L→R 明希(Ba)、マオ(Vo)、ゆうや(Dr)、Shinji(Gu)

L→R 明希(Ba)、マオ(Vo)、ゆうや(Dr)、Shinji(Gu)

【シド インタビュー】
アニソンがシドの世界を広げて
成長させてくれた

ライヴハウスと言いつつ
会場は広めなので
みんなと一緒にお祭り騒ぎしたい

シドの初期の代表曲でもありますが『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』を意識して歌詞を書いたとか、覚えていることは?

マオ
あまりアニメを意識しすぎると良くないなと思っていたのと同時に、『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』の良さもちゃんと出したいなと。あとは、とにかく覚えやすくてキャッチーな歌詞を書いてみたいと思っていました。例えば出だしの《あの日見た空》だったりとか、誰でも口ずさめる歌詞にしたいと思っていましたね。
ゆうや
僕は「硝子の瞳」(劇場版アニメーション『黒執事 Book of the Atlantic』主題歌)ですね。約1年間もバンドとしてライヴ活動がなかった中での再始動の1発目で、制作にも時間をいただけたからじっくり取り組めたし、いろいろなことを考えましたね。メジャーデビューシングル「モノクロのキス」も『黒執事』だったし、大事なきっかけになる曲だと思ったので、いろいろなことを考えました。

改めてシドの魅力について考えたり?

ゆうや
考えました。“みなさんが思っているシドってどんなバンドなんだろう?”“今の俺らが提示すべきものって何なんだろう?”とか。もちろん1年経って成長したところも見てもらいたかったし、『黒執事』のファンの方にも“やっぱりシドだな”って思っていただきたかったので。

なるほど。そして、今回のアニメベスト盤にはLiSAさんのためにマオさんと明希さんが作詞作曲を担当し、TVアニメ『Fate/Apocrypha』の第2クールテーマソングとなった「ASH」のセルフカバーも収録されていますが、前からシドでもやってみたいと思っていたんですか?

マオ
提供曲なので最初はそういう気持ちはなかったですね。LiSAさんにはこの上ない表現力で「ASH」を乗りこなしていただいて、俺が思い描いた歌詞もしっかり伝えてくれてすごいなぁと思っていたんですが、対談する機会があった時に“シドさんバージョンも聴いてみたいな”って言っていただいたのを真に受けたというか(笑)。今までにないチャレンジだったんですけど、やってみてこういうのもありだなって思ったし、お客さんの反応も楽しみです。

マオさんはもともと女性ヴォーカリストが“僕”と歌うのが好きで、一人称を“僕”にしたんですよね?

マオ
そうなんですよ。僕が“僕”って歌うところに戻ってきたみたいな(笑)。同じ歌詞でもLiSAさんが歌う「ASH」とはまた違う世界になったかなと思っています。

曲を作った明希さんはどうですか?

明希
シドでやることが決まってからは自分たちの楽曲と同じように向き合った感じですね。きっかけはアニメだったり、LiSAさんなんですが、より自分たちらしいアレンジをしようと思ったので、またひと味違った「ASH」を楽しんでいただけたらと思います。LiSAさんの曲の良さとシドらしさを混在させることができたと感じていて、ライヴでも1度披露したんですが、ファンの方が楽しそうにしてくれたので良かったなと思いました。

イントロからしてシドだって思わせるバージョンになっていますよね。

ゆうや
一番把握しているのは明希ですけど、シドバージョンでやろうっていうことになって、自分たちなりにこうしようって考えて、ちょっと付け足したりした箇所もありますね。あと、前アルバム『NOMAD』の時に4人のエンジニアさんと一緒にやらせていただいた経験が活きて「ASH」をどなたに頼むかもすんなり決まった記憶があります。

ギターソロもふんだんに盛りこまれていますね。

Shinji
そうですね。シドバージョンは男パワーで“チョーキングで勝ちたい!”って力が入ったりして(笑)。
明希
リズムもゆうやが普段やらないパターンがあったりと新鮮だと思います。

5月5日からは『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』がスタートしますが、“ファン投票LIVE”や“暴れ曲限定LIVE”、“インディーズ曲限定LIVE”があったりと楽しそうな企画盛りだくさんですね。

マオ
パッとスケジュールを見た時に“これ楽しそうだな”って思ってくれたらオーケーかなって。“ファン投票LIVE”にしても“暴れ曲限定LIVE”にしても長く活動して曲がたくさんないとできないことだと思うので、やっと15周年でやれるなという感じもあり。

15周年だからこその遊び心も含まれているんですか?

