AKB48チーム8舞木香純、最後の活動は
地元・福島アピール

2018年2月18日、池袋サンシャインシティで、日本創生のための将来世代応援知事同盟」の13県の自治体が若い世代を応援すべく地方の魅力を発信するイベント「第3回 いいね!地方の暮らしフェア」が開催された。AKB48チーム8は47都道府県から代表メンバーが1人ずつ選出されており、今回も各県を代表する13人のメンバーが登場した。
チーム8としてファンの前に立つのは本当の最後となった舞木

チーム8としてファンの前に立つのは本当の最後となった舞木

「福島県は広い、近い、美味しい、温か
いの4つが自慢」

福島県代表の舞木香純は「福島県は広い、近い、美味しい、温かいの4つが自慢です。

『広い』面積が広いから自分にあったライフスタイルがきっと見つかる。

『近い』東京から近いから、ずっと住むだけなく、福島から東京に通勤したり、週末だけ福島で暮らしている人もたくさんいます。

『美味しい』新鮮な野菜、果物、お米などが身近で手に入ります。日本酒のコンテストでも5年連続で日本一で記録を更新中。

『温かい』福島県民は心が温かい。皆様をいつでも温かくお迎えします。

そんな素敵な魅力いっぱいの福島県をたくさんの人に知ってもらいたいです。よろしくお願いします」と福島の魅力を語っていた。
福島県からプレゼントをもらう舞木

福島県からプレゼントをもらう舞木

郷土玩具「赤べこ」販売

イベント会場内の福島県ブースに登場。チーム8の楽曲「47の素敵な街へ」で舞木が「福島」という時に、赤べこポーズをしている。それにちなんで、舞木も福島県ブースに立ち、地元の郷土玩具「赤べこ」の販売を手伝った。

舞木は池袋でのイベント前日の2月17日の卒業公演を終えたばかり。ファンの前でのイベント出演は本当の最後となったため、多くの舞木ファンが最後の姿を見ようと会場に駆けつけていた。
赤べこ販売を手伝う舞木

赤べこ販売を手伝う舞木

多くのファンが最後の舞木に会いに池袋に駆けつけた

多くのファンが最後の舞木に会いに池袋に駆けつけた

「これからもヲタ活、頑張ってください

そして福島ブースに集まったファンに向かって舞木は「私のチーム8の活動は最後になってしまいます。今日はたくさん集まっていただき、本当にありがとうございます。これからは会う機会はなくなってしまうかもしれませんが、是非忘れずに、心の片隅に私のことを覚えていてくれたら嬉しいです。これからもヲタ活、頑張ってください」とコメントしていた。
最後のファンへのコメントを終えた舞木

最後のファンへのコメントを終えた舞木

アーティスト

佐藤仁

日本だけでなく欧米やアジアのポップカルチャーやエンターテイメント、メディアの動向を幅広く取材。放送作家・番組制作協力も多数。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着