クラプトンのファンはここでショーの事前リハーサル時に撮影された1時間以上に及ぶ未公開映像を初めて見ることになるだろう。複数のカメラアングルからとらえられたこの密着映像では、クラプトンがバンドとともに「サーカス」や「マイ・ファーザーズ・アイズ」など全14曲のアレンジや演奏に取り組む様子など、最終的にMTVの番組内で放送されなかった姿を確認することができる。ファンならば、ぜひ見ておきたい映像なのは間違いない。

アルバム『アンプラグド~アコースティ
ック・クラプトンDELUXE』

2013年10月2日発売
【2CD】 WPCR-15290~1/¥2,980(税込)
2013年10月23日発売
【2CD+DVD】 WPZR-30487~9/¥3,980(税込)

<CD Disc 1 収録曲>
01.サイン
02.ビフォー・ユー・アキューズ・ミー
03.ヘイ・ヘイ
04.ティアーズ・イン・ヘヴン
05.ロンリー・ストレンジャー
06.ノーバディ・ノウズ・ユー
07.いとしのレイラ
08.ランニング・オン・フェイス
09.ウォーキン・ブルース
10.アルバータ
11.サンフランシスコ・ベイ・ブルース
12.モルテッド・ミルク
13.オールド・ラヴ
14.ローリン&タンブリン

<CD Disc 2 収録曲>
01.サーカス
02.マイ・ファーザーズ・アイズ(テイク1)
03.ランニング・オン・フェイス(テイク1)
04.ウォーキン・ブルース(テイク1)
05.マイ・ファーザーズ・アイズ(テイク2)
06.ウォリード・ライフ・ブルース
07.ティアーズ・イン・ヘヴン(テイク2)

<DVD 収録曲>
01.サイン
02.ビフォー・ユー・アキューズ・ミー
03.ヘイ・ヘイ
04.ティアーズ・イン・ヘヴン
05.ロンリー・ストレンジャー
06.ノーバディ・ノウズ・ユー
07.いとしのレイラ
08.ランニング・オン・フェイス
09.ウォーキン・ブルース
10.アルバータ
11.サンフランシスコ・ベイ・ブルース
12.モルテッド・ミルク
13.オールド・ラヴ
14.ローリン・アンド・タンブリン
15.サイン
16.ビフォー・ユー・アキューズ・ミー
17.ヘイ・ヘイ
18.ティアーズ・イン・ヘヴン
19.サーカス
20.ロンリー・ストレンジャー
21.ノーバディ・ノウズ・ユー
22.いとしのレイラ
23.マイ・ファーザーズ・アイズ
24.ランニング・オン・フェイス
25.ウォーキン・ブルース
26.アルバータ
27.サンフランシスコ・ベイ・ブルース
28.モルテッド・ミルク

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着