マオ
そうですね。ライヴハウスと言いつつ会場は広めなので、みんなと一緒にお祭り騒ぎしたいですね。

“暴れ曲限定LIVE”は、灰になるまで燃え尽きるんですか?

マオ
そうですね(笑)。自分たちへの挑戦でもあるかな。
ゆうや
暴れさせる曲なのか、全員で暴れる曲なのかってことですよね。そこはちょっと身体と相談しながら頑張ります。しゃかりきに若いわけじゃないので(笑)。

“昭和歌謡曲限定LIVE”っていうのは?

マオ
そういう匂いのする曲を選んで演奏します。
ゆうや
うち、結構そういう曲多いんですよ。

“ファン投票LIVE”も“大阪編”とか“名古屋編”とか箇所によって違うので準備が大変そうですね。

ゆうや
何曲か被るのを若干期待しつつ(笑)。
明希
リハーサルを考えると確かに大変そうですね(笑)。ただ、10周年記念の時もリクエストライヴをやったので。
Shinji
“ファン投票LIVE”はライヴで滅多にやらない曲も選ばれると思うので、まぁ大変だとは思いますけど、ライヴは楽しみでしかないですよ。頑張ります!

取材:山本弘子

アルバム『SID Anime Best 2008-2017』2018年4月4日発売 Ki/oon Music
    • 【初回生産限定盤(DVD付)】
    • KSCL3043~4 ¥3,333(税抜)
    • 【通常盤】
    • KSCL3045 ¥2,778(税抜)

『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 2018』

■ID-S限定LIVE
5/05(土) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
5/06(日) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
■ファン投票LIVE
5/12(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
5/18(金) 愛知・Zepp Nagoya
5/26(土) 福岡・DRUM LOGOS
6/15(金) 東京・Zepp Tokyo
■暴れ曲限定LIVE
5/13(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
5/19(土) 愛知・Zepp Nagoya
5/27(日) 福岡・DRUM LOGOS
6/16(土) 東京・Zepp Tokyo
■インディーズ曲限定LIVE
6/02(土) 北海道・Zepp Sapporo 
■昭和歌謡曲限定LIVE
6/09(土) 宮城・SENDAI GIGS

シド プロフィール

シド:2003年結成。08年、TVアニメ『黒執事』オープニングテーマ「モノクロのキス」でメジャーデビュー。10年の東京ドーム公演では4万人を動員。結成10周年となった13年には初のベストアルバム『SID 10th Anniversary BEST』をリリースし、オリコンウィークリー1位を獲得。同年、横浜スタジアムで10周年記念ライヴを開催し、夏には初の野外ツアーで4都市5公演で5万人を動員し大成功を収める。16年1月、シングルベストアルバム 『SID ALL SINGLES BEST』を発表。18年はバンド結成15周年&メジャーデビュー10周年のアニバーサリーイヤーとして、計50本以上にも及ぶ全国ライヴハウス公演やアジアツアーを実施し、19年3月にグランドファイナルとして横浜アリーナ公演を大成功に終えた。20年3月にシングル「delete」を発表。11月より3作品連続配信を経て12月23日にシングル「ほうき星」をリリースする。21年には自身初の配信ライヴと河口湖ステラシアターでのライヴも控えている。シド オフィシャルHP

L→R 明希(Ba)、マオ(Vo)、ゆうや(Dr)、Shinji(Gu)
L→R 明希(Ba)、Shinji(Gu)、マオ(Vo)、ゆうや(Dr)
アルバム『SID Anime Best 2008-2017』【初回生産限定盤(DVD付)】
アルバム『SID Anime Best 2008-2017』【通常盤】

「ASH」MV(Live Edition)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着