The Who

The Who

The Who、
50年前に録音されたライブCD
&ピートの45周年記念盤を発売決定

1968年に録音されてからこれまで公式に発売されてこなかったザ・フーのライヴ作品が録音から50年目の2018年、2枚組CD『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』として4月20日にリリースされることが決定。あわせてピート・タウンゼントのソロアルバム『フー・ケイム・ファースト』は45周年記念盤として最新リマスター、未発表音源が収録された2枚組CDとして4月13日に発売されることが発表となった。

ザ・フーの『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』は、50年前の1968年4月5日(金)と6日(土)にニューヨーク市フィルモア・イーストで行われたライヴを当時のマネージャー、キット・ランバートが録音。今回は、その2日目のライヴを、当時その場所にもいたザ・フーのサウンドエンジニアであるボブ・プリデンがレストアとミックスを担当して発売される。リマスターはジョン・アストリーが担当。アルバムには、「マイ・ジェネレイション」のエクステンデッドヴァージョンをはじめ、「ア・クイック・ワン」、「シェイキン・オール・オーヴァー」等のザ・フーおなじみの曲から、エディ・コクランのカヴァー曲「サマータイム・ブルース」と今回初の公式リリースとなる「カモン・エヴリバディ」、そしてこの公演で初めて演奏された「フォーチュン・テラー」や、『ザ・フー・セル・アウト』からのナンバー「タトゥー」、「リラックス」等が収録。CD2枚組とアナログLP3枚組での発売となる。

ピート・タウンゼントのソロアルバム『フー・ケイム・ファースト』45周年記念盤は、1972年10月のオリジナルリリースから45年周年を迎えていることを記念して未発表音源を含むリマスター、デラックスエディションのCD2枚組で発売となる。今回の2CDエディションには、1972年のオリジナルポスター、レコーディングスタジオでのレアな写真の数々や、ピート本人による新しいライナーノーツが収録された24ページのブックレット付き。さらに音源は、オリジナルマスターテープを使用した最新リマスタリングが施され、リマスターはザ・フーのアルバム『フー・アー・ユー』のプロデューサーであり、ザ・フーのカタログ再発に携わってきたジョン・アストリーが担当。ディスク1にはオリジナルアルバム9曲、ディスク2には未発表音源、オルタナヴァージョンやライヴ音源等が収録される。
アルバム『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』2018年4月20日発売
    • 【CD】
    • UICY-15727/8/¥3,600+税
    • ※6面デジパック・スリーヴ仕様
    • ※書下ろしのライナーノートと貴重な写真資料を掲載した12ページのブックレット付。
    • ※日本盤のみ:SHM-CD仕様、英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
    • 【アナログ(輸入盤のみ)】(LP3枚組)
    • 674-4480/オープン価格
    • ※ゲートフォールド・スリーヴ仕様。
    • ※書下ろしのライナーノートと貴重な写真資料を掲載したインナーバッグ(内袋)3点付。
    • <収録曲>
    • ■CD Disc1
    • 1.サマータイム・ブルース / Summertime Blues
    • 2.フォーチュン・テラー / Fortune Teller
    • 3.タトゥー / Tattoo
    • 4.リトル・ビリー / Little Billy
    • 5.アイ・キャント・エクスプレイン / I Can't Explain
    • 6.ハッピー・ジャック/ Happy Jack
    • 7.リラックス / Relax
    • 8.アイム・ア・ボーイ / I'm A Boy
    • 9.ア・クイック・ワン / A Quick One
    • 10.マイ・ウェイ / My Way
    • 11.カモン・エヴリバディ / C'mon Everybdy
    • 12.シェイキン・オール・オーヴァー / Shakin' All Over
    • 13.ボリスのくも野郎 / Bris The Spider
    • ■CD Disc2
    • 1.マイ・ジェネレイション / My Generation
アルバム『フー・ケイム・ファースト』/ピート・タウンゼント2018年4月13日発売
    • UICY-15729/30/¥3,600+税
    • ※日本盤のみ:SHM-CD仕様、英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
    • <収録曲>
    • ■CD Disc1
    • 1.ピュア&イージー / Pure and Easy
    • 2.エボリューション / Evolution
    • 3.フォーエヴァーズ・ノー・タイム・アット・オール / Forever's No Time At All
    • 4.レッツ・シー・アクション / Let's See Action
    • 5.タイム・イズ・パッシング/ Time Is Passing
    • 6.ゼアズ・ア・ハートエイク・フォロウイング・ミー / There's a Heartache Following Me
    • 7.シェラトン・ギブソン / Sheraton Gibson
    • 8.コンテント / Content
    • 9.パーバーディガー / Parvardigar
    • ■CD Disc2
    • 01.ヒズ・ハンズ / His Hands
    • 02.シーカー(2017エディット) / The Seeker (2017 edit)
    • 03.デイ・オブ・サイレンス / Day Of Silence
    • 04.スリーピング・ドッグ / Sleeping Dog
    • 05.メリー・ジェーン(ステージA) / Mary Jane (Stage A)
    • 06.アイ・オールウェイズ・セイ(2017エディット)/ I Always Say (2017 edit)
    • 07.ビギン・ザ・ビギン(2017ミックス) / Begin The Beguine (2017 mix)
    • 08.ババ・オライリィ(インストゥルメンタル) / Bara O'Reilly (Instrumental)
    • 09.ラヴ・マン(ステージC) / The Love Man (Stage C) – 未発表
    • 10.コンテント(ステージA) / Content (Stage A) – 未発表
    • 11.デイ・オブ・サイレンス(オルタナティヴ・ヴァージョン) / Day Of Silence (Alternate Version) – 未発表
    • 12.パーバーディガー(オルタナティヴ・テイク) / Parvardigar (Alternative Take) – 未発表
    • 13.ナッシング・イズ・エヴリシング(アーリアー・テイク) / Nothing Is Everything (Earlier Take) – 未発表
    • 14.ゼアズ・ア・フォーチュン・イン・ドウズ・ヒルズ / There's A Fortune In Those Hills – 未発表
    • 15.ミハー・ババ・イン・イタリア / Meher Baba In Italy – 未発表
    • 16.ドラウンド(ライヴ・イン・インド) / Drowned (Live in India) – 未発表
    • 17.エボリューション(ライヴ・アット・ロニー・レイン・メモリアル、ロイヤル・アルバート・ホール、ロンドン/2004年4月8日)/ Evolution (Live at Ronnie Lane Memorial)
The Who
Pete Townshend
アルバム『ライヴ・アット・フィルモア・イースト1968』
アルバム『フー・ケイム・ファースト』/Pete Townshend

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着